散歩の小発見33 キリシタン灯篭

散歩の途中、ある造園業者の庭先で見つけたキリシタン灯篭。

IMG_7206.JPG

IMG_7207.JPG

織部灯篭とも呼ばれる種類だが、「竿」に特徴がある。

L h qを右に90度回転させて刻んであり、かすかに十字架型。さらに竿の下部にあいまいな人間の像。

L h qも、何の略号か諸説がある。

ヘブライ語であるとして、右から読み、母音を加えて、Qahal(宗教の集会)だとか、
FILIと判読して、神に捧ぐの意味とか、その他の説も。

東京の神田明神か湯島神社近くで、同じ種類のキリシタン灯篭を見たことがある。

今回見かけたのは、古くからのものではなく、新造品。富士見市近辺にキリシタンがいたわけではないだろう。

  もろびとこぞりてマスク石灯籠は十字架 夏石番矢


参照
散歩の小発見32 松の幹
https://banyahaiku.at.webry.info/202010/article_24.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック