マネの猫

フランス印象派の画家、エドゥアール・マネ (Edouard Manet 1832-83) にも、他の印象派と同様に、葛飾北斎や歌川国芳などの影響があるが、このところマネの絵の猫が気になっている。

まだ実物を見ていないが、マネを有名にした≪オランピア≫(1863年)の片隅に、黒猫が描かれている。この黒猫は、写真では目立たない。

画像


画面の中心のヌードの白人女性を目立たせるように、黒人女性そして黒猫が配置されている。黒人女性はしっかり描かれているが、右下の黒猫はいささか存在感が希薄。目が死んでいる。

この手抜きに見える猫の描き方は、どうしてだろうか。いささか腑に落ちない。

これは、≪スペイン風の衣装をつけて横たわる若い女≫(1862年)でも同じ。

画像


右下で、オレンジとたわむれている猫には、いまひとつ生気が足りない。

1862年から63年にかけてのマネには、人間を描く力は豊かにあったが、猫を描く力が乏しかったのだろうか。

    画家よベッド下の猫は爆弾  夏石番矢






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 葛飾北斎

    Excerpt: 葛飾北斎 プロフィール検索 動画検索 画像検索 Weblog: いま人気のコトバとは? racked: 2007-07-12 21:39