Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 片埜神社

<<   作成日時 : 2018/04/16 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年3月26日(月)、前日の国際シンポが終わり、JR茨木駅近くのホテルに逗留しながら、北河内の神社を巡る。

京阪本線牧野駅で降りて、徒歩で、

片埜神社

に到着。京阪本線はなつかしい感じのする私鉄。関西の一時代前のモダンさ、あるいはひなびたみやびとでも言おうか。

その門前に意外な歴史的な墓があり驚くが、これについては別記事で。

古代の淀川左岸(南岸)、あるいはさらに古くは大阪湾の南東岸は、交野ヶ原と呼ばれている。

この「交」(かた)は、

潟、片に通じるだろう。現在の生駒山系近くまで、海、あるいは川が迫り、低湿地とわずかな平地が南西から北東へ細々と伸びていた。

画像


交野ヶ原のほぼ東北端に、片埜神社はある。



この南西の丘に、百済王神社がある。

さまざまな妙雲(3)百済王神社
http://banyahaiku.at.webry.info/201804/article_6.html

片埜神社の北東には、継体天皇の宮殿のあった樟葉がある(ここはまだ訪れていない)。

現在の片埜神社は、四方を築地塀に囲まれ、立派な南門と東門のある風格ある神社。これは大坂城の鬼門(東北)にあたるので、豊臣氏が厚く祀ったためらしい。

築地
画像


東門
画像


鳥居と南門
画像


本殿は、豊臣秀頼の命により建てられ、華奢な優雅さが漂う。

画像


主祭神は、出雲系の土師氏の祖神スサノオ。もっと違う来歴が、このあたりにある気がする。

  角ある人が角ある風を追う岸部  夏石番矢





























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
片埜神社 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる