『古事記』の黄泉の国までを論じる

オンライン授業は、人体の特定の部分だけを使うので、予想外のダメージが体に出るが、まとまった時間がとれるという利点もある。 そのおかげで、『古事記』についての比較文化ゼミのオンライン授業では動画をほとんど使わず、ゼミ生にレポートを提出させ、模範解答ではないが、私もWordで論考を書くということができる。 これまで19本論考を書…
コメント:0

続きを読むread more

3連休最後の人出

11月23日(月、祝)、3連休最後。池袋元力堂へ行く。 富士見市の鶴瀬駅近辺、池袋駅近辺、予想を超える人出。マスクはしていても緊張感がまったく感じられないのに驚く。 コロナの第三波はさらに大きくなってゆくだろう。 行政組織は、何もできないだろう。  ウイルスの津波のなかでさあ歌いましょう 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

えごま油の効果

えごま油を毎食のサラダに少量かけてみて、体重が増えない効果が明確にあるとわかる。 しかし代謝がよくなるせいか、体重が減って、3食以外に栄養補給が必要になる。   体内で燃える油は夢の元 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫食いの古本

ネットの「日本の古本屋」経由で注文した古本が届く。なるべく安いものを購入しているが、虫食いの本が2冊届く。 虫はいないようだが、やはり気持ちが悪い。 書名は省くが、皇太子妃時代の美智子上皇后の愛読書らしい。 トンネルいくつもこの本に残し虫もういない 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

本当の答え

受験用の傾向と対策ではなく、人間が生きている間に抱く問いの真の答えは、外部にはない。 自分の内部にあるのだが、それは明確に既存のものとしてあるのではなく、時間をかけて、つらい体験もへながら、徐々に形成されてゆくもののように思う。 コロナ禍第三波拡大のさなか、こう考えた。   鍾乳石のようにできつつある答え 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

風邪が抜ける

先週は、発熱がなく、朝起きぬけに色のついた痰が出て、ひたすら眠い日々をしのいだ。 どうやら風邪だったらしい。新型コロナウイルス感染かどうかは不明。 今週、これらの症状は治まった。 ウイルスに囲まれ不安に囲まれ息をしている 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見35 美しい雲

11月16日(月)昼ごろ、鶴瀬駅へと歩く。晴天。気温は20度以上だろう。 途中、美しい雲が出ていた。コロナ禍のなか、心がなごむ。   雲のベール心の塵を吹き払う 夏石番矢 参照 散歩の小発見34 空き家の甘柿 https://banyahaiku.at.webry.info/202010/art…
コメント:0

続きを読むread more

ドアオープナー

コロナ禍のため、自己防衛策として、ドアオープナーを買う。 まず左のものを入手して使う。ATMやエレベーターのボタンを押すのに便利。ドアにはほとんど使っていない。 右は、新しく購入したもの。電車のつり革にも使えるが、未使用。 ドアオープナーという名前とは異なり、「握り玉」式のドアの取っ手には、両方とも使用できない…
コメント:0

続きを読むread more

Amazon.co.jpから「吟遊」追加注文

Amazon.co.jpから、「吟遊」第87号と第88号の追加注文があり、発送。 第87号は、保存分2冊のうちの1冊を間違えて送ってしまい、希少なバックナンバーとなってしまった。 参照 「吟遊」第88号Amazon.co.jpで好評発売中 https://banyahaiku.at.webry.info/202011…
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ生募集完了!

2021年度の明治大学法学部乾ゼミ生募集が完了。『古事記』読解を中心とする比較文化のゼミ。 定員の6名が決定。今回はコロナ禍のため、ゼミ紹介動画をYouTubeにアップしたり、応募者と合格者一覧の書類の事務とのやりとりも、すべてオンラインだった。 オンライン授業の味気無さはあるが、2020年度の前学期から、私自身、レポートの…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍第三波への憂慮

いよいよ日本では、新型コロナウイルス感染拡大の第三波が始まった。11月に入って人出も多くなり、大丈夫なのかとの危惧を覚えたが、やはりこうなった。 今回は、歓楽街などの感染経路が特定されず、家庭や職場にまで拡散した感染膨張なので、この第三波がどこまで大きくなり、どれだけの被害や悪影響をもたらすのか予測できない。対策も立てにくい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊獣のつまみの吟遊社印

注文していた吟遊社の落款が届く。大津市のご高齢の職人さん作成。印影は偽造防止のためお見せできない。 色の変化に趣がある寿山石製。 鈕(つまみ)にあごひげを持つ動物が彫ってある。四本脚、二股の尾、 長い胴体で、中国の古寿山石の印材を、大津の職人さんがコピーして彫ったので、何かわかないが、霊獣だろう。 こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会名誉会員証を作成

数日前、ネパールの国民的詩人ラム・クマール・パンデー氏の求めに応じて、世界俳句協会名誉会員証を墨書・押印した。 まっすぐに機械的に書けない。どうしても、右肩上がりになってしまう。 日本からネパールへは全郵便物送付停止なので、画像で送る。俳句の出版物に必要とのこと。 コロナ禍は第三波に突入したのだろう。新規感染者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月8日

11月8日(日)、娘夫婦の結婚式が昨年予定されていた日だったが、コロナ禍で延期。いつ挙式できるか不明。 また、米国大統領選で接戦の末、バイデン氏が前職トランプ氏に対して勝利確定した。米国の有権者も迷ったのだろう。 コロナ禍は、国内外で感染拡大傾向。 濃い灰色の日々。   空にはなく隣家の屋根に青よどむ 夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more

室内スリッパ交代

自宅の室内スリッパが交代した。下の写真の左が夏用、右が冬用。この冬用は羊毛(ムートン)使用。 気候は、最高気温が高くなり、最低気温が低くなりという両傾向を示しいて、一方的な地球温暖化ではない。 このところ、一日の気温差が激しくなっている。これまでの日本では、比較的穏やかな気候だっただけの話で、一日のうちの激しい気温変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見34 空き家の甘柿

朝晩めっきり冷え込む。川越街道沿いに散歩していたとき見つけた柿の木。 たわわに実っているが、空き家の庭にほったらかしにされている。 一個試しにいただくと、甘柿。甘みが淡い。 柿の木を見ていると、郷里の相生市の実家を思い出す。 私が生まれる前から植えられていた柿の木は、夏には蝉がよく鳴き、たくさん実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見33 キリシタン灯篭

散歩の途中、ある造園業者の庭先で見つけたキリシタン灯篭。 織部灯篭とも呼ばれる種類だが、「竿」に特徴がある。 L h qを右に90度回転させて刻んであり、かすかに十字架型。さらに竿の下部にあいまいな人間の像。 L h qも、何の略号か諸説がある。 ヘブライ語であるとして、右から読み、母音を加えて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府が東京都を超えた日

11月1日(日)は、いわゆる「大阪都」構想が、大阪市の有権者によって二度目に否決された日。前回よりやや反対票の割合が増えた。 反対票 2015年 50.38% 2020年 50.6% 私は前回、「大阪都」構想を理解していなかった。今回、知れば知るほど滅茶苦茶な謀略と確信した。 政令指定都市大阪市の多額な予算の数割を…
コメント:0

続きを読むread more

日本の「伝統」俳句の脆弱さ

日本の俳句の大半は、正岡子規以降、低迷の道に迷ったままである。とくに近代俳句の「伝統派」なるものは、時代錯誤の産物。 ここに正岡子規没後出版の句集の画像をアップしてみる。 瀬川疎山編『子規句集』(梁江堂書店 杉本梁江堂、1909年)の2ページ。 昨日いただいた俳句出版。 榎本好宏『榎本好宏全句集』(航出版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go to トラベル初利用

2020年2月以来、東京都の山手線の内側には足を踏み入れていない。12月のはじめ、どうしても早朝に、千代田区の某所に出かけなければいけないので、前夜、都内のホテルに1泊することにした。10か月ぶりの都心。  いつもなら空室なしのホテルのシングル禁煙室が、予約できた。そして、Go to トラベルを初めて利用することになった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第88号発送完了!

10月29日(木)午後4時半ごろ、「吟遊」第88号(2020年10月20日、吟遊社)納品。10月30日(金)、国内外へ発送。 この号の目玉は、 吟遊俳句賞2020 ジョン・マートン『ホームランズ』 夏石番矢「古事記論2 タカミムズビとカミムスビについて」 さらに、ドイツ語俳句の発掘をした岩脇リーベル豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治大学への時限爆弾作動予告

明治大学のホームページに、次のような物騒な掲示がされている。 本学への爆破予告に伴うキャンパスの封鎖及び対面授業の中止について  本学に対し,10月30日(金)16時33分に,大学内で時限爆弾を作動させるとの予告がありました。このため,本学学生,教職員その他関係者の身の安全に万全を期し,下記のとおり,キャンパス封鎖等の措置を…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍のさなかの大学入試業務

コロナ禍は越年する。M大学の入試も、付属高校からの推薦は、面接抜きの書類選考となった。 一般入試については、具体的提案はないが、実施されることが決まっている。教職員の負担がふえるようだ。 まず考えられるのは、試験会場の一部屋に収容できる受験生の数が、これまでの2分の1、いや4分の1ぐらいになるので、監督者の数も、4倍必要にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市自爆テロではないか?

「大阪都構想」といわれる地方自治にかかわる投票が11月1日(日)に行われる。本当の名前は、下記の通り。 大阪市廃止・特別区設置住民投票 https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu240/jumin/index.html 「大阪都」ができるわけではない。大阪市を廃止し、4つの特別区に分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の古本屋へ注文

「日本の古本屋」というホームページから、沖縄本島の2軒の古本屋へ、古書1冊ずつ注文した。沖縄から古書を購入するのは初めて。 古事記のゼミのために必要な本。すでに今年の研究費は使い切ったので自費で買う。 予想より速く、2冊とも郵便で届く。   南島からの民話の本と風を待つ 夏石番矢 沖縄は過去2度訪れ、沖縄本島、久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段にニスを塗る

わが家の一階と二階をつなぐ木の階段。その踏み板に、防水ワックスを塗っては、猛暑で一部が剥がれ、また同じワックスを塗って剥がれるということを数年繰り返していた。 他の場所に塗ったワックスには問題が生じないが、この踏み板だけが、猛暑の日々に一部分が内側から浮き上がってしまう。 木材とワックスの膨張率が違うためだろうか。原因不明。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右肩右手の痛み

もう5か月以上オンライン授業を続けているが、そのせいか、右手右肩に筋肉痛と神経痛が出るようになった。 寝読もよくないのだろう。最初のうちは寝読を楽しんでいたが…… 昨年秋、2度梯子から落ちて筋肉を傷め、さらにコロナ禍の緊急事態宣言中になまらせ、そして歩き過ぎでまた傷めた右足は、電気針と灸の療法で少しづつ回復しているが、また不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた二階屋

東武東上線鶴瀬駅プラットホーム近くの建物が消えた。1988年に富士見市に越してきた時からあった建物だから、32年間見続けてきた。表通りに面した側ではなく家の裏側が目に入った。 一度も入ったことはないが、蕎麦屋だった。 コロナ禍などによる閉店ではなく、鶴瀬駅東口再開発によるもの。今後、どのように風景が変化するかわからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末調整のオンライン化

勤務先の明治大学の給与の年末調整が、今年からオンライン化される。このところ、年末調整で還付金をもらわず、ごっそり支払わされる。所得税が重くなった証拠。 デジタル庁が、遅れているオンライン化を推進しようとしているが、どこまでオンライン化を進めていいのだろうか? 問題点は多々ある。 1 パソコンが高い。 2 停電の心配。 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見30 軍用機

富士見市では、かなり低空を軍用機が飛んでいることがあるが、人はあまり気にとめない。私も見かけたときに写真を撮ろうとも思いながら、ようやくこのほど成功した。 撮影は、10月16日(金)午前9時半すぎ。 自衛隊の飛行機だろうか? 米軍の飛行機だろうか? 胴体に何も描かれていないので不明。 尾翼がピンと跳ね上がってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動画「なぜ和歌の仏訳が評価されなかったか」

明治大学法学部のオンライン授業の動画ですが、ここに広く公開しておきます。 「なぜ和歌の仏訳が評価されなかったか」 https://youtu.be/QeDp4HSHUTI 短歌の国際化がなぜうまくゆかず、俳句の世界化が進んだ根本原因を語っています。 これを知らない人が多いでしょう。 また、これについてのエッ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

病院で3時間

手術後2年3か月の血液検査を受けに、小平市の一橋病院へ。偶数月の15日は年金が給付される日だったためか、混んでいた。 結局、会計をすませるまで3時間かかる。帰宅後、腰痛が出る。 検査結果は、エゴマ油の毎日の摂取が効いたのか、中性脂肪の数値が下がる。他は大きな問題なし。 次回は、1か月後ではなく、2か月後に。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中学 自由自在 国語』への掲載許諾

増進堂・受験研究社発行予定の『中学 自由自在 国語』の練習問題に、次の俳句とその鑑賞文が掲載される。掲載許諾願いを了承した。   未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢 鑑賞文の穴埋め問題。結構難しい問題ながら、完成させるとなかなかいい文章になる。 掲載をお断わりしたのは、さんざん俳句に対して非常識なことをしてきて、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭に蟷螂

駐車スペース用の庭に突然、雄の蟷螂(かまきり)一匹。 あまり動かない。このまま庭で死ぬのかと思ったら、しばらくしたらいなくなっていた。 前日は小さいバッタが来ていた。   遠くに台風庭に蟷螂わがランチ 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

加用章勝さんからの俳画はがき

吟遊同人、車椅子生活の加用章勝さんから、俳画はがき20枚が届く。そのうちの4枚をご紹介したい。 俳画は、うまくなくていい。ユーモアと自由さ、そして作者独自の精神性が大切。 鬱陶しい日々に、やすらぎをもたらしてくれた。今年は俳画送付は2回目。2018年から通算4回。 参照 吟遊同人加用章勝さんの俳画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公開講座「種田山頭火の人と俳句」完了

NPO富士見市民大学主催 公開講座「種田山頭火の人と俳句」 講師:夏石番矢 鶴瀬西交流センター 多目的ホール 2020年10月10日(土)午後1時半~3時半 会場の定員満席で、楽しく完了しました。2時間ぶっ続けで語りました。その写真を数枚。 雨のなか、運営された皆さん、参加された皆さんありがとうございました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見29 怪物柑橘類

散歩の途中、民家の塀際で見つけた果実。 まるで、水木しげるの漫画に出てくる妖怪。鬼柚子もしくは獅子柚子と呼ばれる柑橘類。果肉が小さく、味があまりないそうだ。   鬼柚子を見えない王冠へ投げる 夏石番矢 参照 散歩の小発見28 夕日の坂 https://banyahaiku.at.webry.i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御所車に秋草の扇

中秋の名月が過ぎ、満月に兎の扇をしまう。 かわりに、御所車に秋草の扇を飾る。 駅のプラットホームからエノコログサが揺れるのを眺めた。秋草の繊細な曲線がいい。   種粒乗せ揺れる円弧が細りゆく 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more