蘇我氏は短歌を詠まなかったか?

このところ、ある原稿を書くため万葉集を読んでいる。

気が付いたことがある。蘇我氏を母に持つ二女帝の持統天皇、元明天皇を別として、蘇我氏が詠んだ歌が万葉集に一首も収録されていない。

記紀でスサノヲが詠んだとされる「八雲立つ」の歌が見当らない。

古代豪族では葛城氏の歌もない。平群氏は二人数首、物部氏は十人の歌。

大伴氏は例外で、とくに最も新しい歌を収録する家持は収録数最多を誇る。家持が撰者かどうか不明ながら。

これは万葉集の編集意図を暗示するのだろうか? 蘇我氏が短歌を詠まなかったわけではないだろう。

  ああ寒い歌を忘れた蘇我入鹿  夏石番矢













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大伴家持の同性愛

    Excerpt: 万葉集を読んでいて気付いたこと。 Weblog: Ban'ya racked: 2017-03-10 00:29
  • 万葉集についての一文

    Excerpt: 万葉集を2回通読し、原稿用紙約10枚の一文「波路のコスモロジー」を書く。 Weblog: Ban'ya racked: 2017-03-20 16:09