テーマ:

吟遊・夏石番矢賞2020の賞状や副賞など発送

2020年8月7日(金)、ひさしぶりで色紙2枚を書く。簡単な絵入り。岩絵の具を使うのは何か月ぶりだろう。 出典:『メトロポリティック』(牧羊社、1985年) 出典:『真空律』(思潮社、1986年) 原句は旧仮名遣いの片仮名の総ルビ付き。書ではルビを省く。 岩絵の具の青には、本物のラピスラズリも一部入っている。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

吟遊・夏石番矢賞2020賞状を書く

「吟遊」第87号(2020年7月20日発行、吟遊社)発表の吟遊・夏石番矢賞2020の賞状を、受賞者子伯さんの名前を入れて書く。 これから副賞の色紙も書く予定。コロナ禍で、じわじわと気力が削がれて、なかなかうまく書けないが、やってみよう。 これらに夏石番矢グッズを添えて、神戸の子伯さんへ送る予定。 子伯さんは、投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号の納品と発送

7月29日(水)午後2時過ぎ、「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社、本体価格1000円)が梅田印刷より納品された。充実した全92ページ。 コロナ禍が続くなか、日、越、英、墺のコロナ俳句。同人や会友の俳句作品にもコロナを詠んだ句が少なからずある。 吟遊・夏石番矢賞2020受賞者は、同人の子伯さん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号校了!!!

7月10日(金)昼前、「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社、本体価格1000円)の三校を終え、校了となる。 吟遊・夏石番矢賞2020、英、越、墺、日の新型コロナウイルス俳句、モンゴル俳句、夏石番矢句集『犬 50俳句』評、夏石の古事記論1などが目玉。 参照 「吟遊」第87号再校 https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第87号初校校正

「吟遊」第87号(2020年7月20日刊行予定、吟遊社、本体価格1000円)の初校校正が、6月29日(月)から始まる。6月30日(月)には、梅田印刷へ返却。 巻頭は、吟遊・夏石番矢賞2020。受賞者は同人の子伯さん。 続く目玉は、モンゴル俳句と新型コロナウイルス俳句。 未入稿は、『世界俳句2020 第16号』の書評。執…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテスト賞品の発送

第3回世界俳句協会俳句コンテストの賞状と賞品を発送する。国内の授賞者は1名以外は授賞式に出席してくださったので、この発送は、海外向け。米国、カナダ、ラトヴィア。 国内受賞者で授賞式欠席者は、賞状と賞品を取りに来てくれた。 世界俳句協会ホームページでの正式発表 http://www.worldhaiku.net/wp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会コンテスト日英版賞状と大物投句者

第3回世界俳句協会コンテストの上位3名に対する、和文賞状と英文賞状を書いた。2枚で1セット。 まだ受賞者は、決まっていないので、その名前は書いていない。WHAの新しい印も使用。 また、カナダ、ラトヴィアの大物詩人から投句があった。 誰が入賞するか予測がつかない。締め切りは、7月30日。 参照 第3回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号発送済みと発売中

「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社、本体価格1000円)発送済み。また発売中。 巻頭は、吟遊・夏石番矢賞2019。受賞者は、川口信行。 発売書店 神保町の東京堂書店 http://www.tokyodo-web.co.jp/ ジュンク堂池袋本店 https://honto.jp/store/d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号校了!!!

印刷・販売をコールサック社へ移した「吟遊」第83号(吟遊社、2019年7月20日発行予定)校了となる。100ページを超える。海外からの俳句も多数。 吟遊・夏石番矢賞2019(受賞者:川口信行)が巻頭。 参照 「吟遊」第83号の初校校正始まる https://banyahaiku.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文學の森各賞贈呈式

2019年5月20日(月)、東京・新宿の京王プラザホテル5F、エミネンスホールで開催の、 株式会社文學の森主催各賞贈呈式 に出席する。 出かけるとき、東武東上線人身事故のため、西武池袋線の所沢駅へタクシーで向かい、正午開始のこのセレモニーに間に合う。 来賓あいさつをする。創業者で現会長の姜琪東さんたちの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会賞2019賞状賞品など

まだ先のことながら、2019年9月15日(日)午後、学士会館で開催中の、 創立20周年記念 第10回世界俳句協会大会 https://banyahaiku.at.webry.info/201903/article_32.html で与えられる、世界俳句協会賞2019の賞状と賞品を用意した。 http://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会功労賞2019 石倉秀樹さんへ

2019年4月29日の、第14回世界俳句協会日本総会の席上で、石倉秀樹さんに、 世界俳句協会功労賞 を授与することに。審査員は夏石番矢と清水国治。賞状など作成した。 石倉さんは、漢詩人で、日中間交流、翻訳、大会運営などに、多大な貢献をされた。 石倉さんの好きな夏石の俳句を俳画風に書く。 千年の留守に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊・夏石番矢賞2019内定 川口信行さんへ

国際俳句季刊誌「吟遊」の誌面、昨年夏から今年春までの1年間の発表作を対象とする、吟遊・夏石番矢賞2019の授賞者が内定した。 富山県富山市在住の吟遊同人、1969年生まれの川口信行さん。鎌倉佐弓も同意。授賞式は、今夏の第22回吟遊同人総会席上(7月28日、新宿、パイラスクラブ)。誌面では「吟遊」第83号(2019年7月20日刊行予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネパール俳句名誉賞2018を受ける

さる9月30日(日)、東京・百人町のネパール村ホールで開催の、 International Nepal Haiku Convention 2018 で、Nepalese Haiku Honor 2018 (ネパール俳句名誉賞2018)を与えられる。その賞状。 まさしく望外の名誉であり、賞金はない。 参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麿赤兒さん山頭火賞受賞

20189月13日(木)午後、山の上ホテルで開かれた春陽堂書店主催の、 第1回種田山頭火賞授賞式・懇親会 に出席。 受賞者は暗黒舞踏の麿赤兒(まろ・あかじ)さん。 授賞式全部と懇親会冒頭に、鎌倉佐弓とともに顔を出す。 俳人に対してではなく、山頭火の「生きざまを彷彿とさせる人を現代に探し顕彰す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊俳句賞2018 徳弘純全句集『城』

Ginyu Haiku Prize 2018/吟遊俳句賞2018 徳弘 純(日本)/Jun Tokuhiro (Japan) 1943年高知県生まれ。1958年~1962年俳句集団「風」入会。1972年鈴木六林男に師事し、「花曜」入会。1974年第3回花曜賞、1976年第5回花曜賞受賞。2004年鈴木六林男死去、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊・夏石番矢賞二〇一八 鈴木伸一

吟遊・夏石番矢賞二〇一八 Ginyu Ban’ya Natsuishi Prize 2018 鈴木伸一 Shin’ichi Suzuki 略歴 一九五七年、群馬県前橋市生れ。國學院大學文学部卒。十代の終わりに俳句を始め、結社に十五年ほど所属するも、閉鎖的ムラ社会に嫌気が差して退会。以後、同人誌のみを活動の場とする。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吟遊2賞の賞状墨書

吟遊俳句賞2018、吟遊・夏石番矢賞2018の賞状を墨書した。 いつもながら下手だと思う。公明正大で、ゆがみのない楷書は難しい。しかし、手作りの賞を目指しているので、こういう賞状でも授賞者に差し上げたい。 賞状に賞品(賞金を除く) 墨書した賞金袋 参照 吟遊俳句賞 http://g…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊2賞決定!!!

2018年の吟遊2賞が下記のとおり決定する。 吟遊俳句賞2018  授賞 徳弘純全句集『城』(編集工房ノア、2018年7月) 芯のある句集、徳弘純全句集『城』 https://banyahaiku.at.webry.info/201806/article_22.html 吟遊・夏石番矢賞2018 授賞 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

株式会社文學の森 創立15周年祝賀会出席

2018年5月14日(月)午後からの、 東京・新宿 京王プラザホテル開催の、 株式会社文學の森 創立15周年祝賀会 および 各賞贈賞式 に出席。 着席のパーティーで、左隣は、長嶺千晶さん。同じテーブルで、ひさしぶりに、林桂さん。 文學の森社会長、姜琪東さんとも名刺交換。はじめてことばを交わ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

芳賀徹先生の日本藝術院賞・恩賜賞をお祝いする会

2018年5月12日(土)午後6時~8時半、東京のアルカディア市ヶ谷にて、 芳賀徹先生の日本藝術院賞・恩賜賞をお祝いする会 東大大学院の修士論文指導教官、仲人である先生の受賞祝賀会は、鎌倉佐弓とともに出席。 私の修士論文は、本名の乾昌幸「短詩型の比較文学路論―日本の俳句と20世紀西洋の詩」。 先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢受賞歴 更新版

夏石番矢受賞歴 1963年 第8回兵庫県小中学生習字コンクールで推薦  http://banyahaiku.at.webry.info/201212/article_33.html 1967年 第8回姫路教育書道会書初展入選 http://banyahaiku.at.webr…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

明大で永年勤続者表彰

1月31日(水)正午過ぎ、乾昌幸として、明治大学で30年勤続者として表彰された。 明治大学駿河台キャンパスへ向かう  東武東上線鶴瀬駅にて 明治大学駿河台キャンパス 岸本辰雄記念ホールにて 表彰状 表彰式への案内状 定年まで8年。40年勤続者にはなれない。   この三十年は何メートルの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル文学賞は冗談

ノーベル文学賞は、冗談になった。いつからかと言えば 最初から。 第1回、1901年の受章者。 Sully Prudhomme http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/1901/prudhomme-facts.html 忘れられた文学者。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第72号校了!

「吟遊」第72号(2016年10月20日、吟遊社)校了! ひさしぶりで100ページを超える。 その表紙の三校 1 アラビア俳句 2 吟遊俳句賞2016と吟遊・夏石番矢賞2016誌上発表 3 多言語俳句 夏石番矢「砂漠の劇場」 が目玉。 参照 吟遊 http://ginyu-haiku.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹三樹彦さんの色紙さらに1枚

吟遊俳句賞2016受章者の一人、伊丹三樹彦さんから、さらに1枚お礼の色紙をいただいた。これは、表彰式に代理出席してくださった娘さんの伊丹啓子さんが編集部にいらっしゃる沖積舎から代送で到来。 神棚の下の棚に飾らせてもらった。 Ginyu Haiku Prize 2016 http://ginyu-haiku.com/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹三樹彦さんからお礼の色紙

吟遊俳句賞2016受章者の一人、伊丹三樹彦さんからお礼の色紙をいただいた。 「冨士七唱」と題された俳句色紙。裏に、鉛筆で、 2003、11、21 吐月峰 柴屋寺にて のメモが記されている。 早速、神棚の下の棚に飾る。   富士山七つあったら私が七人いたら平和か  夏石番矢 参照 吟遊俳句…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第19回吟遊同人総会アルバム

2016年8月27日(土)、板橋区立グリーンホール開催の、 第19回吟遊同人総会(+吟遊懇親会)アルバム をアップしてみた。写真の撮影は、山本一太朗さんとこのホールの職員Xさん。 http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/200802900ab8b7b9f06801f1142ffa…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more