星野英紀『巡礼』を読む

姫路・神戸から帰宅して、風邪で全身がだるい。外出せず、布団に入りながら読書。これまで読んでいなかった、星野英紀『巡礼』(講談社現代新書、1981年)を読んだ。すでに絶版になっているだろう1冊。

巡礼が巡礼を経験した人間に何をもたらすのか? ここのところが、突っ込み不足。

より包括的な世界観が、巡礼によって生まれることがあるはず。

『地球巡礼』(立風書房、1998年)という句集を出版し、この句集のスロヴェニア版、イタリア版が世に出た著者としても、「巡礼」は、知識の上の絵空事ではなく、現在ただ今の課題でもある。

  闇深し彗星仰ぐ巡礼ここにも  夏石番矢














聖地巡礼ツーリズム [ 星野英紀 ]
楽天ブックス
星野英紀 山中弘 弘文堂発行年月:2012年11月 ページ数:263p サイズ:単行本 ISBN:9

楽天市場 by 聖地巡礼ツーリズム [ 星野英紀 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック