元産経新聞論説委員からのメール

元産経新聞論説委員H氏からメールが届いた。私は直接世話になったことはない。論説委員時代会いたいとメールしてきたが、お断りした。

今回のメールは、自費出版の依頼。H氏は現在、東京の某出版社社員。出版不況のさなか「藁にもすがる思いで」私にメールしてきた。

H氏にとって夏石番矢は「藁」なのである。

むろん、自費出版は「なかなかむずかしい」とお返事した。

このブログで、かなり前から述べているように、日本のメディアと出版は、国際的競争力がまったくない。

その二つで仕事をしてきたH氏には、それがわからない。お気の毒だが、自業自得。

  溺れた人に藁と呼ばれてだまるだけ

  紙をインクで汚していれば沼の主 夏石番矢


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック