テーマ:コンテスト

「俳句界」2019年1月号雑詠選など完了

「俳句界」2019年1月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選の第1位と第3位は、福島の常連投句者。第1位は、奇抜な幻想俳句。夏石ぐらいしか採らない俳句。 第2位には、愛媛の手だれの常連さん初入選。この人はこれまで佳作どまりだった。 添削欄で、「平和」を金子兜太が季語だと言ったらしいことを詠んだ句を取り上げた。 「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年12月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年11月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選第1位と第2位は、すでに特選に入った経験者。第3位は常連投句者ながら、特選ははじめて。 事実をありのままに詠むのではなく、「俳句的に」詠む必要がある。つまり飛躍、意外性、暗示性が必要。幻想性は私の好み。 次の句は、特選第1位の発想を発展させたわが俳句。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年11月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年11月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選第1位、第2位は、新顔の方々。 特選第3位に、ひさしぶりで北海道のOさん。 参照 「俳句界」2018年10月号雑詠選など完了 https://banyahaiku.at.webry.info/201808/article_2.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年8月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年8月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選第1位は、ある小動物の「光の靴」を詠んだ秀句。 私にも「光の靴」があったなら、どうするだろうか?   光の靴を鳴らして虹の橋渡る  夏石番矢 参照 「俳句界」2018年7月号雑詠選など完了 http://banyahaiku.at.webry.i…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年7月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年7月号(文學の森)雑詠選など完了。 特選第1位は、鹿児島からのユニークで剛直な俳句。 参照 「俳句界」2018年6月号雑詠選など完了 http://banyahaiku.at.webry.info/201804/article_10.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回モンゴル俳句会コンテスト結果最終版

第一回世界モンゴル俳句会コンテスト結果の日本語・モンゴル語2言語版の最終版を受信。 すでに、2018年4月29日東京板橋開催の第7回世界俳句セミナー冒頭で発表。 一部訂正したものを、コンテスト主催者から受け取った。「吟遊」第79号(吟遊社、2018年7月20日発行予定) に掲載される。 参照 第一回世界モンゴル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回世界モンゴル俳句会コンテスト結果発表

世界モンゴル俳句会(群主=リーダー:富川力道)が開催した、 第一回世界モンゴル俳句会コンテスト結果 が出た。 審査委員:夏石番矢 鎌倉佐弓 全入選作の作者名はまだわからない。 最優秀句 夏石番矢賞 の和訳(富川力道)は、次のとおり。日本語から察しても、なかなかのレベル。   落ちた葉っぱの望みは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年6月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年6月号(文學の森)雑詠選など完了。 今回の特選第1位は、福島のH・Sさん。 「春眠暁を覚えず」なのか、私は眠くてしようがない。 参照 「俳句界」2018年5月号雑詠選など完了 http://banyahaiku.at.webry.info/201803/article_14.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年5月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年5月号(文學の森)雑詠選など完了。 今回は体調がいまいちだったが、締め切り前に完了。 参照 「俳句界」2018年4月号雑詠選など完了 http://banyahaiku.at.webry.info/201801/article_42.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2018 第14号』表紙初校

『世界俳句2018 第14号』(2018年2月末刊行予定、七月堂)の表紙初校が出た。 使用した写真は、世界俳句協会サイトで開催の月例俳画コンテスト優秀作から。今回はポーランドからの写俳。 俳画/Haiga http://www.worldhaiku.net/category/haiga/ 印刷所が混むシーズン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年4月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年4月号(文學の森)雑詠選など完了。 大雪の前に終えたが、自宅から宅配扱い店までが大変。 特選句候補4句は、選句の過程でかなり早く見つける。これがそうでないと、疲れが違ってくる。 最終的に、秀逸へと特選候補1句が回る。特選第3位とほとんど差が無い。 また、今回は添削欄を是非ご覧あれ。これが日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年2月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年2月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 奇抜で中身のある俳句3句を特選に選んだ。投句者が果敢に冒険を始めたのはいいことだ。 この記事の画像は、特選第1位の句に関係がある。書き散らしの奇想俳句ならいくらでも作れるが、内実があるのが大切。 参照 「俳句界」2017年12月号雑詠選など完了 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2018年1月号雑詠選など完了

「俳句界」2018年1月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。これでこの欄の担当4年目に入る。 特選句、どれも面白い。選評を書くのがむずかしいが、こちらも修練になる。 投句全体に活気づいた感じがする。角川文化不振興財団発行のゴミ雑誌「俳句」の悪弊が消えつつあるのは喜ばしい。 俳句雑誌編集者のレベル http://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回しまなみ未来俳句コンテスト審査結果

第1回しまなみ未来俳句コンテスト 審査結果 総合第一位 モナリザよ私の未来なんてない     奈良拓也 この俳句のデジタル俳画(清水国治制作) 第二位 しまなみでもつたり育つ僕の未来    永井 空 第三位 未来から非対称な展開図         松田えり 佳作 未来でもざくろの実は赤いまま …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ未来俳句コンテスト結果、賞状、賞品など

~今治しまなみに新しい俳句の風を吹かせよう~ http://banyahaiku.at.webry.info/201704/article_1.html 併催の、 しまなみ未来俳句コンテスト の4人の選者(夏石番矢、鎌倉佐弓、白石司子、たかはししずみ)の選句を集計し、最終結果が発表される。 「未来」を詠み込んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年12月号雑詠選など完了

「俳句界」2017年12月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。これで丸三年この欄を担当したことになる。 今回の特選3句中、偶然ながら2句は福島県から。3句いずれも天空幻想に関係する。 特選第1位は、銀河にギリシャ神話のレテ(忘却の河)を重ねた、千葉県からの秀句。 添削は、添削例を1句につき数例示した。いくらでも、句…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第二回世界俳句協会俳句コンテスト国内外向け賞状賞品発送

第二回世界俳句協会俳句コンテスト http://www.worldhaiku.net/category/prize/ の日本国内の受賞者向け、賞状と賞品を発送した。 福島のKさん、第1位、第2位、第3位同時受賞なので、一番上の大きな包みになった。このなかに、 第1位 世界俳句協会賞状 カジミーロ・ド・ブリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年11月号雑詠選など完了

8月16日(水)朝の便で、モンゴルへ出発。帰国後が大変なので、「俳句界」2017年11月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 担当者のM・Kさんは、お盆休みだろうけれど、送っておこう。 今回は、数と質がやや不振。特選は、3人とも初入選ではないだろうか。特選第1位は、ロボットを詠んだ俳句。想像と発見とユーモアがある。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第2回世界俳句協会俳句コンテスト審査中

第2回世界俳句協会俳句コンテストの投句をまとめ、まず夏石がスペイン語俳句以外すべてに1点~10点の点数を付けて、他の全審査員へ送付。 全部で、17か国36人120句の投句。 さて上位3句の入選作は、どの俳句になるだろうか? 結果発表は、2017年9月10日イタリア・パルマ開催の第9回世界俳句協会大会席上 と世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年10月号雑詠選など完了

7月20日(木)朝の便で、アイルランドへ出発。その前に、俳句界」2017年10月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 特選句候補は、5句ぐらいあったが、3句に絞る。京都のKさん、私の選句によって、異端と変態への趣味に目覚めたのだろうか? 連続特選入選。風狂は日本文学の伝統。 大岡信や長谷川櫂など、正統派ぶった凡俗は、自分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年9月号雑詠選など完了

「俳句界」2017年9月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 特選第1位は、2か月連続で、福島のKさん。他の特選は、初めての入選者。特選3句は、選句なかばで決まっていた。 添削コラムでは、「吟遊」元同人のY・Hさんの句を初めて取り上げる。佳作のレベルがグンと上がっているため、佳作に入るのはむずかしい。 参照 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第2回世界俳句協会俳句コンテスト締切7月20日

第2回世界俳句協会俳句コンテストの締切7月20日近づく。 第2回世界俳句協会俳句コンテスト投句用紙 お名前 (世界俳句協会会員 会員以外)どちらか○をつけて下さい ご住所(〒 ) 電話(携帯) ファックス メールアドレス 投句 日本語だけで結構です 未発表句のみ 第1句 第2句 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年8月号雑詠選など完了

「俳句界」2017年8月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 投句に常連さんがいるが、新投句者もいるような気がする。 特選句候補は、今回ちょうど3句。第一位は、心の痛みを、独自の表現で詠んでいる女性。 かつての特選句投句者でも、全句没の人も。俳句はまぐれで作れるということだろうか? 参照 「俳句界」20…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年6月号雑詠選など完了

「俳句界」2017年6月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 特選句は、それぞれ面白い。すべて特選初登場の投句者。 四季を超えた時間を詠み込む句が出てきた。季語は、時間を限定する弱みもある。 「吟遊」同人M・Nさん佳作入選。一字添削。句は「の」でフィニッシュしないほうがいい。 参照 「俳句界」2017年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2017年3月号雑詠選など完了

「俳句界」2017年3月号(文學の森)雑詠選句と選評など終える。 初投句の人もいるようだ。特選第1位は、夏石しか採らない俳句だろう。 参照 「俳句界」2017年2月号雑詠選など完了 http://banyahaiku.at.webry.info/201611/article_22.html
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more