真鍋大覚『儺の國の星拾遺』読み始める

伝説的な単行本、真鍋大覚『儺の國の星拾遺』(那珂川町、1985年3月30日)を、九州のK大学図書館からM大学図書館へ取り寄せ、読み始める。

IMG_6455.JPG

項目になっている星とは直接関係ない話が多いのは、同じ著者の『儺の國の星』と変わりはない。

日、月、星を神としていた、様々な西からの渡来人の信仰から、月や星の影を薄くして、日へと集約したのが、姜族である藤原氏による延喜式だ
というのが著者の主張。

高皇産霊神と同一視される高木神は、アンドロメダ大星雲。古代にはもっと大きな星があったとする。

それでは神皇産霊神は、何だろうか? その答えは、この本にはないが、おしろい言い伝えも書かれているだろう。

  星々を消して人々蛍光す  夏石番矢


参照
真鍋大覚『儺の國の星』を読み切る
https://banyahaiku.at.webry.info/201909/article_29.html













































































"真鍋大覚『儺の國の星拾遺』読み始める" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。