コートをきて着て外出

11月13日(水)、この秋、はじめてコートを着て外出。春秋用でレインコートを兼ねる一着。 お茶の水橋が、舗装を掘り返して、鉄骨を出して耐震工事中。 電車は、行き帰りに遅延などなかった。  しなやかに風と落葉をさえぎるコート  夏石番矢  
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第84号発送完了!!!

11月12日(火)午後、国際俳句季刊誌「吟遊」第84号(2019年10月30日、全80ページ、本体価格1000円、吟遊社)の国内外への発送を完了した。 ジュンク堂書店池袋店、東京神田の東京堂書店でも販売再開。 そのうち、Amazon.co.jpでも購入可能になる。 参照 「吟遊」第84号ついに完成…
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第84号ついに完成!!!

問題の多いコールサック社から富士見市内の梅田印刷に印刷所を変えた国際俳句季刊誌「吟遊」第84号(2019年10月30日、吟遊社)が、11月11日(月)納品された。発送は翌12日(火)。 創立20周年記念第10回世界俳句協会大会の基調講演、夏石番矢「世界俳句の20年についての考察」を巻頭に、日本語と英語で掲載。この大会についての同人…
コメント:0

続きを読むread more

網戸のメインテナンス

自宅の網戸のうち、1枚をまるごと新調し、2枚を張替えてもらった。川越の島崎畳店。値段もそれほど高くなかった。 まるごと取り替えたサッシの網戸 以前の網戸は、家を建てたとき、寸法を測らずはめていた。それでとうとうはめ込められなくなった。 張り替えた窓の網戸   新しい網のむこうの光やや苦い  夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more

冬服と白富士

11月8日(金)、この秋はじめて上下とも冬服で出講。朝寒かったので、手袋も引き出しから出して使う。 往路、東武東上線の柳瀬川を渡る上り電車の窓から、白富士が見えた。乾燥して、気温が低く、晴れていると、富士山の姿が車窓遠くに出現する。   白富士が始めるささやかなこの日  夏石番矢
コメント:2

続きを読むread more

電子書籍版『ちびまる子ちゃんの俳句教室』契約書

電子書籍版『ちびまる子ちゃんの俳句教室』の契約書に捺印して、郵送する。 この本の紙の初版は、2002年3月。今年の夏、紙の方も13刷りが出た。 ひさしぶりで『ちびまる子ちゃんの俳句教室』増刷 13刷り https://banyahaiku.at.webry.info/201904/article_18.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太すぎた歯間ブラシ

右下奥の歯がブリッジになってから使っていた歯間ブラシが、太すぎることが、大月デンタルケアでわかった。太い分、歯茎を削っていた。 太い歯間ブラシを約20年間使い続けていた。 下の写真の左が太い方。右が大月デンタルケアで勧められた細いブラシ。サイズでいうと、MとSSSの違い。 削られた歯茎は戻ってこない。  …
コメント:0

続きを読むread more

新しいデンタルフロスとの格闘

かかりつけの歯科を、大月デンタルケアに変えてから、デンタルフロスも別のタイプを使うことになった。 これまでは、弓型のプラスチックにフロスの糸を張るものだったが、いまは糸を両手で操作する2種類に。 まだ使い慣れていない。円盤状のケースに巻かれた糸を引っ張り出し、両手で操って、汚れを落とすタイプは、奥歯を掃除するのがとく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第45回創玄現代書展

2019年11月3日(土、祝)、午後2時から3時前まで、東京・銀座のセントラルミュージアム銀座(紙・パルプ会館5階)で開催中の 第45回創玄現代書展 を見る。20代の書家水野燕風(本名:敦史)さんが、私の俳句   家ぬちを濡羽の燕暴れけり を揮毫、同展の選抜部門に入選し、展示されていた。この句は、第一句集…
コメント:0

続きを読むread more

加用章勝さんからの俳画

吟遊同人、加用章勝さんから送られてきた俳画のうち、4点。現物はハガキの裏に描かれている。 なかなかユーモラスな俳句に、手書きの絵のよさがマッチしている。   真っ暗に花は見えても枝見えぬ  加用章勝 この句に、不思議な深みがある。これに対しての私の1句。   葉は茂り夜空の花びらはいずこ  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欠陥商品

Amazon.co.jpで買った塗装ローラーは、自宅外壁の高所を塗ろうとして、すぐに壊れた。米国製の欠陥商品。 ばらばらになった部品が、隣家へ落ちたので、熊手で拾い上げた。 問題の商品 ペイントブラシ ペイントローラー 8点セット 塗装用 万能ローラー 多機能ローラーセット 塗装 壁装 ハンドルツール Queen T…
コメント:0

続きを読むread more

2019頑張れ!つよしの会

10月30日(水)の午後6時半から、東京・赤坂のアーク森ビル、ARK HILLS CLUBで開催の、 2019頑張れ!つよしの会 に出席。衆議院議員6期目の山口壯さんは、同じ兵庫県相生市出身、淳心学院中学・高校では、1学年上の第14回生。 会費2万円の会で、「ご招待」だったので、大学の仕事を終えて、地下…
コメント:2

続きを読むread more

ひさしぶりで朝霧

2019年10月30日(水)午前6時半ごろ、自宅のドアを開けると、霧が立ち込めていた。 この家に住み始めた1988年以来、朝霧を見た記憶がない。   老いた国を霧はリセットできるか小石  夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

朝の電車の楽な立ち方

朝の東武東上線の上り電車で、座れれば幸運と喜ぶしかないが、確率は低い。 まだ、打撲した右足が完全には回復していない。車両の先端の座席前に立って、前の車両へ続く貫通扉に背を持たせかけると、かなり両足が楽になる。これにはじめて10月29日(火)の朝、気づいて実行してみた。 ところが、向かいの同一位置に立っているの男の乗客が、これ…
コメント:2

続きを読むread more

自宅の外壁補修

10月27日(日)午後から夕方にかけて、自宅の外壁のひび割れなどに、防水ペイントを塗る。打撲した右足もまだ少し痛むが、なんとか作業を終える。 梯子も使用して、落下せずにすむ。 近くのT塗装店に購入後数年経て塗装してもらった部分は、良質な塗料が使われたためか、あまり痛んでいない。1998年に増改築と耐震工事を行ったときの塗装が…
コメント:0

続きを読むread more

低体温?

自宅に置いてある電子体温計で体温を測ると、私も妻も、何度も35度台、あるいは34度台が出る。リチウム電池を新しいものと交換しても同じ結果。 二人とも、低体温なのかと心配になった。念のため、新しい電子体温計を購入して計測し直すと、二人とも36度台の体温だった。そこで、ようやく安心。 体温も高い方が、免疫力が強くなる。いまは低体…
コメント:0

続きを読むread more

『中国古代天文学簡史』を読む

陳 遵女爲著、浅見 遼訳、 滝川 巌補筆『中国古代天文学簡史』(発行: 滝川 巌、1983年)を読む。 注:著者名の「女爲」で一漢字 原書は、同じ題の中国語単行本、上海人民出版社から1955年に刊行されている。 共産主義、愛国主義、唯物史観盛んな時代の産物ながら、紀元前からの中国の天文学史が学べる。内容を私がす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「吟遊」第84号ついに校了!!!

梅田印刷に印刷所を移した「吟遊」第84号(2019年10月30日発行予定、吟遊社)、ついに校了となる。 担当のI・Uさんが、多言語印刷はじめてで頑張ってくれた。 この号では、第10回世界俳句協会特集、初掲載のキルギスタン俳句が目玉。 参照 「吟遊」第84号再校 https://banyahaiku.at…
コメント:0

続きを読むread more

天理ギャラリー 古代中国の墳墓の護り手

2019年10月23日(水)昼過ぎ、東京・神田錦町の天理ギャラリーで、 古代中国の墳墓の護り手 を大急ぎで観る。 璧や玦などの、玉(ぎょく)製品には、真中に穴があいている。これは日本の翡翠などの玉も同様。 紐や糸などを通すためではなく、玉には穴が必須であることに気づく。 龍通り抜ける穴をつな…
コメント:0

続きを読むread more

手術後1年3か月後の血液検査

直腸手術後1年3か月の血液検査結果は、おおむね良好。中性脂肪なども正常値に。 ストレス解消のため、赤ワインを飲んだので、血糖値が少し高い程度。この数値は、ジャポニスム2018関連のパリ出張に対して、二重のイジメに遭った今年2月に比べれば、ぐんと良好。 右足の打撲も、痛みが軽くなってきた。   打たれ打たれてその足は星座…
コメント:0

続きを読むread more

第22回吟遊同人総会と乾佐伎句集『未来一滴』出版祝い

2019年10月20日(日)午後2時から8時まで、新宿・城北パイラスクラブで、 第22回吟遊同人総会と乾佐伎句集『未来一滴』出版祝い を開催。7月28日(日)に予定されていたのを、延期して開く。 同人総会では、「吟遊」第82号と第83号の全同人の俳句を、テンポよく合評。 こののちの懇親会を、第83号からの同人、乾…
コメント:1

続きを読むread more

「吟遊」第84号再校

「吟遊」第84号(2019年10月30日発行予定、吟遊社)の再校が、梅田印刷より直接、10月19日(土)朝届く。私の入稿が遅れたり、はじめての多言語印刷で大変だったり、担当者のWindows10が壊れたりで、時間が予想以上にかかったが、これもしかたないことだ。 Windows10は、本当に欠陥商品だ。 梅田印刷の担当者が、こ…
コメント:0

続きを読むread more

池袋元力堂で2時間施術

10月18日(金)、池袋元力堂で、右足打撲を相談したら、その他の部位も含め、午前11時から午後1時まで、合計2時間施術してもらった。 痛いお灸と電気鍼。直る兆しが出てきた。 10月15日(火)午後、梯子に登り、上を向いて塗装中にくらっときて、後ろに落下。梯子は3段ぐらいだった。 とくに膝下の筋肉の打撲。 第10回…
コメント:0

続きを読むread more

一日静養

10月17日(木)は、歯の検診予約をキャンセルして、一日自宅で静養。 右足の痛みが少し軽くなった。自宅の階段の上りより、下りがつらい。 気温が下がり、夕方雨が降り始める。 布団のなかでは、星についての本を読む。古代エジプトでは、北斗七星が夜中沈まず、神への捧げものの牡牛の前脚として見ていた。   この足の痛みは大…
コメント:0

続きを読むread more

「打撲」と診断

小事故の結果、何がわたしのからだに起きたか、確かめるために、IMS富士見病院の整形外科で診察を受ける。心細いので妻も同伴。 レントゲンも撮影し、「打撲」と診断される。少し食欲が出る。 まだ歩行がつらい。 歩けることが、改めて貴重だと思う。   歩けず食べず考えず夢見ず  夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

自宅で小事故

1時限の授業を終えて、防水ペイントを買って帰宅。 昼食後、自宅の手入れ中に小事故。 さいわい大事にはいたらなかった。   地表へ落ちて縮んだ筋肉に復讐される  夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

シリア版『空飛ぶ法王』5冊

故国へ帰国しておられたモハマド・オダイマさんから、シリア版『空飛ぶ法王』5冊が、日本のご自宅から送られてきた。 البابا الطّائرُ في السَّما taakwen, Syria, 2017 オダイマさんは、帰国中翻訳の仕事をされていたようだ。   破壊された大モスク空飛ぶ法王の声響く  夏石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過と睡眠

台風19号が猛威を振るって通過した。13日(日)朝は快晴。 雨漏りを心配したわが家も無事だった。 実は、私は台風をよそに、11日(金)帰宅後から、この1年の疲れが出て、2夜連続で風呂に入らず、断続的に熟睡。 台風は、予想外の被害をもたらしたようだが、現代文明自体が虚弱であることが、最大の原因。 自然界も、人間界も…
コメント:1

続きを読むread more

蜻蛉の避難

台風19号の暴風雨は、9月12日(土)夜から首都圏で本格化するようだ。その前、同日午後1時半に書斎から隣家の壁を見ると、蜻蛉が屋根瓦下の壁に避難しているのを見つけた。 微動だにしない。感動的な姿。蜻蛉にも被害がないことを祈りたい。   嵐の壁に動かぬ蜻蛉のように生きたい  夏石番矢
コメント:1

続きを読むread more

台風の前のしずけさと聖書

台風19号関東への接近中の10月11日(金)朝、傘を持参せず大学へ出勤し、2コマこなして、無事帰宅できた。小雨は折り畳み帽子で対処。 先週まで多かった電車の遅延も、ほぼなかった。 台風に対する異例の警戒が始まる12日(土)以降の連休は、外出しない予定。 この台風はどういう被害をもたらすのだろうか?   聖書を閉じ…
コメント:0

続きを読むread more

パワースポットのパワーとは何かを考えろ馬鹿ども!!!

日本を含むこの世界にパワースポットは、たしかに存在する。そこへバスで乗り込む馬鹿どもがいる。 こういう連中が何度も押し寄せると、このパワーは、馬鹿どもの低劣な俗気によって、むしろ邪悪な場所になる。 考えよ、馬鹿ども!!! お前らは何をパワーと考えているのか。お前らが地上を汚していることに気づけ!!!   蝿がたかった糞…
コメント:3

続きを読むread more

「吟遊」第84号初校戻し

梅田印刷からはじめて印刷する「吟遊」第84号の初校にすべて目を通し、鎌倉佐弓が梅田印刷に戻す。 キリル文字、フランス語、中国語の文字などは、問題ない。課題は、レイアウトの原則が伝わっていなかったこと。 日本語は、これまでになく美しい。 日本の印刷技術は大きく向上しているが、世界への展開が、無いか遅れていると感じた。 …
コメント:0

続きを読むread more

鞄をテープで修理

いつ買ったかわかないバッグを、テープで修理した。このブログは、予約アップもできない、ブログ内検索も満足にできないなど、非常に不便になったので、このバッグをいつ買ったかブログで確認しにくい。 すりきれたところを革製品などの修理用テープで補強した。専門修理屋にもこれまでも、手を加えてもらったが、すりきれたところは修理できないと…
コメント:0

続きを読むread more

猫を見かける

自宅付近の道で、ひところまったく見かけなくなった猫を、このところよく見かけるようになった。 裏の隣家やアパートとの境界のブロック塀の補修を行ったせいだろうか?   わが細道寄って来る猫逃げる猫  夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第84号への自作俳句

梅田印刷へ印刷所を移して、入稿後1週間で初校ゲラが出る。 表紙のデザインも、担当のI・Uさんが、考えなおすようだ。 発行人の私の仕事が、遅れている。 ようやく、ニ十数句をこのブログから拾い、英語版を付けて、敬愛すべきE・Sさんへ磨き上げを依頼する。 自分で英訳をしていて、日本語だけでは気づかないポイントを見つけ、…
コメント:0

続きを読むread more

娘の新婚生活

ブログの更新を休んでしまった。これにはいくつかの理由があるけれど、一人娘が8月はじめに入籍、結婚し、その後、いろいろなことがあって、10月5日(土)に、富士見市内のアパートからT氏のマンションへ引っ越し、新婚生活が始まったことが一番大きな理由。 ほっとして疲れが出た。一人の人間が成長するのは、自分も含めて、大変なことだ。 ま…
コメント:0

続きを読むread more

はじめて大月デンタルケアへ

2019年10月3日(木)朝、富士見市内の大月デンタルケアへ行く。歯のレントゲン、デジタル写真など、歯科衛生士に撮影してもらい、自分の歯や歯茎の状態を説明してもらう。 それまで35年お世話になった西村先生の引退に伴い、約半年後にこの歯科医院へ初めて通う。この医院の前はよく歩いて通り過ぎた。 1時間半の検査だったが、まだ第一段…
コメント:0

続きを読むread more

帰りはこわい

2019年10月2日(水)は、「行きはよいよい帰りはこわい」の日だった。 これは、「鉄道テロ」と呼べる事態ではないだろうか? 落命者のご冥福を祈りたい。   薄毛の教授の帰り道には穴いくつ  夏石番矢
コメント:1

続きを読むread more

1日使わなかったPCの不都合と人身事故

まる1日、自宅書斎のWindows 10を使わなかったら、使い初めに予想しなかったエラーが起きた。 こういう欠陥商品を高く買わされ、便利さより不都合さに振り回され続けるのだろう。 また、消費税率アップの10月1日(火)の首都圏の鉄道で人身事故多発。 天気の晴朗さとは裏腹の世相。   雲は羽衣線路や神経きれぎれに …
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第84号入稿済み

富士見市内の梅田印刷に印刷所を変えてはじめての「吟遊」第84号の入稿を済ませる。 梅田印刷のI・Uさんが、吟遊社に車で来てくれて、打ち合わせをした。 その直前、私はキルギスの詩人から大量に送られてきたロシア語、英語、フランス語の数百句から16句を選んで日本語訳を付けて、入稿に間に合う。 未入稿もあり、新体制でもあるので…
コメント:0

続きを読むread more

二人の俳人の逝去

新興俳句系の最後の存命俳人の伊丹三樹彦(いたみみきひこ)さんと、自由律俳人の来空(らいくう)さんのお二人が、同じ2019年9月21日に他界された。 これを知ったのが、ここ数日。秋のお彼岸に亡くなられたのは、逝去の日としては、お見事としか言いようがない。私は第10回世界俳句協会大会を終えて、ダウンしていた日。 ご冥福をお祈りし…
コメント:0

続きを読むread more

真鍋大覚『儺の國の星』を読み切る

真鍋大覚『儺の國の星』(昭和57=1982年3月31日、那珂川町発行)を読み切る。元九州大学の蔵書で、現在は京都大学蔵書。そのコピーを数か月かかって読んだ。 発行者の那珂川町は、現在の福岡県那珂川市。 https://ja.wikipedia.org/wiki/那珂川市 著者の真鍋大覚(1923-1991)は、九州…
コメント:0

続きを読むread more

体力がかなり戻る

2019年9月25日(水)、午後2コマ授業をこなす。 第10回世界俳句協会大会完了後に出た疲れが、かなり回復する。しかし、娑婆は人身事故などの鉄道混乱。消費税アップの影響と推測。 連休明けの9月24日(火)と25日(水)、2日連続で首都圏の鉄道が乱れた。 それでも、25日(水)の帰りは遅れた電車に座り、一駅乗り過ごす。…
コメント:0

続きを読むread more