テーマ:羽生結弦

羽生結弦不在のGPF 次世代の台頭

羽生結弦が右足首の怪我で欠場のGPFは、やはりものたりない。それでも次世代の台頭が見られたのはよかった。 シニアの男子シングルはネイサン・チェン2連覇ながら、いまひとつ。宇野昌磨はスランプ。 ジュニアの男子シングルは、13歳の金髪のスティーヴン・ゴゴレフが初優勝。すべて成功したわけではないが、4Ls、4T、4Sを披露。この選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦ファンになって6年

羽生結弦ファンになったのが、2012年12月24日、 羽生結弦の優雅 https://banyahaiku.at.webry.info/201212/article_26.html あれから丸6年経過。羽生の演技は、はらはら、どきどき、感動、感涙、心配など、退屈で暗い冬に、波乱と喜びを与えてくれた。 羽生のライバルも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦の右足首を心配しながらロステレコム杯観戦

2018年11月17日(土)、モスクワ開催のISU、GPシリーズロステレコム杯男子シングルのFS曲かけ練習冒頭、4回転ループで転倒した羽生結弦が、右足首を痛めようで、練習を早めに切り上げた。 本番ではどうなるか心配する。 本番の演技は、やはり昨日と同じ中国のネットTVで観る。このサイトは、中国ファンのコメント書き込みがすさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のネットTVでロステレコム杯2018観戦

中国のネットTV、 http://live.qq.com/10003614 でISUGPシリーズ・ロステレコム杯、男子シングルを観戦。フリーズもなし。日本は放映権を持っているテレビ朝日が邪魔をしている。 つまり、日本のTVは、まともな情報も流さず、日本人を情報弱者にする装置にしか過ぎない。 男子シングルは、友野一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦の右足は回復可能か?

羽生結弦の冬季オリンピック2連覇の喜びの裏で、心配なのが、右足の病状。痛みどめを服用しての個人戦出場。 2月17日のFS演技終了後、この試合で最初ではないが、ねぎらうように右足をさすっていた。 翌2月18日の現地での記者会見で、右足は痛み止めを注射できない。飲み薬で痛みを止めている。複雑な損傷で、現状が明確に把握でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年後にはいない

平昌冬季オリンピックのフィギュアスケート男子シングルの結果は、なんとも感動的で豊かな内容だった。 前回のソチでは、羽生結弦とパトリック・チャンのつぶし合いだった。 順位確定直後のブライアン・オーサー門下の羽生結弦とハビエル・フェルナンデスの抱き合っての涙の理由は、大きく二つあるだろう。 1 二人同時にオリンピックの表彰…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やはり羽生結弦は凄い!!!

2017-2018シーズンは、ほとんど羽生結弦についての記事は書かなかった。 昨年は、平昌冬季オリンピックの、男子フィギュアスケートの優勝者は、米国のネイサン・チェンではないかとも予想した。 ネイサン・チェンの驚異 http://banyahaiku.at.webry.info/201701/article_23.htm…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

羽生結弦の世界選手権FS演技に感動!!!

2017年4月1日、昨シーズンの連続世界記録更新とは違って、今シーズン不調だった羽生結弦が、ヘルシンキ開催のISU世界フィギュアスケート選手権2017(ISU World Figure Skating Championship 2017)、男子シングルで優勝、2度目のチャンピオンに。 SPで4回転サルコウ失敗で5位発進、F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4CC男子シングル感想

2017年四大陸フィギュアスケート選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2017)の男子シングルは、17歳の中国系米国人ネイサン・チェンが、2位の羽生結弦を抑えて優勝。 やはり、本格的4回転ジャンプ時代が到来し、難度の高い4回転ジャンプの成否が勝敗に直結することに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイサン・チェンの驚異

全米フィギュアスケート選手権2017で見せた、男子シングル優勝のネイサン・チェンの演技に驚く。 Nathan Chen Free Skate 2017 US Championships https://www.youtube.com/watch?v=3sRRNHcZLe0 まだ17歳。昨シーズンのひょろひょろとした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年1月号向けの新作30句送稿

かなり早めながら、月刊「俳句界」2017年1月号(文學の森)向けの新作30「氷の禁域」を送稿する。 すべての俳句に「氷」を詠み込んだ30句。40句作って、30句に絞った。 「氷」は季語だろうか? このような俳句が生まれた背景に、フィギュアスケートへの興味を誘引してくれた羽生結弦がいる。 羽生結弦の優雅さ htt…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

才能をつぶす日本のメディアとファン

羽生結弦出演の映画『殿、利息でござる!』 に対して、CFを見ただけで酷評しているが、こういうさもしい企画が、世界的才能を日本国内からつぶすことになるのを、座視していられないからだ。 私も、こういう日本の出版・メディア・芸能の腐食力には、距離を置かなければ、本当の仕事はできないと、かなり前から気づいている。 その根拠 1 レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『殿、利息でござる!』 はゴミ映画

映画『殿、利息でござる!』 に羽生結弦が、仙台藩の若殿として出演しているのが、去年から話題になっているが、この映画は時代考証もまともにできないゴミ映画である。 その理由。畳の縁や敷居を、若殿に扮した羽生結弦が、ずかずか踏みつけるシーンをCFと流している制作者。日本の行儀作法も知らず時代劇を作り、その無知に気づかず、CFとして流して…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「俳句界」2016年6月号雑詠選完了

締め切りよりやや早いが、「俳句界」2016年6月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 佳作120句は激戦になった。特選句3句のレベルが頭打ちながら、それなりにユニークな句を選ぶ。 羽生結弦を直接詠んだ句はないが、4回転ジャンプを詠んだ1句を佳作に。   5回転ジャンプはタイムマシンじゃないか  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ISUフィギュアスケート世界選手権2016男子シングル結果

4月2日、ISUフィギュアスケート世界選手権2016の男子シングルFSで、羽生結弦にミス続出。う~~~~~~~~~~~~~ん・・・・・・ 同門のハビエル・フェルナンデスの2連覇を許してしまう。よほどのことがないかぎり、羽生優勝と予想していたが・・・・・・ まだ、精神面に弱さがあるのだろう。今季、フェルナンデスはここま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

結婚記念日に羽生結弦のSP観戦

3月31日は結婚記念日。だからというわけではないが、私のPCで、 ISUフィギュアスケート世界選手権2016 の男子シングルSPを、中国の章魚TVをとおして、夫婦で観戦。妻のPCでは見られなかった。 予想通り、羽生結弦が自己ベスト(世界新記録)に次ぐ110.56点の演技を、ショパンの「バラード第1番」で見せてくれた。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ひどいインタビュー 古舘伊知郎と宮根誠司

古舘伊知郎と宮根誠司っていう奴らは、一体何なのだろうか? 顔を見るからに、品格を欠く、目立ちたがり屋のXX。 199X年、私は首相官邸で開かれたパーティーで、初対面の古舘からガンを飛ばされた。彼は虚勢を張ったXXだ。それ以来、前にもまして古舘が嫌いになった。 ネット以外では、TV番組を見ないので、こういう輩とは無縁だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦断トツ時代突入

12月14日(月)、受信したメール2通に羽生結弦が登場。俳句雑誌編集者と俳句投句者。 羽生結弦人気も、NHK杯、GPFの二つの大会で、SP、FS、合計点、いずれも世界記録更新して優勝したのだから、この上なく高まっている。 GPFバルセロナFS終了後のドヤ顔 2015年12月12日 光回線に変えたが、リアルストリーミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニースと長野の般若顔 羽生結弦

2015年NHK杯での羽生結弦の300点越えとは別に、 11月27日(金)のSPショパンの「バラード第1番」ノーミス演技後の般若顔がすさまじい。 普段は柔和な羽生は、時に応じて、こういうすさまじい形相を臆面もなくさらす。普段とのギャップもあって、その人間性に魅力を与えている。 2012年3月31日の南仏ニースで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーター交換

11月27日(金)以降、インターネットがつながりにくくなった。それが12月1日(火)まで続いた。 ブログの記事が更新できなかった。これは鎌倉佐弓も同じ。 2015NHK杯フィギュアスケート国際大会のため回線が混んでいるためと思っていたが、12月1日(火)午後11時ごろ、ルーターを新しいものと交換したところ、つながるようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」編集部2美人1カメラマン御来宅

11月19日(木)、昨夜の雨が嘘のような晴天。午後1時、月刊「俳句界」(文學の森)編集部の2美人MさんとKさんとカメラマンS君御来宅。 朝から、自宅の外回りを掃除しておいた。 同誌2016年1月号のグラビア写真など撮影。拙宅前の道路で、車で帰宅のお隣の夫婦を見かける。 その後、拙宅リビングで、多忙なS君を除く、2美人編…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

羽生結弦の不運

羽生結弦、壮絶な中国杯 http://banyahaiku.at.webry.info/201411/article_9.html で予測したように、フィギュアスケート2014-2015シーズンの羽生結弦は不運だった。 その詳細はブログに書くのも、かなりためらった。GPFや全日本で優勝はしたものの、全開感はない。彼は人並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦復活!!!

この秋は憂鬱だった。その原因はいくつかあった。 その一つは、男子フィギュアスケート選手羽生結弦の不調。事故に遭った11月の中国杯とそれに続くNHK杯では彼本来の力を発揮できず、一ファンとして危惧ともどかしさを感じた。羽生はこの試練の壁を越えられるのだろうか? これに重ねての事柄も身近に起きた。 日本時間2014年12月13日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼろぼろの週末

11月28日(金)から29日(土)、ぼろぼろの週末。 金曜日午後は、M大学Iキャンパスで2コマ授業こなすも、途中で声がおかしくなる。銀座で電気針治療後、帰宅。遅い夕食をすませ、風呂に入る気力なく眠る。 フィギュアスケートNHK杯の動画、ネットで観る気力なし。帰宅後すぐ、妻から男子SP羽生結弦5位と聞かされた。 29日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦、壮絶な中国杯

11月7日(金)、8日(土)、ISUフィギュアスケート中国杯、男子シングル、とくに8日(土)夜のFS、6分間練習中の転倒怪我後の、羽生結弦の「オペラ座の怪人」演技で、頭に太い鉢巻のような包帯、顎にも絆創膏で、5回転倒ながら、滑り切ったことに、何とも言えない感慨を覚える。キスクラでの羽生の涙は、また格別。 閻涵との衝突で、脳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

12個目ニコられる

ニコニコ動画の私のコメント、12個目ニコられる。 いずれも、羽生結弦を中心とするフィギュアスケートの動画。 その一つ。 コメも美しくありたい http://www.nicovideo.jp/watch/sm20084702 この「コメ」はコメントのこと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦世界選手権初優勝!!!

3月28日(金)夜、フィギュアスケート世界選手権2014の男子シングルで、羽生結弦初優勝。 会場は、私がかつてNHKのカルチャー教室で、俳句を担当していたSSA。 SPはリアルタイムでは見ていない。ニコニコ動画で観戦。 FSは、 SportLEMON.tv http://www.frombar.com/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more