第45回創玄現代書展

2019年11月3日(土、祝)、午後2時から3時前まで、東京・銀座のセントラルミュージアム銀座(紙・パルプ会館5階)で開催中の

第45回創玄現代書展

IMG_6424.JPG

を見る。20代の書家水野燕風(本名:敦史)さんが、私の俳句

  家ぬちを濡羽の燕暴れけり

を揮毫、同展の選抜部門に入選し、展示されていた。この句は、第一句集『猟常記』(静地社、1983年)所収。生前、高柳重信がほめてくれた唯一の俳句。

若い書家が注目してくれたのは、うれしいことだ。

その作品
IMG_6423.JPG

水野燕風さんと
IMG_6422.JPG

会場では下まで目線が届かなかったが、「羽」という字がおもしろい変化を見せている。「の」の飛び出し方もいい。「暴」には風格と弾力がある。

最後の「けり」のかすれと力の抜け具合もすばらしい。

こういう変化に富んだ文字のなかで、「燕」が空中浮遊している。

まだ、創立20周年記念第10回世界俳句協会大会開催の疲れが残っている中、楽しいひとときを過ごせた。

  ざわめく文字の風に乗って燕は不滅  夏石番矢



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント