テーマ:

その後の「月面」

わが家のその後の月面。   雨に濡れた月面を歩くのは誰だ  夏石番矢 参照 「月面」の正体 https://banyahaiku.at.webry.info/201811/article_5.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫との闘い

このところ、自宅に入り込もうとする虫、たとえば蟻、蜘蛛、ゴキブリと闘っている。 蟻は、白蟻ではなく、小さい黒蟻。 闘いは、殺虫剤、セメントなどが武器。殺したくないのだが、しかたない。 蟻は、新天地を探してたくましく冒険しているのだろうが、彼らがはびこれば、私たちの生活が大いに乱される。   蟻と暮らせばわれらの指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日の庭

自宅兼世界俳句協会事務所兼吟遊社の玄関わきの庭の、ある日の光景。 おばけ南天と椿の木の間の、朝方の1コマ。今年は、椿の落葉が激しい。   椿落葉に朝日が乗って新世界  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりで軍用機の音

1月17日(木)午後5時50分前の数分間、軍用機の音が自宅で聞こえる。飛行機とヘリコプターの音。 何が起きたのかは不明。   この暗く寒い空は誰のもの  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0が並ぶすがすがしさ

15個の新品ガスメーターに、0が並んでいる。 自宅から鶴瀬駅へ通じる道辺にある新築のアパート。メーターの下二桁は、さすがに0ではない。 これから入居者が生活を始めれば、二度と0が並ぶことはない。私もこのメーターの前をこれから何年通ることができるのだろうか。   0が並ぶガスメーターが並ぶクリスマス  夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄関の補修など

自宅玄関ドアのアルミ下枠をサンドペーパーで磨き上げた。 また、下枠とタイルの間の継ぎ目をモルタルパテで補修した。 1988年の入居以来の手入れ。 外から 内から ドア自体は、1998年夏に、近隣の狂人に壊され、入れ替えた。 こういうふうに手入れすると、玄関ポーチのタイルの汚れが気になるので、強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「月面」の正体

わが家に生じた「月面」のその後の日中の姿。 2階のベランダから 正体は、庭兼駐車スペース。築30年経過したので、ひび割れ、亀裂、剥落、カビ発生などで汚くなっていたので、パテやコンクリートで補修した。この2種類の補修材も予想以上に数量が必要だった。 9月から始めたこの補修まだ不完全ながら、一段落。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の「月面」

自宅のある部分にできた「月面」が少し変化した。 前回 月面の写真? https://banyahaiku.at.webry.info/201810/article_33.html 今回 いくぶん凹凸が減った。 こうなるのに、楽しみながらも、いささか苦労した。 私が作業していると、大きな蟻が寄っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面の写真?

10月25日(木)未明に満月を自宅で鑑賞できたが、クレーターはないけれども、まるで月面のような写真が撮れた。高精度カメラで月面を撮影したわけではない。 球体ではないが、凹凸と傾斜がある。自宅のある一部分の写真2枚。 種明かしは後日。   月面を踏むように歩く砂浜  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケトルを磨く

台所のステンレス製ケトルを磨く。その成果まずまず。 妻よりも、私のほうがきれい好き。   ケトルを磨けば小人の歌を思い出す  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大粗相

2018年10月10日(水)、職場復帰2週間の疲労が出て、M大H学部の2コマ休講。 頭もからだも重い。自宅でよく眠る。 このところ寝ながら読んでいる島尾敏雄の小説は、文章が下手で浅薄。カタルシスを与えてくれない。 深夜、大粗相。自分で後始末。 人間とは、何とあわれな動物だろうかと、風呂に入りながらつくづく思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梯子よさらば!

自宅脇に置いていた梯子を、ひさしぶりで使った。 本体はアルミ製ながら、ジョイント部分の鉄が錆びていて、折り曲げ機能不全。粗大ごみとして廃棄するしかない。 自宅を購入した1988年から玄関横に植えられ、大きく成長し枝葉を繁茂させたネズミモチを剪定するのに使ったが、1998年家の増改築の際、ネズミモチは伐採され、梯子はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風呂場のタイル壁磨き

1988年から住んでいる自宅の風呂場のタイル壁に、水道水のカルキや石鹸などの汚れが次第にこびりついていた。 通常の風呂場洗剤では落ちない。台所用のクレンザーでも落ちない。その他試したがはかばかしくない。 最終的に、アストの「キッチンのコゲ こすりん棒」が効いた。 https://www.amazon.co.jp/%E3%8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが家の査定金額

ネットでわが家の土地と家屋の査定をしてもらった。すぐに電話とメール。 机上の査定額は2380万円だった。 1988年の購入時は5500万円。増改築費約1000万円。合計6500万円。 それが、約4000万円減の査定額。土地だけの値段。 今月で住宅ローン完済ながら、なんとも不毛な結果。 日本のほとんどの家屋は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の散歩 空き家と新築と謎

2018年8月31日(金)、日中は暑くて外出できなかった。夕方、雷雨ののち、涼しくなったので、午後9時半から小一時間、自宅から大井町、ふじみ野市の境界周辺を散歩。 やはり、変化がある。 空き家になった家。畑が新築の一軒家やアパートに変わっていたりする。 老人が住んでいたらしい家は、植木が伸び放題だったり、玄関前に草が茂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅へは来週帰れる?

1か月の療養をへて、自宅に帰れるのは、来週? 2つの病気をかかえていた。 6月28日(木)から29日(金)に、激しい腹痛で一睡もできず、ここへ来た。 腸閉塞だったが、別の病気によってこれが起きた。 その後の治療は順調。もうひとつの病気は、徐々によくなっている。 とにかく、休養が十分とれない十数年間の結末。1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーナス払いの住宅ローン返済完了

昨日、満63歳になった。今年はさまざまな点から、転換点となるようだ。 その一つ、現在の自宅の住宅ローン、ボーナスでの返済が完了する。 月々の返済は、9月に完了。   その数字減らし続けていれば魔が来る  番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

机下のキャビネットをボックスに

私の書斎の机の下に収めてあった、簡易な合板のキャビネットが、防府出発前に壊れる。 帰宅後、届いていたプラスチックのボックスと入れ替える。中身もまた。 最下段にPCをはじめて2001年に購入して以来のガラクタが詰め込んであったが、半分を処分。 旧キャビネット 新ボックス 新キャビネットと、机本体の色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書斎の不思議な足跡

2018年5月13日(日)午後6時ごろ自宅から外出。 あまり履かなくなったレインシューズに、防水スプレーをかけて履く。 行きは雨も小降り。 午後7時半すぎの、帰りはどしゃ降り。 その結果、わが狭き書斎のカーペットに不思議な足跡。   半月が乱入した部屋で瞑想  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽根を拾う

自宅玄関前の側溝で、羽根を拾う。 どの鳥の羽根だろうか? 鴉ではない。鳩?   羽根一枚置かれた玄関われ読書  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コピー機買い替え

10年以上使ったコピー機を買い替える。新しいものは、印刷速度が上がり、コンパクトになったなどの、改良点がいくつかある。 新コピー機 旧コピー機 こちらは粗大ごみとして、お別れすることに。   包帯巻かれ床に置かれた機械の幾晩  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つらら発見

自宅裏のY家の軒に氷柱発見! これ以前、いつ氷柱を見たかは記憶にないと思ったが、数年前の秩父で見た。自宅近辺では、たぶんあまり見なかった。   人々のことばから濁った氷柱  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪その後

自宅近辺の大雪のその後。 1月23日(火)午前3時半ごろ 雪がやんだので、少し雪掻きをした。 雪自体の放射線量は、計測すると高くない。 どさどさと屋根から雪が落ちる音が、昨夜から何度も聞こえた。 午前8時半ごろ 午前11時ごろ 臨時雪掻き隊出現。   固まる雪に残酷な青空へ目覚める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2畳半畳替え

自宅1階の4畳半の和室の畳替え。全部ではなく、前回できなかった2畳半分。 前回はいつだったか忘れた。擦り切れた畳が、青みを帯びた新品に替わり、藺草の匂いも強く放出されていた。 今回は新しい畳が青緑色。畳べりの模様も、前回と違う業者のためか、別の種類になった。寒いので、あまり匂いが出てこない。    この部屋も、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏庭の手入れ

11月6日(月)、ひさしぶりで、早朝ここちよく目覚める。何年ぶりだろうか。自宅北の狭い裏庭の手入れをする。 このわずかなスペースに、さまざまな植物を植えたが、やはり日陰でも育つものしか残らなかった。   裏庭に風を生み出す隙間がある  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣家の工事

隣家が7月末から工事している。外壁などの戸外の工事。 外壁塗装だけかと思いきや、屋根も補修している。 現在の光景。 工事後、書斎の窓からの眺めも一変する。壁がきれいになるだろうし、屋根にあったアンテナが消える。 このアンテナにはときどき鳥が留まった。その光景を利用したわが俳句動画。 鳥 Birds …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段の脱皮

この冬に手を入れた自宅の階段の防水ワックスが、日焼けした皮膚のように剥けてきている。あちこち、部分的にかつ断続的に。 ワックスをはがして、薄く防水ワックスを塗っている。 妻は「階段の脱皮」というが、分厚く塗り過ぎたところが、暑さのため剥がれる。下の木材とワックスの膨張率が大きく異なるためだろう。 階段が脱皮して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏に萩咲く

今年もわが家の裏庭の萩が咲く。 今年の6月は、秋と錯覚するような涼しさ。また秋にこの萩は、例年通り咲くだろう。   夏と秋に咲く萩黒い心臓など知らず  夏石番矢 参照 二度咲く萩 http://banyahaiku.at.webry.info/201406/article_15.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーペットを買い替える

本日小雨。体調不良続く。こういうときにいやな出来事が起きる。言動のパターンがいびつに固まってしまった人とは、まともな会話が成立しない。 職業生活は、人間にいびつなパターンを残すだけのものなのか? 幻臭も続き、休講と電気鍼と灸の施術中止。午前中、自宅リビングのカーペットが届く。19年ぶりに買い替えた。 高くないカ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新しいマット2枚を敷く

玄関先の廊下からキッチン・リビングへ入ったところに、購入したマットを敷く。   絨毯の下敷居いつしか神となる 夏石番矢 これと同じデザインの一回り大きいマットもう1枚を、玄関の上がりかまちの傍に敷く。   花はオーラを飛ばす絨毯から絨毯へ  夏石番矢   家が明るくなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more