テーマ:大阪

倉橋健一『人がたり外伝 大阪人物往来』

倉橋健一さんから新著『人がたり外伝 大阪人物往来』(澪標、本体価格2000円)をいただく。季刊タウン誌「おおさかの街」(発行・主筆:斎藤浩)に、1992年から休刊の2009年にかけて連載した、文学者を中心とする文化人と大阪とのかかわりを書いた43篇のエッセイをまとめた一冊。 短い文章ながら、各文化人の作品、活動、生活に及ぼす大阪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪・天満で買った信楽焼

2019年7月6日(土)夜、大阪・天満のお茶屋さんで買った信楽焼。 普段使いの湯呑みとして使い始めて、なじんできた。この微妙な白色がいい。   その白に百色隠れ茶碗となる  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年ぶりの通天閣

2019年7月7日(日)夜、星田妙見宮七夕祭参加を終えて、JR星田から通天閣へ向かう。場所がよくわからないので、鶴橋まで来てタクシーで西へ。 七夕祭りに、第1回星の俳句コンテスト入賞者の高校生の教え子とともに、表彰式に出席してくれた今野和代さんのお誘い。 10年前に通天閣真下の店、今野さんが開いた詩と俳句の朗読「声の架橋」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪で何度もアラーム!!!

5月28日(土)、雨降るなか、大阪・中津での国際イベントに、鎌倉佐弓と、ゲストとして出席。そののち、人出の多い梅田の飲食店で二次会。イベントで朗読した白石かずこさんと、はじめてじっくりお話する。これは別記事に。 ところで、二次会終了後、道頓堀見物を佐弓にさせようとして、タクシーに乗って御堂筋を南下すると、線量計のアラーが鳴る。それ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪へ

5月28日(土)から29日(日)は、ある所用で、鎌倉佐弓とともに、大阪にいます。避難ではありません。駐ブラジル・クロアチア大使の、ドラゴ・シュタンブクさんにも、ひさしぶりでお会いできます。     大阪も放射能の雨やけど道端で一服できるで  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千日前でダイヤを買う!

曾祖父、乾市太郎は、昭和のはじめ、大阪の千日前で、交通事故死した。神戸の三宮に、土地と貸家を持っている資産家だった。 これまで、大阪を避けていたのにはいくつか理由があるが、曾祖父の交通事故死もその一つだろう。 1月18日(日)の夜、はじめて千日前を一人で歩いた。にぎやかで、人だかりしている一角があった。そばによってみると、宝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more