千日前でダイヤを買う!

曾祖父、乾市太郎は、昭和のはじめ、大阪の千日前で、交通事故死した。神戸の三宮に、土地と貸家を持っている資産家だった。

これまで、大阪を避けていたのにはいくつか理由があるが、曾祖父の交通事故死もその一つだろう。

1月18日(日)の夜、はじめて千日前を一人で歩いた。にぎやかで、人だかりしている一角があった。そばによってみると、宝石店の閉店在庫一掃セール。午後8時を過ぎると、2台のショーケースに並べてある宝石貴金属アクセサリー約50点が、どれも1000円!!!

目の色変えて、ルビーやプラチナを買っている人たち。私もつられて、一番隅に置いてある、ダイヤのペンダントを1点買ってみた。

さて、ほんものだろうか?

    千日前でダイヤを買って帰ればしぐれ  夏石番矢 







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 曾祖父は千日前で交通事故死

    Excerpt: 大阪の千日前で、曾祖父乾市太郎は、交通事故で死んだ。1929年(昭和4年)10月19日。その示談金も仲介者にだまし取られた。乾家はこういう、お人よし一家。 Weblog: Ban'ya racked: 2010-11-14 18:24