テーマ:食べ物

えごま油の効果

えごま油を毎食のサラダに少量かけてみて、体重が増えない効果が明確にあるとわかる。 しかし代謝がよくなるせいか、体重が減って、3食以外に栄養補給が必要になる。   体内で燃える油は夢の元 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月見饅頭と中秋の名月

10月1日(木)は中秋の名月。妻が月見饅頭を買ってきた。 よく見ると、この兎は、半球形に感嘆符二つだけでできている。   感嘆符二つ饅頭に押し名月を待つ   感嘆符二つ兎を生んで火星と満月 夏石番矢 2日(金)になってからの満月の写真。左横(東)に大きな星一つ。大接近中の火星とか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道産の蛸の足

9月21日(月)、池袋元力堂へ通うついでに、東武百貨店池袋店に寄り、「ぐるめぐり 秋の大北海道展」で、蛸の足を買った。 おいしそうで、妻と二人の夕食では食べきれない分量。 21日の晩御飯から食べ始めて、22日(火)の夕食で食べ終わる。新鮮な蛸には、甘みがある。   蛸の大足萎えたわれらの心を開く 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城から立派な梨

今年も茨城の姻族から、立派な梨を箱でいただく。 力強さを外見から感じさせる梨だ。 砂糖や水あめの入った氷菓や菓子にはない健全さがある。  ここに並び置かれた梨の実大地の拳 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイスの実を愛す

この異様に暑い夏の数少ない楽しみ。「アイスの実」という名の氷菓を食べること。1袋に各種果汁入りの12個の球体ジェラート12個が詰められている。 最も実物の果実に似ているのは「巨峰」。パッケージの写真と違って中は黄色くない。 果汁が55パーセント。 このシリーズ初の果肉入りは「大人の苺」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館からのケーキ

函館在住の世界俳句協会新会員のSさんから、チーズケーキが届く。 三種類のプチケーキ。 1 チーズオムレット 2 抹茶オムレット 3 蒸し焼きショコラ 北海道の上質な牛乳が原料だから、豊かな風味が楽しめた。 チーズケーキ王妃のおもかげうっすらと 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中性脂肪の謎

血液検査の結果、ここ数か月、中性脂肪が高い。血糖値は落ち着いている。コレステロールも正常値。 杜仲茶やギャバ茶を飲んでも下がらない。緑茶の方がいいかもしれない。 思い当たる原因。 1 運動不足 Stay home!だからしかたない。 2 のと飴。ノンシュガーと明記してあっても、水飴が入っている。 1は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後1年5か月の血液検査結果

12月16日(月)朝、IMS富士見総合病院へ、手術後1年5か月の血液検査と診断を受けに行く。 癌の再発なし。中性脂肪以外ほぼ問題なし。貧血も改善。血糖値も先月以来、基準値内を維持。 中性脂肪を減らすには、炭水化物を減らすしかない。少し多めにご飯を食べ、梯子から2度10月に落ちて足を痛めて、運動不足だった。 体重はそれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淳心学院同期生が来年TV出演

淳心学院第15回生の同期の安原和幸さん、安原伶香さん親子が、2020年2月11日のTV番組「ガイアの夜明け」に出演予定とのメールが入る。 このブログでも記事に書いた、竜野城下の和菓子の老舗、大三萬年堂の12代目と13代目がこの親子。 同級生の和菓子 https://banyahaiku.at.webry.info/2010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べ物と笑顔

2019年4月末日、東京・神田小川町3-11木村ビル1F、気生根(きふね)にてのわが笑顔。 くたびれて眉間に皺が入っているが、この店で、夕食にほんとうにおいしい人参や野菜を食べたので、警戒心のない笑顔になっている。 私は正直だ。 ちなみに、この店のオーナー大塩安津子さんは、あの大塩平八郎の子孫。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりで一駅間散歩

風邪気味ながら、ひさしぶりで東武東上線鶴瀬駅とみずほ台駅間を歩く。 前回いつ歩いたか記憶にない。 駅前の散髪屋さんが消え、妻が1996年に入院したみずほ台病院が大きくなっていた。 時は流れた。 散髪屋さんがあった近くで天ぷらそばを食べる。客は私一人。   朝の坂道に影法師置いてきて一人  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡検査異状なし

1月15日(火)は3色特別食、16日(水)朝と昼絶食で経口下剤を2L飲み、午後2時から大腸内視鏡検査で異状なし。腸内は無数の赤い門からできている。 かなり緊張したがほっとした。 空腹時に嗅覚が鋭くなること。食べ物の俳句を読むと、やはり空腹感が強くなることがわかった。   数えきれない赤い門あり我存在す   赤い門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のイカ刺

マーレ旭丸のネットで注文した烏賊の刺身が届いた。冷凍の烏賊3枚。 解凍して夕食にいただく。臭みがなく、まっとうな風味。厳しい自然のなかのおおらかさを味わう。   罪びとへすべてを差し出す烏賊の白  夏石番矢 参照 北海道のするめ https://banyahaiku.at.webry.info/201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のするめ

東武百貨店池袋店8階開催の「冬の大北海道展」でするめを買う。 陳列してあった他のするめと色が違う。淡いべっ甲色。値段も少し高い。蟹のむき身も買いたかったが、ボーナスの手取りが10万円減ったので我慢する。 「いいものですよ。お酒か水で濡らしてあぶるとさらにおいしい」と、売っていたマーレ旭丸のおばさんが教えてくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅ゼリーの豊かさ

神戸のK・Yさんから、近江八幡の和菓子屋たねや製の完熟梅ゼリーを贈っていただいた。誕生日とたまたま重なったが、これは吟遊俳句ギャラリーへの投句を、夏石番矢俳句大学個人レッスンへの投句と勘違いして、全句添削し、コメントしたことへのお礼。 この梅ゼりー、プラスチックでなく、ガラスの小瓶に詰められている。風味が、自然の豊かさを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐文旦

吟遊同人M・Nさんから、地元名産の土佐文旦が1箱届く。 早速、一個賞味し、お礼のはがきを書く。   ゆったりと激しき恋か土佐文旦  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西陣の米菓子

京都・西陣の米菓子屋、宗禅から2種類の商品を注文し、賞味する。 チョコあられ 金襴 暦あられ 綴(つづれ) とくに金襴がいい。ベルギー製のチョコレートの殻の中核にあられが入っていて、味と触感の変化がこころよい。金粉がまぶしてあって、豪華な気分も。 綴れは12種類のあられを12か月に配した詰め合わせ。味の違…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歯の検査

2月29日(月)午後3時半~5時まで、南浦和の西村歯科クリニックで、歯の検査と、予防措置。 ほぼ毎食後の歯の手入れのおかげで、虫歯に進行がみられず一安心。外食しても、会計の前にトイレで歯の手入れをしていた。鞄には歯磨きセットがいつも入れてある。 次の検診は、6月末。   歯の根の股を磨くを晩年というか 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛媛から甘平

愛媛県のたかはししずみさんから、新種の蜜柑、甘平を送っていただいた。 昨秋から、お腹がゆるかったので、蜜柑類は食べていなかったが、ひさしぶりで1個食べる。 皮が薄い。余り酸っぱくもなく、甘すぎもしない。汁でべたべたしない。 食後、お腹の調子に変化はなかった。 しずみさんによると、愛媛ではちかごろ甘平が流行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯の応急措置

11月30日(土)午後、折れた歯の治療に、南浦和の西村歯科クリニックへ行く。 応急措置を30分で。本格的治療は1月6日から。 神経は抜かずに治療ができるとのことで、不幸中の幸い。 亀田製菓のおかきを食べて歯が折れたので、もう堅い食べ物は控えなければならない。   歯が欠けて電車に乗り込み夕日を浴びる  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶどう大福

11月1日(金)、今日は明大祭のため、休講。朝霞での鍼治療ののち、朝霞駅の富久屋で「ぶどう大福」二個買う。帰宅後、妻と賞味。種無しマスカット2個が白あんで包まれ、全体にくどくないおいしさ。 季節限定の和菓子。去年は見かけなかったか、気付かなかった。 野葡萄酒も、ネットで注文した。これも届くのが楽しみ。   葡萄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やっちゃ場」跡

9月24日午後、アース製薬本社を訪問する前、神田須田町、神田司町、神田多町を歩く。このあたりが、江戸時代からの神田市場跡地と知る。おいしい食べ物屋やいまも多いのは、この神田市場の名残。また、青物市場を、「やっちゃ場」と呼ぶことも、あとから知る。「やっちゃ」という掛け声が語源とか。「やっちゃ場育ち」というのは、独特の意味がある。 や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫歯治療としらすせんべい

7月29日(水)朝、二日前の27日(月)に見つかった、左下の奥歯の頬側根元の治療を、南浦和の西村歯科クリニックで受ける。カリエスが深くなくて助かった。この半年のストレスの結果だろう。でも、この程度ですんでよかった。 妻が買っておいてくれた、「しらすせんべい」を、この夜食べる。カルシウム補給。 金沢市湊4丁目56の、株…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

夫婦でカラオケそして寿司孝

「吟遊」第42号を、鎌倉佐弓が七月堂に入稿し、私も「吟遊俳句ギャラリー42」をメールし、娘のW大学入学が確定し、ほっとしている。来週の相生、姫路、大阪行きの前に、夫婦でカラオケ。歩いて15分の「自遊空間」へ行く。 カラオケで、はじめて北島三郎の「帰ろかな」に挑戦。前半がむずかしい。民謡調、これが意外に微妙な変化のメロディー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あんこ」と「うんこ」

子どものころ、あんこがどうして嫌いだったのか? こうブログに書きました。 木曽のほうば巻 田口さんから http://banyahaiku.at.webry.info/200705/article_40.html それで、少し思い出したことがあります。 そうです。実は「あんこ」と「うんこ」が似ていると、子どものころ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

木曽のほうば巻 田口さんから

松本市の俳人、田口弥生さんから、 木曽のほうば巻 が届き、飯島晴子の俳句鑑賞を書きながら、合間に賞味させてもらっている。 田口さんの親戚が、木曽福島で作っているもの。 大きな朴の葉っぱのなかに、柏餅のような菓子が入っている。あんこは、ぼどよい甘さ。葉っぱの匂いがしみこんでいる。おいしくいただく。 …
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more