アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ノーベル賞」のブログ記事

みんなの「ノーベル賞」ブログ

タイトル 日 時
ノーベル文学賞についての感想
国内外の賞の大半は、一人でも選考委員に反対者がいると授賞が決まらないそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/09 00:00
ノーベル文学賞の裏
ノーベル文学賞について、2つ耳に入った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 00:00
ブログ開設7周年!!!
10月14日で、ブログBan'ya開設7周年となる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 09:56
村上春樹で空騒ぎはやめろ!!!
村上春樹という男に、知性のかけらを感じない。すべて中途半端な男。こいつがノーベル文学賞をもらおうともらうまいと無関心。ただ、この男が日本文学の代表者として扱われることは、馬鹿馬鹿しさの骨頂。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/12 00:00
ノーベル賞という「茶番」
私が「茶番」という皮肉を発したのは、約30年前の俳人(?)角川春樹の登場と彼への追従者に対してだったが、今年のノーベル賞は、「茶番」以下。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/10/14 12:22
「吟遊」第56号校了!!!
「吟遊」第56号校了!!! 編集が遅れていた「吟遊」第56号(2012年10月20日刊、吟遊社、富士見市)が、10月12日(金)夕方、校了となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/13 07:09
第8回自由律俳句会の深川へ
11月23日(水、祝日)、深川へ。午後1時から開催の第八回東京自由律俳句会へ。会場は、江東区芭蕉記念館・分館。このあたりが、最初の芭蕉庵があった場所らしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/23 21:49
ノーベル財団事務局長と話す
ノーベル財団事務局長と話す 11月1日(火)午後6時から、在日スウェーデン大使館での、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/11/02 08:00
ノーベル賞受賞詩人との写真
ノーベル賞受賞詩人との写真 今年のノーベル文学賞受賞詩人との写真。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/08 00:00
ノーベル文学賞候補の俳句
ノーベル文学賞候補の俳句 ノーベル賞の発表の季節。理系の部門、化学賞で、今年も日本人受賞者が出た。まずは、めでたし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/10/07 00:00
ヨーロッパ詩人・俳人の参加を断る DPF/WHAC5 2009
ドルスキニンカイ詩の秋と第5回世界俳句協会大会2009 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/23 01:39
カジミーロと美智子皇后
2005年12月14日、在日スウェーデン大使館でのチカダ賞授賞式に、ポルトガルの詩人、カジミーロ・ド・ブリトー (Casimiro de Brito) を連れて行った。彼も、ちょうど来日中だったからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/13 00:01
詩人M・Oの国際的害毒
文化勲章をもらった詩人M・Oの狭量は、国内的な害毒のみならず、国際的害毒ともなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/01/31 00:01
「百万本のバラ」の原詩作者と「空飛ぶ法王」
「百万本のバラ」の原詩作者と「空飛ぶ法王」 「百万本のバラ」は、加藤登紀子のヒット曲。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 16 / コメント 11

2007/01/10 00:01
ノーベル文学賞のこと 熊野・中上健次の思い出(補遺)
ノーベル文学賞のこと 熊野・中上健次の思い出(補遺) いま、熊野大学には、中上健次が生きていたら、決して来れなかったような顔ぶれも来ている。中上健次亡きあと、熊野大学の運営に、関係者が苦労されているとはいえ、もう中上健次が生きていたときの熊野大学ではないことも、事実である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/11/06 00:04

トップへ | みんなの「ノーベル賞」ブログ

Ban'ya ノーベル賞のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる