ガリラヤ湖、オフリッド湖、琵琶湖

ガリラヤ湖、オフリッド湖、琵琶湖の共通性を、このところ考えている。

俳句を詠んでいないのは、琵琶湖。私の句集『楽浪』(1992年)は、琵琶湖と直接の関係はない。けれども、韓国、出雲、熊野、とくに熊野を詠んだ俳句群に対して、「楽浪」というタイトルがなぜか思い浮かんだ。

「楽浪」は日本の詩歌に無縁の地名ではない。古代朝鮮半島楽浪郡起源の「楽浪」を「ささ(ざ)なみ」と読ませて、琵琶湖と関係付けている和歌が、万葉集などにあるのは、楽浪郡とゆかりのある人々が、和歌を詠んでいるからだろう。

楽浪の国つ御神のうらさびて荒れたる都見れば悲しも  高市連黒人

画像


7月8日(月)、この都、大津宮跡を、猛暑のなか歩いた。「荒れたる都」ではなくて、地下に埋もれた都の上を歩いた。

1泊したホテルで、「びわこ虫」に注意との掲示があった。新種の小型羽虫のようだが、見かけなかった。

いまようやく、「琵琶湖」を詠み込んだ次の俳句を作った。

  都のかけらを琵琶湖は羽虫にするらしい  夏石番矢


参照
大津へ
http://banyahaiku.at.webry.info/201307/article_12.html

瀬田の唐橋へ 数寄和で揮毫
http://banyahaiku.at.webry.info/201307/article_13.html



















 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新落款で色紙

    Excerpt: 数寄和大津の麻田有代さんが、京都・伏見の職人さんに依頼して生まれた3つの新落款のうち、一つを使った色紙を誕生日の夜書いた。 Weblog: Ban'ya racked: 2014-07-04 00:51