『古事記』ノート(7) 神代七代3

『古事記』の神代七代の、角杙神(つのぐいのかみ)と妹活杙神(いも・いくぐいのかみ)は、どのような神々だろうか。

それまでの神々が、船からの陸の視界と、上陸地点を暗示するのなら、ここからは、上陸後の神々となるのは、予想できる。

結論を言えば、上陸後の人々の生活圏と、それを取り巻く外界との境に位置する神々が、この二神ではないか?

角杙(つのぐい)は、先端のとがった杭を、境界に立てたもの。活杙(いくぐい)は、生きている樹木を、境界の杭としたもの。海岸、川岸、田の畦をはじめとして、内陸部の境界にも、これらの神々は必要とされただろう。

人間の世界を、人間をおびやかす外界から守る神々であり、これらも対偶神でなくてもよいだろう。

    雨雲や杭のうしろぞ恐ろしき  夏石番矢


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック