散歩の小発見10 農家の祠

自宅から散歩に出て、住宅街を離れると、古くからその地に住んでいる民家に出くわす。たいていは、かつては農家。 たいていの農家は、庭が広く、その一角に祠を祀ってある。小さい神社を置いている家もある。 たとえ小さい祠でも、祭祀や手入れは続けられている。どういう神が祀られているかはわからない。 神を信じない人よりは、神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号校了!!!

7月10日(金)昼前、「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社、本体価格1000円)の三校を終え、校了となる。 吟遊・夏石番矢賞2020、英、越、墺、日の新型コロナウイルス俳句、モンゴル俳句、夏石番矢句集『犬 50俳句』評、夏石の古事記論1などが目玉。 参照 「吟遊」第87号再校 https:/…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策失敗

新感染者を連日200人以上出している東京都。7月10日(金)には、全国で400人突破。 国と都や地方自治体による新型コロナウイルス対策は、基本的に無意味だった。 再選された小池百合子都知事による薄っぺらな対策の結果は、ますますひどいものになるだろう。 安倍晋三首相は打つ手なし。 こういうときに、こういうリーダーを…
コメント:0

続きを読むread more

早朝地震で目覚め、そして結婚式の夢

7月9日(木)午前6時ごろ、長く揺れを感じて目覚める。震度は3。 地震情報(震源・震度に関する情報) 令和2年7月9日06時09分 気象庁発表 9日06時05分ころ、地震がありました。 震源地は、茨城県南部(北緯36.1度 東経139.9度 深さ 50km) 地震の規模(マグニチュード)は、4.7と推定されます。気象庁…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見9 不気味な空き家

散歩中、空き家や廃屋をときどき見る。数年前は人が住んでいたはずなのに、無人になった家を見かけると悲しい。 独特の雰囲気を持つ空き家にひさしぶりで通りかかる。あまりこちらへは足が向かない。この先は行き止まりだったことを思い出す。 この空き家の玄関では、松が枯れている。 無人になってから、かなりの年月が経過している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和室の壁塗装完了+襖修理

自宅一階の和室の壁塗装が完了した。15区画ある壁のうち、14区画を宇治色に塗り上げる。 以前の成果。 今回の成果。 いつもは箪笥で隠れる壁。箪笥を置くとこうなる。 残った一区画は、やはり衣装ケースで隠れている場所。いつ塗れるかわからない。今回はこれで完了。塗料代だけだと合計1万円ぐらい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号再校

「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社、本体価格1000円)の再校をチェックした。7月7日(火)に梅田印刷へ戻す。 穴埋めながら、夏石による初めて本格的な古事記論掲載。「天之御中主」について。これは、日本だけの視野では論じられない。また、時代も約26000年周期の歳差運動を考慮しなければならない。 …
コメント:0

続きを読むread more

電車や駅の広告激減

コロナ禍による経済停滞は、駅の構内や電車内の広告が激減したことに顕著に表れている。 数日前の東武東上線車内。 優先席の上の壁面に広告がまったくない。 アホノミクス、消費税率引き上げ、コロナ禍など、安倍政権の経済政策は、悲惨な結果に。これで今秋に解散総選挙したところで、議席が減り、退陣せざるをえなくなるだろう。ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見8 不思議な鉄壁

コロナ再蔓延で雨続き。梅雨入りだろうか? 晴れたの日の散歩で見かけた不思議な壁。この壁は厚い鉄板。 何か不思議な模様が遠目に入る。 近づけば、正体が判明。野球のボール跡。一人で誰かがキャッチボールしたのだろう。拡大した新型コロナウイルスに見えなくもない。  鉄壁に球の跡ウイルスの数に及ばず …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三女性から誕生日プレゼント

7月3日(金)、小雨の一日。満65歳の誕生日。3人の女性からプレゼントをいただく。 まずは妻。秋用の靴下。 新婚1年未満の娘から。タオルハンカチ。 池袋元力堂のMさんから。ピンクの薔薇入り花束。 いずれもありがたい。 ハンカチからギャロップの音靴下から薔薇のかおり         …
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号へ穴埋め評論、「古事記論1」入稿

吟遊同人のA・Oさんは、原稿が遅いので有名。「吟遊」第87号も初校が完了し、再校がでる段階になっても書評が到着しない。そこで、急遽、夏石番矢名で、 古事記論1 最初に登場する神、天之御中主について を4ページ分入稿した。明治大学のオンライン授業、古事記ゼミで書き溜めた私の見解(本名で)の10分の1に手を入れた一文。…
コメント:0

続きを読むread more

和室の壁塗装

DIYでも最後に残ったのが、自宅1階の和室の壁。京壁で、土が落ちたり、色が変色したりしている。 どうするか考えていたが、ペイントすることにした。 周りを養生しながら、壁の1区画を塗ってみた。柱などで囲まれているのが1区画。塗った色は、アサヒペンの和室壁用塗料の「宇治」。 向かって右が「宇治」色を塗装後。左が塗装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見7 収穫前のトウモロコシ畑

散歩途中で見かけるトウモロコシ畑。 高くそびえる雄花。 雌花と実は下の方に。 ところが、ある日雄花がばっさり刈り取られていた。 雌花が受粉したあとでは、雄花は不要なのだろう。雄花への養分を実の方へ集中させる農家の「手入れ」。 この畑のそばをよく散歩してきたが、こういう「手入れ」に気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号初校校正

「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社、本体価格1000円)の初校校正が、6月29日(月)から始まる。6月30日(月)には、梅田印刷へ返却。 巻頭は、吟遊・夏石番矢賞2020。受賞者は同人の子伯さん。 続く目玉は、モンゴル俳句と新型コロナウイルス俳句。 未入稿は、『世界俳句2020 第16号』の書評。執…
コメント:0

続きを読むread more

2階ベランダの塗装

自宅2階のベランダは、増改築した1998年からある。その床面を防水ペイントで塗装した。色はライトグレー。 洗濯物を干すスペース。  足跡も月影も許すその平面  洗濯物の影踊る床塗り替える 夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家の夢

このところ疲れている。なまってしまった右足を回復させるため、痛いながらも毎日散歩している。口唇ヘルペスがまだ治りきらない。 オンライン授業もあと1か月。出来の悪い学生でクレーマーがいる。レポートの締め切りに間に合わない受講生がいる。 こういうとき、夢を見た。相生市の実家の夢。10年前に他界した父がいる。癌で数年前亡くなった義…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見6 収穫後のジャガイモ

咲いた花をブログ記事でご紹介したジャガイモ畑とは別の畑では、もう収穫が終わってしまっていた。 取り残されたジャガイモもある。こういう光景を見ると、収穫はとても暴力的な略奪のように思える。 農業も、自然破壊。   日が沈むいかなる収穫も強奪 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄関脇に砂利を敷く

玄関脇の狭い庭に砂利を敷いた。Amazon.co.jpで購入したもの。 小さい草が生えたり、蟻が巣を作ったりと、狭いながらも手入れが必要なスペース。見栄えだけはよくなった。  砂利敷けば小さな神が遊びに来る  この庭はどこにも行けない砂利の道 夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイルスに負ける

コロナ禍のストレスによるものだろう。オンライン授業のレポートを3科目採点し終えてから、上唇に違和感を感じる。 口唇ヘルペス再発。新型コロナウイルスばかりに気を取られ、ストレスが蓄積していた。妻に軟膏を買ってきてもらう。塗ると少し痛みが軽くなる。 すでに感染したヘルペスウイルスは体内から消えない。ウイルスとの共生はすで…
コメント:0

続きを読むread more

ジャスミン剪定

自宅の窓格子に繁茂させていたジャスミンをばっさり剪定した。 網戸が動かせなくなっていたのが、動かせるようになった。   新型コロナウイルス刈り込まれたジャスミンか 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号入稿

6月22日(月)午後、私が池袋と自宅を往復している間に、鎌倉佐弓が梅田印刷へ「吟遊」第87号の入稿のために行っていた。 未到着の原稿も若干ある。 私のCOVID-19俳句「見えない王冠/Invisible Crown」も、日英版で34句も入稿。 参照 「吟遊」第87号編集中 https://banyahaiku…
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』米国に届く

一度は日本の郵便局から返送され、再度米国へ発送した『世界俳句2020 第16号』が、イリノイ州の会員に届いたとのメールが入る。 今回のデザインは評判がいい。 まだ、再発送できない国が多く、新型コロナウイルの余波はまだ終わらない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大月デンタルケアで定期健診

富士見市内の大月デンタルケアで、歯の定期健診。問題なし。 新型コロナウイル流行中、マスクをすると、吹くと桶屋が儲かるの類の意外な因果関係を、歯科衛生士のMさんから聞く。 マスクによって、鼻呼吸がしにくくなる。口で息をすると、前歯が乾く。前歯に歯垢がたまりやすく、歯垢が固くなり、歯茎を傷め、出血する。 こういう例が、いま…
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号編集中

「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社)の編集を数日前から始める。 今回は日・英・墺・越からのコロナ俳句が4篇が並ぶ。日本以外の原稿に和訳を付けた。 吟遊・夏石番矢賞2020内定。本人からのOKも得た。 その他にも、翻訳、選句などの仕事。略歴のない投稿者には略歴の資料を送ってもらわねばならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KADOKAWAからの「未来より」俳句の掲載許諾を断る

KADOKAWAの担当編集者から中学国語問題集への「未来より」俳句掲載許諾申請がメールで届くが、お断りした。この出版社が角川春樹社長時代から私に対して何度も犯してきた許しがたい非道な行為への正式な謝罪もなしに、掲載許諾を認めるわけにはいかない。 このいかがわしい出版社に一切関係したくない。俳句を腐らせ続けている。 6月に入っ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見5 サボテンの花

自宅近辺の散歩中、ある一軒家の玄関脇で見かけたサボテンの花。 サボテンにもいろいろな種類があって、花も多様多種。この写真を見て、サボテンだとわかる人は、かなりのサボテン通。 このサボテンの花は、異次元のオブジェのようだ。  星踊り銀河湧き出すサボテンの花 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

香水を買う

中古品で買った香水がなくなり、3年前のパルマで買った香水もなくなったので、東武百貨店池袋店で、ヴェルサーチの香水を買う。名前は、 EROS FLAME 日本語では、「エロス・炎」となるだろう。名前ほど情熱的ではなく、さっぱりしている。あまり高くないものを購入。 コロナ禍が終息しても、人が集まるところには出かけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見4 ジャガイモの花

自宅付近の散歩で、ちょっとした楽しみは、畑の作物。水田は近くにはない。 ジャガイモの花。真ん中の黄色がアクセント。 この花からは種はとれないのではないだろうか? ジャガイモはかつて、父がよく相生市の実家裏の畑に植えていた。   火山灰隠してジャガイモ花盛り 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祭の夢

6月14日(日)未明、大掛かりな祭りの夢を見た。どうやら日本の祭りらしい。どこかから遣いの男がやってくる。雨も降っている。何の祭礼だか不明。 いま世界は鈍い戦争状態。武器は新型コロナウイル。戦勝国はない。すべての国が敗戦国。   見えない王冠支配下大祭礼の夢を見る 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ感染者再爆発?

新型コロナウイルス感染者の統計は、米国のJohns Hopkins Universityの統計が世界的に信頼されているようだ。NHKの特設ホームページは、世界規模の統計はあの問題含みのWHO丸投げだったのが、この大学の統計に乗り換えた。まともなメディアではない。 Johns Hopkins Universityの新感染者の統計。2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

はじめて一橋病院へ 手術後1年11か月後検診

6月11日(木)午前、小平市の一橋病院へ初めて行く。小雨が降ったりやんだりの天気。担当医の坂本信之先生が、勤務先を、IMS富士見総合病院からこの病院へ変えられた。 東武東上線、武蔵野線、中央線、西武バスと乗り継いで、たどり着く。 途中、武蔵野線の北朝霞駅プラットホームからスカイツリーが見えた。 診察の際…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見3 火山灰の畑

自宅付近を散歩していて、すぐに畑が目に入る。この畑は、足を踏み入れると靴が深くめり込んでしまう土からできている。 富士山の爆発がばらまいた火山灰だろう。私の出身の関西の畑の土とは全く違う。 こういう畑も、相続のときに売られて、少しずつ減ってきている。 ひさしぶりで散歩すると、コンビニになっていたり、新し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナム国営TVのための動画

2020年6月6月14日(日)放映予定のベトナム国営TVの俳句特集番組のために、動画を撮影し、YouTubeにアップした。撮影は鎌倉佐弓。 ベトナムテレビ/ジャパンリンク 俳句ベトナムQ&A 夏石番矢 https://www.youtube.com/watch?v=dhlxszoHMro この動画をベトナム国営TV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚問しかできない大学生

安倍晋三首相の愚かさについては、ようやく日本全体に知れ渡ったようだが、これは突然愚かになったわけではなく、本人は生まれた時から愚かだったし、学習による自己向上を怠っているので、愚かさが維持され、悪化しているだけの話。 まやかしのアベノミクスを喧伝した日本のメディアに流された日本人も、愚かだったが、コロナ禍は人間や社会組織の欠陥を拡…
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見2 神の不能

散歩中に立ち寄った大井氷川神社にはいくつもの摂社がある。その一つに、八雲神社がある。 御祭神は疫病退散の神スサノオ。ところが、天王様(スサノオは牛頭天王と同神とされる)という疫病退散のための祭りが、2020年、新型コロナウイルス蔓延のため中止となった。京都の祇園祭が大元の祭りで、これも同様の中止。 疫病退散の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見1 黄色い星々

自宅近辺の散歩を再開した。右足の筋肉が衰えているのに気づくが、少しずつ改善しつつある。 人を見かけなかった場所で人を見かけるといやな気になる。これもコロナ禍のもたらしたマイナス。 しかし、小さい発見もあるので、デジカメを持参している。 小発見の一つ。黄色い球体群。 名前のわからない柑橘系の果実の落下。星の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穢された散歩道

今週に入ってから、自宅近辺を1時間以上散歩するようにし始めた。外出自粛で足の筋肉がなまっている。 驚いたことに、かつては人気のない畑の中の小径を、人、自転車、車がよく通るようになっている。 その径で、気分が晴れ晴れする場所があったが、普通の場所になってしまった。大切なものが消えてしまった。 人間がひんぱんに通ると、場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の悪夢

6月5日(土)早朝、コロナ禍続くこの時期になんと、中国へ行った夢を見て、寝汗をかいて目覚める。粗雑な出入り検査を受けて、27年前にこの国をはじめて訪れたときに知り合った人を写真一覧で指さすシーンがあった。 生々しい生理的嫌悪感が残る。 中国で、清潔ということはありえないだろう。この国から、あるインターバルを置いて、SARS(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンゴル詩人25人世界俳句協会へ

全世界がコロナ禍で苦しむ中、世界俳句協会へ25人のモンゴル詩人が加入してくれた。和訳を読むと、生き生きしている。 日本人は、オンラインでも有季定型のお俳句ごっこ句会をやってるらしい。世界から取り残されているのにも気づかない阿呆は、安倍晋三と同レベル。  季語ぼけの日本人Zoomでコロナお俳句 夏石番矢 …
コメント:0

続きを読むread more

アホノマスクとアネノマスク

とうとう噂のアホノマスクが届く。やはり小さい。到着が遅い。まさしく安倍晋三の実力の象徴。税金を使ってのまったくの無駄遣い。歴史的悪政の資料。 「まるで眼帯」というある芸能人の皮肉通り、けち臭い無用の長物。5月初めに姉から送られてきた手作りアネノマスクと並べてみる。 大きさは2分の1……   新緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城から新茶

茨城県の姻族にあたる女性から新茶が届く。 現上皇、上皇后ご夫妻も口にされたお茶とか。さっそく賞味する。緑茶は中性脂肪を下げ、健康にもいい。 コロナ禍のもやもやが尾を引いていたときに、ありがたい。   青空と雨に抱かれた新茶がここに 夏石番矢
コメント:0

続きを読むread more

小雨と学生服

6月1日(月)昼過ぎから、小雨ふるなか、自宅から池袋元力堂へ。ほとんどの人がマスク着用。 先週は、年配者が目立ったが、今回は、中学生、高校生が夏の制服姿で下校しているのを見かけた。 学生服の生徒が、先週までは戸外で見かけられなかったことに気づく。 池袋で、3か月以上のごぶさたで、東武百貨店に入る。入り口で手首あたりの非…
コメント:0

続きを読むread more

増進堂の中学国語参考書への掲載許可 「未来より」俳句

増進堂・受験研究社発行予定の『中学 徹底演習テキスト国語 3年』の「短歌・俳句」に、   未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢 が掲載される。そのゲラはここにはアップできない。芥川龍之介、飯田蛇笏、青木月斗、水原秋櫻子、正岡子規の句とこの私の俳句が並べられての設問。 中学生に、「未来より」俳句が知られるのはうれしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空と轟音

5月29日(金)午後1時半前後、富士見市の自宅で、数回、軍用機の轟音を聞く。妻は外出。 この種の音は昨秋以来。このときは、戦争が始まるのではないかと思うほど、軍用機の音が轟く日々が続いた。 だんだん轟音がすさまじくなるので、外へ出た。青空に白雲が浮いているだけだった。 私だけがこの轟音に気づいたのではなく、マスクをした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫蘭と萩

新型コロナウイルス感染は東京で終息しそうでしない。オンライン授業にかまけていたので、自宅の狭い裏庭の手入れができなかった。 ひさしぶりで足を踏み入れてみると、やはり時は移っていた。 紫蘭がすでに咲き、わずかに花が残っていた。 夏秋二度咲きの萩は、すでに咲き始めていた。  蘭散り萩咲く狭い庭が裏にあ…
コメント:0

続きを読むread more

古事記ノート(38) 神社検定のテキスト

地鎮祭に使われる、 博士杭(はかせぐい) とは何かをネットで検索すると、神社本庁監修、扶桑社発行の神社検定テキストを発見。さっそくネットで注文。 私の想定する古代とは別の考えに立つ神社本庁が、どういうテキストを発行しているのか、興味深い。 神社検定は合格しても、神社に就職できるわけではない。多少の特典と上品なバッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more