Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 『古事記』ノート(2) 天之御中主神は不在?

<<   作成日時 : 2008/05/19 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

『古事記』に最初に登場する神の名は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。この神様を祀る古い神社がないところから、作られた神という解釈が優勢なようだ。

心理学者の河合隼雄は、『中空構造日本の深層』(中央公論社、1982年)で、この中心を占める神が何もしないので、そこから日本の「中空性」や「中空構造」を発想している。

この主張に説得力もあるようだが、フランスのロラン・バルト(Roland Barthes) の指摘した「空虚な中心」(centre vide) (L'EMPIRE DES SIGNES, 1970)の、言い換えに近い気もする。戦後日本を訪れたバルトが、東京の都市構造、たとえば駅には、中心がなく、人々が通過する空虚な空間だけがあるととらえた考え方。

この問題は、とても大きな問題。

天之御中主神を祀る神社は、江戸以降のものが多く、妙見信仰と結びついたり、平田篤胤の国学の観点から、重要視されたともされている。この平田篤胤による天之御中主神の重視は、一神教であるキリスト教の影響とも考えられている。

『古事記』は、寄せ集めの神話。その寄せ集めのつなぎ目の不自然さが、目立つこともあるし、つなぎ方が今日理解できない箇所もある。

最初に登場する神が、作られたものなのだろうか。いや、そうではなくて、あまりに重要で、秘され続けた神なのだろうか。

日本の神社には、名前を秘された神が祀られていることがある。大切な神の名前を一般にあかさないのかもしれない。伊勢で「不詳一座」と祭神を記した神社を知った。

「御中」は、こう漢字で書くと、ただ「中心」を指しているようで、天地の中心、あるいは天地の中間を指すのかもしれない。

だが、「御中」(みなか)を「水中」(みなか)と取ると、まったく違う世界が開ける。原初の水を指す神になるのである。

この世のはじめに、途方もなく大きな水があったとする神話は、世界のあちこちにある。

『古事記』は、冒頭から謎めいている。「中心」もしくは「中間」と「水」が、この書物の出発点だろうか?

一つだけ空想を述べると、秘すべき中心の神、しかも原初の水の神は、どこかユダヤ教や旧約聖書などに近い。これはさらに、古代メソポタミアにつながる。数千年ではすまない人類知が、『古事記』から断片的に見えてきた。

    始まらず終わらず水の神まんなか  夏石番矢

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『古事記ノート』(3) その語り始めの唯名論 
『古事記』を読むゼミ、まだ数行しか本文は進んでいない。じっくり『古事記」を読解すると、次々と不思議な箇所に気付くからである。 ...続きを見る
Ban'ya
2008/05/30 17:53
『古事記ノート』(4) 天之御中主神の正体
『古事記』に最初に登場する神、天之御中主神が、作り上げられた神ではないと主張したのは、文化人類学者の大林太良。その著書『日本神話の起源』(角川書店、1973年)では、次のような考えが示されている。 ...続きを見る
Ban'ya
2008/06/01 20:20
『古事記』ノート(10) 天之御中主ふたたび
1年ほど中断していた、『古事記』ノートを再開したい。その間、ゼミは進行していた。 ...続きを見る
Ban'ya
2009/11/16 18:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大きなものに対する、畏怖ないしは敬虔さ。たとえば、富士と淵を=と仮定すると、富士に水はつきものなので、そこに大きな絶対神をみたのでしょうか。
ザッコ
2008/05/19 09:17
富士=淵は、折口信夫説ですね。私はその説にはうなづきません。日本の水の神には、さまざまな種類がありますね。
Fujimi
2008/05/19 09:47
大変興味ある話題です。
この世のはじまりは泥の海、という説も。
水夫清
2008/05/19 14:32
天理教の『おふでさき』に、和歌でそう説かれていましたね。こういう国の枠を超えた、人類知の起源は、数千年ではすまない話です。
Fujimi
2008/05/19 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
『古事記』ノート(2) 天之御中主神は不在? Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる