父母について

私の父母はすでに物故者。ともに享年93歳。

このブログ以外に情報がネット上にないので、ここに明記しておきたい。父母について、特に秘するべきこともない。

戦時下の父母結婚式の記念撮影 1944年3月
画像


両親の他界に関する記事へのリンクを下に。

父 
乾萬吉
苦労人だったが、やさしかった。酒と猫が好きだった。

乾家は、神戸市灘区篠原本町が本拠。萬吉も1916年8月神戸市で出生。1944年3月丸山みよ子と結婚し、同年12月神戸市から妻のみよ子の郷里、相生市へ転居し、晩年まで暮らし、2008年から独居、2010年4月同市の播磨病院で死去。二女一男の父。

1955年相生市菅原町の自宅で出生した長男(私)を抱いて

画像


父乾萬吉の他界と帰宅
http://banyahaiku.at.webry.info/201004/article_4.html

  口と肛門あけっぱなしの父光る雨  夏石番矢

  句集『ブラックカード』(砂子屋書房、2012年)

母 
乾みよ子
乾美代子と表記していたようだが、戸籍上は上記。
弱視者で、度の強い眼鏡をかけていた。晩年は失明した。若いころは文学少女だった。歌を歌うのが好きだった。

1918年5月、現在の赤穂市で出生。相生市の旧陸菅原町の丸山家で成長し、1944年3月、乾萬吉と結婚し、短期間神戸市に住むが、同年12月、郷里の相生市へ帰り、夫の萬吉と住み、2008年まで暮らす。その後、相生市の介護施設に入り、2009年からたつの市の病院と介護施設で寝たきりで生存し、2011年12月たつの市で死去。二女一男の母。

撮影年不明。1970年代か? 赤穂市
画像


母の末期の儀
http://banyahaiku.at.webry.info/201112/article_5.html

  肉体を着る母はかなしや雨を苦しむ

  母の遺体の前で崩れる父の靴  夏石番矢

  句集『ブラックカード』(砂子屋書房、2012年)




















  












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック