植木剪定

緊急事態宣言発令前の4月6日(月)、自宅玄関脇の2本の木の選定を、富士見市のシルバー人材の2老人にやってもらった。

今年はたくさん花が咲いた八重椿と、いつのまにか幹が太くなったコノテガシワ。

IMG_6688.JPG

コノテガシワは枝分かれした幹の数本をばっさりと切ってもらった。

八重椿も、枝がすっきりと空隙ができた。

両方とも、この家に引っ越してきた1988年からあったから、もう樹齢は32年以上。このほかに、ドウダンツツジが椿の向かって左に植えられていたが、枯れてしまった。窓近くには、ネズミモチガあり、一番生育がよく、二階の窓まで塞ぐまでに至ったので、根元から切ってもらった。

最初のころは、私が剪定していたが、手に負えなくなり、シルバー人材に頼ることになった。元気で明るい年配の方たちがやって来て、きちんと仕事をしてくれる。

この剪定のおかげで、玄関わきの和室の日当たりがよくなった。

  そこに残った二本の木われらより賢い  夏石番矢











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック