Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 向上心のない日本人

<<   作成日時 : 2017/06/22 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

国政のトップが日本語ができない。それもとんでもなく日本語ができない。こういうトップの政権下、国公立大学の文学部が縮小もしくは消滅しようとしている。

日本人の言語能力が、根幹から崩壊しようとしている。

また、大多数の日本人がスマホ中毒もしくは、スマホ奴隷になっている。ケイタイも、スマホもこれに束縛されている人に、人間としての成長や進化はない。

基本的な言語能力と思考能力を持たない人には、停滞と退歩と堕落があるだけだ。

国政の最高責任者が、自分の過ちを過ちと認識できない事態は、その言語能力と思考能力の根幹からの問題だが、実は全国民に無意識に広がっている。

日本人は、向上心を喪失し、責任感もなくし、低レベルの自意識を大事にしながら、確実に退歩し続けている。

たぶん、大多数の人々にその自覚もないだろう。それがさらに事態を悪化させる。

  腐った積み木に腐った積み木を載せる黒い心臓  夏石番矢





























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
頭の中で思考する時には言葉を使うことが知られている。言語力(言語能力)がない人は複雑な事を考えられない。思考過程を組み立てられない。日本語ができないから討論や質疑応答が成立しない。与謝野晶子(だったと思う)が「花を見て美しいと感じたらその美しさを表現する言葉が5つ以上出てこない人は歌人にはなれない」と書いてあったと思う。豊かな日本語のためには語彙も必要。意味も知らずに「粛々」や「忖度」を使って恥を知らない日本人も多い。なぜ小学生から英語教育が必要なのかの説明もないまま一人歩きしている。自分自身の日本語のトレーニングが三十歳前後で止まってしまっていることを歳を重ねるほどに恥じている。
Tsuji-Boston
2017/06/22 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
向上心のない日本人 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる