「未来より」俳句 初出

私の俳句、

  未来より滝を吹き割る風来たる

の初出。「俳句評論」第193号(第24巻第1号、俳句評論社、東京都杉並区天沼3-2-2-701、昭和57=1982年3月10日)

表紙
画像


本文
画像


奥付け
画像


同誌の「同人作品」欄に発表された「新未来学(1)」5句の冒頭に置かれた。これが第2句集『メトロポリティック』(精鋭句集シリーズ6、牧羊社、1985年)に収録された。

夏石番矢句集一覧
http://banyahaiku.at.webry.info/201505/article_33.html

作ったのは、1982年3月ごろまで住んでいた、杉並区宮前の白林荘。

記録が残っていないが、当時出席していた句会、亜の会では、2点ぐらいしか採られず、批評されなかった。また、。「俳句評論」第194号(第24巻第2号、俳句評論社、昭和57=1982年6月10日)の中村苑子「同人作品評 言霊を殺す人語」でも無視された。

当時、周囲にいた俳人たちには、見る目がなかったのだろうか?


参照
夏石番矢「未来の滝」についての記事一覧
http://banyahaiku.at.webry.info/201001/article_19.html




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック