ギャラリー飛鳥 紅山文化展

銀座のギャラリー飛鳥で、

紅山文化展

を観た。

画像


この画廊のオーナー、永田雅之さんのお話は、日本のアカデミズムにはない、実体観と視野の広大さがある。

紅山文化は、日本の縄文時代と同じ時期、いまの内モンゴルに栄えた文化で、むしろ縄文文化に先行するのではないかと思える。

紅山文化
https://ja.wikipedia.org/wiki/紅山文化

画像


縄文では土器であるものが、玉(ぎょく=翡翠)で作られている。上は男のシャーマンか。縄文の遮光器土偶に似ている。

手に持っているのは、楽器だろうか?

画像


この玉製品は、蛇であり、ピラミッドであり、てっぺんに太陽が彫ってある。この四角は、「天円地方」の四角い大地を象徴するようだ。

そして驚いたのが、石の土蜘蛛。とにかく大きくて、重い。南米を連想させるし、日本の先住民「土蜘蛛」にもつながる。

画像


太陽などの天体を彫った玉の板もある。岡本太郎の≪太陽の塔》を連想させる。

画像


恐ろしいのは、隕鉄でできた髑髏。呪詛に使ったのだろう。

画像


下の玉製品に対して、私はある解釈を持っているが、これはここでは書かないことにする。

画像


手のひらのように見えるが、違うだろう。

  七つ星からわれらの胸へ手が届く  夏石番矢












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ギャラリー飛鳥 紅山文化展2

    Excerpt: 紅山文化については、内モンゴル赤峰市近辺で、日本の縄文文化とほぼ同時期に栄えたらしい、ぐらい私には理解できる。 Weblog: Ban'ya racked: 2019-03-18 13:20