Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 副島種臣の書

<<   作成日時 : 2015/03/05 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

副島種臣の書に注目している。まだ実物は見ていない。

『副島種臣書』(二玄社、1967年初版、1975年再版)を、「日本の古本屋」を通して購入。1万円。

なかでも、次の書に注目。左端がスキャナーに入らなかった。

画像


佐賀市・龍泰寺所蔵の「毅勇齋」。揮毫年不明。この寺は、龍造寺家の菩提寺として創建された由諸ある寺。

副島の書は、紙にはじかれた墨が、焼き物の釉薬のようにも見える。また、「勇」や「齋」の字の造型が独特。

書の基本がしっかりあった上での、大胆な展開。単なる擬古典ではない。誰かの字の模倣ではない。

  黒い道に水たまり苔庭ゲレンデあり  夏石番矢














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
副島種臣の書 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる