俳ラ17 その5

俳ラ17の大トリは、ご存じ、ギネマ。私はつい最近まで、ネギマだと勘違いしていた。高知県出身、本職はデュオの演奏家。

今回の朗読タイトルは、「実録母子草」。芸能系俳句朗読の女王は、赤い傘を差し、花道から鈴をかすかに鳴らして登場。

    母さんがお面を煮ている  ギネマ

画像


いささか強烈なギャグ俳句もある。

    肛門に母さんがこびりつく  ギネマ

泣かせる句もある。

    夢で尚握れぬ手と手の母子草  ギネマ

画像


自由律俳句とアングラ劇の見事な合体が、ギネマの個性によって楽しめる。大トリだけの価値はある。

実は、私もギネマも、2010年、郷里で肉親を失ったが、それも俳句作品と俳句朗読の肥やしとできたかもしれない。

    母を失って短い俳句ができる

    父を失って長い俳句ができる  夏石番矢

こののち、全員舞台に登って、ご挨拶。充実感を味わう。

画像


    天と地に花を撒き俳ラララまた来年  夏石番矢


参照
俳ラ17 その4
http://banyahaiku.at.webry.info/201010/article_18.html

俳ラ17 その3
http://banyahaiku.at.webry.info/201009/article_43.html

俳ラ17 その2
http://banyahaiku.at.webry.info/201010/article_15.html

俳ラ17 その1
http://banyahaiku.at.webry.info/201010/article_13.html









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ダイハード
2010年10月16日 12:11
みごと大団円!おつかれさまでした。
サムライなる空間もさることながらギネマ。彼女の異質性はソコを突破して、最早「新宿」という街の底知れなさを体現しているよに思われ・・・・田舎者のワタクシの目には。

 狸穴underground 残響の言語ゲゲゲのゲ ダイハード
 
 掃いて捨つるほどの句をレレレのレ~  ダイハード
2010年10月17日 00:54
いまの若者は、お金がなくてお気の毒。勇気もないかい、ダイハード君?
ダイハード
2010年10月17日 18:00
手前味噌ながらワタクシ、ギネマほどの狂気はないが葛原りょうていどの衒気はあるし、何なら次回の「俳ラ」飛び入る元気も勇気も持ち合わせがあるのですが・・・・哀しいかな「カネ」がない(涙)眼光紙背の夏石先生に恐れ入るばかりです。

虎口を窺うポケットには祖母の金歯と流星 ダイハード
2010年10月18日 00:02
いまの日本、貧乏神にたたられている。金運を祈る、ダイハード君!
ダイハード
2010年10月18日 21:35
>金運を祈る。
桃太郎には犬猿雉が、三蔵法師にゃ猿豚河童でした。
不肖・ワタクシもしっかり小金を貯めたアカツキには、先生にお供して、北欧、東欧諸国、バルト海三国へ行く気マンマンなのであります!今しばらく(^^;)

PS>金子兜太氏が「文春」菊池寛賞受賞だそうです・・・・

この記事へのトラックバック

  • 第18回EU・ジャパンフェスト公式報告書

    Excerpt: 第18回EU・ジャパンフェスト公式報告書が、EU・ジャパンフェスト日本委員会から送られてきた。2010年度の世界俳句協会の活動に対して、助成を得、その報告を、鎌倉佐弓が書いている。 Weblog: Ban'ya racked: 2011-05-20 07:56