芯のある句集、徳弘純全句集『城』

ほんとうにひさしぶりで、芯のある句集、徳弘純全句集『城』(編集工房ノア、2018年7月、本体価格3500円)に出会う。鈴木六林男(すずき・むりお)門下。

徳弘純さんはもう亡くなったと昨秋、神戸で聞いたのだが、ご健在でなにより。徳弘さんとは、1980年代に鈴木六林男さんとご一緒で、ときどき大阪でお会いした。夜を徹してお酒をつきあった。1943年高知生まれ。当時、銀行員だったと記憶する。羽曳野市在住。

画像


第一句集『非某』(1981年)から第六句集『シーラカンスの夢の中へ』まで収録。

『非望』には、次のような秀句が並ぶ。

水を飲むアメリカ人の影のなか

火の拳そらの子宮に霙ふり

萍は犇き昼の酒匂う

夜の旗われのうちなるわれら見ゆ

虹の下オルガンの黒運び来る

巻末の『シーラカンスの夢の中へ』では、このような秀句がある。

使者として発つ一月の闇の中

ひとりみのいつもどこかにいなびかり

蛆として慈悲の西日のただなかに

南(みんなみ)へシーラカンスの夢の中へ


この出版を機に俳句創作をやめられるのではないかと危惧を抱く。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック