テーマ:放射能

煙出たけど放射能出てないやて?

「煙出たけど放射能出てないやて? そうなん? 海へ出てる汚染地下水も、セシウムは3倍やのうて、ほんまは90倍やそうや。ボストンの偉い先生からメールが来たで。 まあ、もうめちゃめちゃな報道やな。 あたりまえやん。大犯罪を犯した盗電に犯罪の始末させて、そいつに報告させとるんやから。 そういう大犯罪を裁ける法律あ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発で異変

ふくいちライブカメラ http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/ を、2013年5月16日(木)午前1時40分前後ひさしぶりで見た。霧ではない、ガスが原発にかかっている。あきらかに異変が起きている。 埼玉県富士見市の自宅内の線量は、毎時0.10マイクロSVで、高くない。 福島第一原…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

風の強い日は要注意

5月7日(火)午後、上野へ出かけるが、すべての美術館・博物館休刊日。空振り。上野から谷中・根津へ歩く。強風。 線量計は、毎時0.14マイクロSV、やや高い。 地下鉄御茶ノ水駅近辺も、毎時0.14マイクロSV。 明大駿河台キャンパスは、毎時0.10マイクロSV。LT内部では、毎時0.07マイクロSVあたり。LT23階でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発事故についてのまとめ

2011年3月の福島原発事故から2年の私のまとめ。 1 2011年3月には、チェルノブイリを超える史上最大の原発事故が福島で起きた。それ以降、しばしば再臨界とメルトダウンを繰り返している。8月で一度安定する。 2 日本のマスメディアは意図的に虚偽報道をしたし、まだ続けている。 3 福島第一原発事故の収束は、いつになるか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

原子力とは何か?

福島原発事故は、日本のみならず、人類の営為を再考させるいい機会。 人類のエネルギーは、自分たちで制御できる人力から始まり、テコ、木材の燃焼、水力、風力、石炭や石油や天然ガスなどの化石燃料から、20世紀に原子力へと至った。原子力が究極のエネルギーではないのは言うまでもないが、どんどん人間が制御できないエネルギーへと進んでいった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花粉症の重装備

今年の花粉症は、外出の翌日に、目頭を押すとかゆくなる症状が出る。抗ヒスタミン剤の目薬をさす。 白い不織布マスクに、サングラスという格好で、晴れた日は外出。それでも、上記症状。なんたる事態。 昨年は杉花粉に放射性物質が付着していた。今年はかなり減る。 よく考えてみれば、杉花粉対策もできない政府に、放射能対策ができないのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男に下腹部を女に肛門を

2月21日(木)午前、男に下腹部を、女に肛門を触られる。3Pを楽しんだわけではない。 1年にわたる、お腹のゆるみを調べてもらうため、富士見市内の日鼻医院で診察を受けた。男は日鼻院長、女は看護師。 肝臓はやや脂肪肝、膵臓は異常なし。過敏性腸症候群だろうとのことだが、あとは血液検査、検便の結果待ち。 過敏性腸症候群 ht…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

漢方医に下痢を相談する

去年1月から、下痢を間欠的に繰り返すようになったので、近くの漢方医に相談する。この年末は、PCの不調を直すために、朝まで起きていて、よくなっていたお腹がまた下痢気味になった。 とにかく下痢しやすいからだになっているようで、ストレスも影響している。早寝を勧められた。 まず処方してもらった薬を4時間置きに飲んでみる。2回目で便が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末からまた2号機メルトダウン

正月はブログ更新を休むつもりだったが、12月31日(月)午後から夕方の数時間、放射線量がやや高く、毎時0.16マイクロSV前後だった。気のせいかと思ったら、また福島第一原発2号機で、メルトダウンが起きているようだ。格納容器の底とその直下部分の温度が150度前後。 まっちゃんのブログ 福島第1原発2号機の圧力容器下部の温度が150…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

PC修理完了

11月5日(月)午前、代引きで修理されたパソコンを自宅で受け取る。このWindows 7を元の状態に戻すまで、いささか時間がかかるので、当分はVistaをメインで使うことに。 しかし、なんと壊れやすい機械に私たちは縛られているのだろう。 壊れた福島原発から私たちが逃れられないのと同じような気がする。 このブログも、プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NJオイスタークリーク原発事故とアトランティック・シティーの思い出

ボストン在住の辻孝憲君から、次のメール届く。 日本ではほとんど報道されていないとおもいますが、先日のハリケーンSandyによる洪水でニュージャージーのオイスタークリークの原発の冷却装置の電源がダメージを受けて冷却機能が止まっている様です。 最悪の事態が起これば福島と同じ状況も考えられます。 この原発は、ニューヨーク…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

眠気と食欲と放射線

富士見市の自宅の所有権移転(遺産相続)が完了し、緊張がほぐれてきたせいか、このところ眠気と食欲が出てきた。 ただ、蓄積疲労はほぐしてもほぐしても湧いてくる。 富士見市の戸外は、やはり微量の放射性物質が飛んでいる。高い時で、毎時0.14マイクロSV。低い時で毎時0.06マイクロSV。だいたい毎時0.10マクロSVが平常値。いず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こむら返りと「国産」食料品と放射能

10月14日(日)の朝は摂氏15度? 夏の下着で寝て、寒さを感じる。起き抜けに、左にこむら返り。左に起きるのはめずらしい。右足がよくなったため? この痛みは、毎回いやなもの。 午前中にマッサージしてもらいに行く。帰りに、近くのダイエーに寄る。「国産」の食料品の多さに驚く。 「国産」食料品を食べない奴は、非国民、ということにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく休息

9月23日(日)、ようやく休息の日となる。来週から、M大学H学部の後期授業開始。「吟遊」第56号編集。第14句集『ブラックカード』見本本完成後の対応。 この暑い夏は、私の後半生の大きな節目だった。 23日早朝の夢は、相生市の実家の夢。草木の繁る裏庭から、ほったらかしの畑を見た。30年ぐらい前の実家が元になった映像だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内寂聴って誰?

瀬戸内寂聴っていう老婆は知っているが、彼女の小説など1篇だって読む気にならない。死ねばきれいに忘れさられる一人。 どう考えたって、二流以下の人材。この手の老人が、文化勲章をもらえるのが、近年の日本。 わが郷土の姫路文学館が、この老婆の展覧会やイベントをこの秋やるらしい。 こういう郷土とは、縁を切ったほうがいいのかもしれ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

美術家からの福島についてのメール

畏友で、美術家の堀浩哉さんから、次のようなメールをもらった。 本日(8月1日)、福島県の飯館村へ行ってきました。この秋に福 島県立博物館の主催で行われる『会津・漆の芸術祭2012-地の 記憶 未来へー』に参加するに当たって、ぜひ事前に訪れたかった 場所でした。福島市内で飯館村消防団団長のAさんにお話をう かがい、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産地不明の食品 内部被曝野放し

S県W市の大型店IYへ行って買物をしようとした。食材の産地に気を付けながら、売り場を回ったところ、産地不明の品数の多さに驚く。 そこで、何も買わずに退出する。 これって、内部被曝野放しということではないだろうか? 家族連れの買い物客は、ほとんど食品の産地に無頓着な様子。 野放し内閣による恐怖劇が、平穏な日常生活において…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風接近

台風は秋の季語らしいが、現在、台風4号が名古屋近辺に。自宅の裏庭では萩が咲いている。数日前の日中、羊雲を見た。いまはもう秋?   雨に叩かれ海は呑み込む放射能  夏石番矢
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

暴風雨

4月3日(火)、暴風雨の1日。物質拡散の日。風がやむと、放射線量が下がる。 外出した戸外では、折れてぼろぼろの、使い捨ての傘を持つ人がいた。駅のトイレに捨てた人もいた。 帰宅後、午後6時過ぎから数時間、インターネットつながらず。   傘は間抜けなむくろとなって魂拡散  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外の無知と国内の欺瞞

facebookというのも、心身の健康に悪いことがある。美しい日本が消えたといって、陳腐な日本の絵葉書写真を私のfacebookにタグしてくる奴。自分の国のアボリジニの住む砂漠は、戦後核実験を繰り返していて、核汚染がひどいことを知らない。 国内は、ほとんど虚偽の発表と報道。しかも、悪いフィルターのかかった小出裕章の「日本はおしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きびしい現状認識

いまだに、関東で水道水を飲んでいる人がいるなんて信じられない。これは単なる惰性? 群馬の八木沢ダムなどの底には、セシウムがぶ厚く積しているのは明確だし、2種類あるらしいセシウムのそれぞれの半減期がどれくらいか、わかっている人も少ない。半減期がほとんど永遠に近いセシウムを体内に吸収したなら、その後何が起きるだろうか? 「物理を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

放射線量下がる

午後9時過ぎから、富士見市の自宅での放射線量、大幅に下がる。アラームが鳴らなくなった。午前11時ごろから、約10時間、かなり外部被曝した。福島原発が原因だとしたら、福島に留まっている方々は、さらにひどい被曝をされたことになる。 何もしてあげられない自分を悲しむのみ。 何の発表も、報道もないのは、予想できた。 またしばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

線量計アラーム鳴り続ける

2月19日(日)午前11時から、上海製の線量計のアラーム鳴り続ける。避難するかどうか、明日まで様子を見る。何が起きたかは、一切発表がないだろう。 午前11時過ぎには毎時3マイクロSV以上が、午後12時過ぎには毎時1マイクロSV以上が出続ける。 恐ろしい事態。俳句もできない。
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

起きたことを無かったことにする東電

福島第1原発2号機のさまざまな部分の温度は、東電の公式ホームページに発表されている。 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/12021812_temp_data_2u-j.pdf PDFの2ページ目の図を見ると、2月13日午後5時から、圧力容器下部の温度が急上昇して…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

下痢快方へ、だが飛ぶ放射能

ベトナム滞在中から続いていた下痢がようやく、快方へ。しかし、たぶん、福島原発から放出されている放射能は、私の線量計のアラームが鳴らない程度だが、決して低くない、昨年末の冷温停止は、むろんまやかし。 この状態がいつまで続くのだろうか? 日本はどうなるのだろうか?   微粒子となりわれらを脅す空飛ぶ法王  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時的に高い放射線量!!!

2月13日(月)午後8時半ごろ、富士見市の自宅で、突然、上海製の線量計のアラームが鳴る。 たぶん、福島第一原発の2号機から、大量に漏れた放射性物質が、こちらへ流れたのだろう。ニュースは相変わらず、でたらめか、捻じ曲げての報道。2号機の「温度計の故障」というしらじらしい嘘。 その後、数値は収まる。放射能のガス抜きが終わったのだ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ハノイと上野の放射線量

ハノイの放射線量は、実はけっこう高かった。帰国後の富士見市の自宅近辺よりずっと高い。 ベトナム往復の上空を飛ぶ飛行機の中の、放射線量は、持続して高い。これは、成田・ハノイ間に限定されることではないだろう。 成田からの帰路、京成上野駅から、JR上野駅まで歩いたが、ここの空気中の放射線量は、やや高い。東から飛散して来た福島からの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

超SF的世界

SFフアンでもない私だけれど、これから数年先、日本は超SF的世界になっていると予測する。 これだけ放射能がばらまかれ、しかもそれがないように、一部の人々を除いて行動している。これもまた、超SF的世界だが…… 放射線量は、現在やや下がるが、昨秋のようには低くない。西日本も低くはない。 測ってガイガー 放射線量マップ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能と藤富保男『詩の窓』

1月26日(木)、午後の5時間、M大Iキャンパスの研究室に詰める。ある仕事のため。 放射線量は、やはりやや高い。しかし、この高さは、自宅、電車の中、駅など、そう変化がない。風向きによる変化もない。 まんべんなく、あちこちのゴミ焼却場から出されているのだろう。 低線量被曝が続く。この次は、杉花粉に乗って。 ところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミ焼却場からの放射能

現在、線量計2台(中国製と日本製)を使って、放射線量の推移を見ている。 このところ、空気中に飛んでいる放射性物質は、すべてではないが、その多くはゴミ焼却場の煙によるものだろう。福島第一原発だとしたら、次のデータと整合性がない。 http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1285/ 12月31…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more