テーマ:東京

北池袋駅

東武東上線の北池袋駅は、いつも通過するだけの駅だった。しかし、この駅は、処女句集『猟常記』(1983年)の初版が売り切れ、新装版を出版する1986年、製本屋さんへ出版元の光家英夫氏に連れて行ってもらうとき降りた記憶があるが、その後ほとんど降りたことがない。 あれから35年目、上り鈍行に居眠りして池袋駅到着に気づかず、目が覚めて下り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見50 ほとんど無人の新宿

2月上旬、新宿西口に2泊した。午後8時以後の散歩。緊急事態宣言下で、ほとんどの店は閉まっている。 まったくの無人ではないが、人影はまばら。 歩き続けて、新宿高校の運動場にたどり着く。 そして、新宿高校校舎入口。 西新宿へ戻ろうとする。 ビルの外壁のFLYING T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪い場所

悪い場所は、普通の場所のすぐ隣にある。ほとんどの人は気づかないが、感じる人は感じる。 「悪所」ということばは、江戸時代、歓楽街を指した。 現代の悪い場所で、私の場合、足や手にピリッと電流のような刺激を感じる。 2021年12月某日、東京都S区Eの一画で体験した。   手ですくえない電流のような幽霊 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線内側へ

今年の2月中旬以来訪れていない、東京の山手線の内側にはじめて1泊し、その後、数時間過ごす。   ウイルスの海の底の空虚な塔へ下る 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go to トラベル初利用

2020年2月以来、東京都の山手線の内側には足を踏み入れていない。12月のはじめ、どうしても早朝に、千代田区の某所に出かけなければいけないので、前夜、都内のホテルに1泊することにした。10か月ぶりの都心。  いつもなら空室なしのホテルのシングル禁煙室が、予約できた。そして、Go to トラベルを初めて利用することになった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市自爆テロではないか?

「大阪都構想」といわれる地方自治にかかわる投票が11月1日(日)に行われる。本当の名前は、下記の通り。 大阪市廃止・特別区設置住民投票 https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu240/jumin/index.html 「大阪都」ができるわけではない。大阪市を廃止し、4つの特別区に分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車や駅の広告激減

コロナ禍による経済停滞は、駅の構内や電車内の広告が激減したことに顕著に表れている。 数日前の東武東上線車内。 優先席の上の壁面に広告がまったくない。 アホノミクス、消費税率引き上げ、コロナ禍など、安倍政権の経済政策は、悲惨な結果に。これで今秋に解散総選挙したところで、議席が減り、退陣せざるをえなくなるだろう。ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小雨と学生服

6月1日(月)昼過ぎから、小雨ふるなか、自宅から池袋元力堂へ。ほとんどの人がマスク着用。 先週は、年配者が目立ったが、今回は、中学生、高校生が夏の制服姿で下校しているのを見かけた。 学生服の生徒が、先週までは戸外で見かけられなかったことに気づく。 池袋で、3か月以上のごぶさたで、東武百貨店に入る。入り口で手首あたりの非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サングラスとあくび

5月25日(月)午後、1週間ぶりに池袋へ。先週とはことなり、高齢者を見かける。 ほとんどの人たちがマスクをしている。私は今日はマスクではなく、サングラスをかける。 知力の落ちている学生相手のオンライン授業で、目が充血している。 自宅と池袋を往復しいている間、アルコール入りウェットティッシュで手などをこまめに除菌。むろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3か月ぶりで

5月18日(月)、3か月ぶりで、電車に乗り、池袋へ行き、池袋元力堂で施術を受けた。 予約より40分以上早く到着したので、池袋北口近辺を小雨の中散歩した。歩いているうちに、豊島区が運営する「池袋の森」を発見。狭い区域で、ブヨが群れる林、小径、それに小さい池もある。 その外の通りでは、休業している店をところどころ見かける。新しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊社の営業

鎌倉佐弓が、吟遊社の営業を東京の2書店で行う。ジュンク堂書店池袋店と神田の東京堂書店。 2書店で、「吟遊」第85号売れ残りを引き取り、第86号を置いてもらう。 ジュンク堂書店池袋店には、吟遊社発行の『世界俳句2020 第16号』を新規で置いてもらう。 日本の他の俳句雑誌や出版社がやらないことを、私たちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅まで500円

1年で一番いやな仕事を終えて帰宅。仕事の内容は書けない。この仕事に出かける前夜、新宿で初めて一泊。夕食は小田急百貨店の地下で買って、ホテルで一人食べる。短いながらも眠れた。 早朝からの仕事を終えて夕方帰宅。鶴瀬駅からタクシーで自宅へ。この2月から初乗り運賃が740円から500円に。ほとんどの物価が上がっているのに、明確な値下げ。自…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

曇りの埼玉雨の東京

12月7日(土)午後からM大学の仕事のため出勤。曇りの埼玉県富士見市から出かけ、雨の東京都千代田区に到着。 帰路は、東京も埼玉も曇り。雪になりそうな気配も夕方の埼玉にはあった。   平凡や曇りの埼玉雨の東京  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のコートと雨

11月22日(金)朝から一日中雨。今年は空梅雨、後半は台風などの雨が多い。秋晴れの日が少なかった。 間のコートではなく、冬のコートをはじめて着てM大学へ出勤。マフラーをしなかったので、空気が冷たく、顔や首が冷える。学生は風邪による欠席が多かった。 往復とも電車は人身事故もなく、無事帰宅。 しかし、首都圏は濃いグレーがた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コートを着て外出

11月13日(水)、この秋、はじめてコートを着て外出。春秋用でレインコートを兼ねる一着。 お茶の水橋が、舗装を掘り返して、鉄骨を出して耐震工事中。 電車は、行き帰りに遅延などなかった。  しなやかに風と落葉をさえぎるコート  夏石番矢  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都心の弁護士へ資料

東京都心の弁護士へ、さまざまな資料をすでに送った。 その結果については、予測できないが、おいおい結果は出るだろう。   村々の臭い草むらに花火を仕掛ける  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都心の蔦の緑

2019年6月X日、東京・駿河台の山の上ホテルの外壁の蔦。 そして、私のカバン。   蔦這い上る塔の真下によれよれ鞄  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回世界俳句協会俳句コンテストに投句

第3回世界俳句協会俳句コンテスト https://banyahaiku.at.webry.info/201905/article_28.html にすでに投句があった。日本からは郵送で、海外からはGmailのメルアドあて。 締め切り日は、2019年7月20日。 審査結果発表は、同年9月15日(日)午後、東京神田錦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車中からバッタもん

2019年6月X日、明治大学博物館裏から山の上のホテルへ続く道を歩いていたら、舗道脇に停めてある車から声をかけられた。 人品不肖の青シャツの老人。 「売れ残った腕時計あげるよ」 「これいくらするかわかるよね」 「こんなバッグもあげるよ」 私が答える。 「こんなに高価なものいただいていいんですか?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い梅雨とタクシー

2019年6月7日(金)、梅雨入り。気温は高くないが、最低気温はこのところ、摂氏18度を上回っている。 地球温暖化は、大嘘である。 この日は出講日。行きはよいよい、帰りはこわい。実際、JR山手線の目白駅から富士見市の自宅までタクシーで帰る。 運転手の白石さんと、会話を楽しむ。東京都豊島区千早一帯は、第2次世界大戦中の東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千桜タワー 夢の跡

2014年から約2年間、東京・神田東松下町の今井治療院に通った。今井ビルの3階にあった。 2年ぶりで定期健康診断 https://banyahaiku.at.webry.info/201410/article_23.html 今井先生による治療中に、今井ビルの裏で進行中の工事の音や振動がすさまじかった。2年後のGWに今井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛天神の五色塩

4月のある晴れた日、地下鉄丸ノ内線後楽園でおりて東口方面の中央大学キャンパス前の坂を登り、 牛天神 北野神社 へ向かう。 源頼朝が東国支配のため船でこの地へおもむき、この神社の崖下が海岸だったころ、停泊した伝承が残っている。つまり、Big Eggのあるあたりも、涵徳亭も、その当時海だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後楽園の会津屋のグラス

2019年3月に2度、地下鉄丸ノ内線後楽園で降りたとき、小石川の会津屋に入った。 ここは元来、会津漆器の店で、江戸時代創業とのこと。商標が折れ松葉に「津」の字。江戸のにおいのするデザイン。太くて明確。 ここでは、まずガラスの器に注目。ワイングラスがなんと、ちゃんとある。ワイン別にさまざまなグラスが置いてある。これはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護国寺から茗荷谷まで歩く

掏られたと思っていたPASMOが、大塚警察署に届けられていた。日本人も決して捨てたものではない。先日散歩した文京区関口あたりで落としていたらしい。 大塚警察署は、講談社の隣。新しく重々しくない建築。地下鉄有楽町線護国寺駅6番出口すぐ。 大塚署の二階で女性署員からPASMOを返してもらって、道を渡り、茗荷谷へと坂を登る。名門校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本田義孝監督映画「ずぶぬれて犬ころ」試写会

2019年3月6日(水)午後3時半より約1時間、渋谷のKINOHAUS地下1階、映画美学校試写室にて、夭折の俳人、住宅顕信(すみたく・けんしん 1961-1987)をモチーフにした、 本田義孝監督映画「ずぶぬれて犬ころ」試写会 に、鎌倉佐弓とともにでかける。円山町のラブホの間の建物の地下が会場。 試写開…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

茗荷谷あたりを散歩

2018年10月2日(火)、明大駿河台校舎での法学部授業、1限に早朝から出かけたが、2人の受講者が来ない。30分待ってから引き上げる。帰宅途中、地下鉄丸の内線茗荷谷駅で下車。あたりを散策する。 かなり前の雨の夜、この駅で降りたことがあるが、地理不案内で散策できなかった。評論家の樋口覚さんが、一時期、茗荷谷近辺のマンションに住んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院後はじめて銀座と上野へ

7月31日(火)退院後はじめて、銀座と上野へ行く。 夏休みの土曜日とあって人出が多い。 銀座の画廊は盆休み。昼食はスペイン料理店で。 上野では国立博物館の「特別展 縄文―1万年の美の鼓動」を観る。これは驚きの連続だった。 詳しくは、別記事にて。 長く歩いていて、足の筋肉が衰えているとの自覚。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

退院後はじめて池袋に

8月5日(土)昼前、退院後はじめて東武東上線で池袋に出る。朝霞駅で途中下車してから、池袋へ。 入院中購入の日傘を持参する。 足がまだ遠出になれていない。革靴での外出はやはりひさしぶり。靴が硬く重く感じる。 東武百貨店池袋店で、夏のズボン1本、薄い靴下3足購入。 池袋駅北口のカットハウスで散髪。 その近辺の池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more