「俳句研究」休刊!

「俳句研究」2007年7月号に、ひさしぶりに俳句「五十人の空飛ぶ法王」を発表したが、このほど同誌は、本年9月号で休刊との知らせが来た。

私は俳句総合誌というものの無意味さ、低レベルの政治性を、当時の「俳句研究」編集長、高柳重信急逝直前の、1983年ごろから感じていた。このころは、角川春樹の俳壇制覇欲が旺盛だった。

また近年は、英訳、仏訳などの翻訳がない俳句や散文の発表がほとんど無意味であることも知っていたので、とくに「俳句研究」休刊に衝撃を感じない。「やはり」というのが正直な感想。

今年は大変動の年だと予告したとおり、「俳句朝日」についで、「俳句研究」も休刊になった。この可能性は、妻の鎌倉佐弓にもかなり前から明言していた。

俳句が世界に広まった現在、日本人のうしろ向きの自己満足しかできない俳句総合誌、しかも意味のない雑文や駄句を日本語だけでしか掲載できない雑誌は、その存在理由をまったく失っている。

今後、角川学芸出版の「俳句」などの雑誌も、少しも生産的企画を立てられないようなので、休刊になる可能性も大きいだろうし、その存続の意義はとっくに消滅している。

編集者が、時代状況を全然読めなくなっている。俳句の世界化にも取り残されて、「季語」だの、「歳時記」だの、表面的テクニック伝授だので、読者を呼べると錯覚している愚かさ。

国内は人口減と収入減という厳しい状況、国際社会では俳句の発祥地としての責任を果たしながら、これまでの甘えは捨て、自立した表現者であることが、日本の俳人ひとりひとりに改めて求められている。

    空梅雨やバベルの塔は消えてゆく  夏石番矢

参照
句会や俳句結社の不毛
http://banyahaiku.at.webry.info/200610/article_14.html
異常気象と風邪と世の中
http://banyahaiku.at.webry.info/200706/article_3.html
新作「五十人の空飛ぶ法王」一挙掲載!
http://banyahaiku.at.webry.info/200705/article_22.html





この記事へのコメント

三毛猫
2007年06月30日 10:58
富士見書房からの「俳句研究」は、ほんとにつまらない雑誌でしたね。その他の総合誌も、つまらないので買いませんでした。

この記事へのトラックバック