藤原定子の和歌についてコメントをテレビ朝日へ

テレビ朝日の「グッド!モーニング」から、

枕草子』二二二段の歌
みな人の花や蝶やと いそぐ日もわがこころをばきみぞ知りける

についてのコメントを求められたので、メールで答える。

この歌には、藤原氏の権力闘争が深く投影している。亡くなった道隆から道長へ権力が移り、清少納言が仕える道隆の娘定子から、道長の娘彰子へ中宮の位が移ったときに、定子が清少納言あて詠んだ。

  燃えず散らぬ透明な花君持つや  夏石番矢







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック