テーマ:地球温暖化

初夏の下着

5月2日(土)から、今年初めて初夏の下着に。こんなに遅い年はあっただろうか? これでも地球温暖化? また、3日(日)の昼、風呂に入ったら、このところオンライン俳句セミナー開催やオンライン授業の準備のため、PCに前かがみで座ることが多かったため、胸のみぞおち近辺に横皺ができていた。夜に風呂に入る際にはよく見えなかった。 姿勢に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し積雪と雨

1月28日(火)朝起きると雨。近隣の屋根に少し積雪。西日本では記録的な大雨。これは地球温暖化とは別の気候変動。   コロナウイルス西は雨東は雪の島国へ  夏石番矢 雪ののちは雨。この雨のおかげで、「吟遊」第85号の納品と発送が翌29日(水)になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が降る

2020年1月18日(土)、台湾へ行って日本とよく似ていると感じている夢を見て、昼頃目覚めれば、外は小雪。 写真には写らない。 雪が降っても地球温暖化。温暖化でないなら、何が降ることになるのだろうか?    台湾の夢見ていれば小雪降る  夏石番矢  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平洋の潮流変化

1月7日(火)午後、池袋元力堂で治療を受けてから、東武百貨店池袋店8Fで開催中の大北海道展へ行く。 見るだけのつもりが、やはり買ってしまう。 4品の買い物のうち、3品の写真。 このうち、「ふわっと寒たら」は、昨年までのものとパッケージや値段が違う。味には変化なく、鱈の干物製品のなかでは、最も食べやすく味もいい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬用の靴下2足買う

タンスに眠っていた冬用の靴下2足、足裏部分が薄くなっていたり、穴があいていたりしたので、捨てて新しいものを2足買い足した。東武百貨店池袋店にて。値段がやや安くなっていた。 冬の靴下は消耗品だ。愛着がわいても、数年で捨てなければならない。 手足が冷えるので、冬には、手袋と暖かい靴下は必需品。地球がほんとうに温暖化して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の電気代減る

2019年8月の電気料金が6909円ですむ。昨年同月は10271円だった。いずれも大東ガス(株)への支払い。 地球温暖化どころか寒冷化へ向かっているし、自宅で冷房をガンガン効かせる時代は、去ったのだろう。 また、TVはかなり前から自宅では見ないし、見られなくなっている。   去っていった虚妄まみれの猛暑と数字  夏石番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時雨ではない秋の驟雨

2018年10月24日(水)夜8時過ぎ、強いにわか雨。その音を自宅で仮眠中に聞く。午後10時前には止んでいる。 日中は最高気温22度、夕方もそれほど落ちなかった。夜にしぐれではない秋の驟雨。 気候が、地球温暖化ではない、予測困難な変則性へと変化している。風邪を引いている人が少なくない。   秋思を叩きつぶす夜の雨音  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また雨

2018年は、6月は空梅雨と豪雨、7月の猛暑、9月から10月は雨の多い異常な天気。地球温暖化などという単純なパターンではない。 日中は暑かったが、午後4時過ぎ、自宅の富士見市鶴瀬西一帯は、雷雨。   天は狂い人は愚かに冷えてゆく  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪が降る

雪が降る。 Il neige. It snows. 大雪が降る。 Heavy snow is falling Il y a une grande chute de neige. 午後2時ごろ 午後3時半ごろ 午後4時半ごろ 午後5時半ごろ 午後11時ごろ 地球…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化という大嘘

この5月の低温は、これまでにない低温。最低気温が低くて、さすがに、地球温暖化という大嘘を、日本の腐ったマスメディアも言えなくなった。 マスメディア自体が、過去の遺物で、お荷物的存在。私の明治大学法学部の教え子で、日本のマスメディア志望者はゼロ。 間氷期の寒さは、氷河期へ向かっている?   大嘘の腐臭電波で流す間氷期  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の雨

3月21日(火)、気温は低いながら、春を感じさせる雨が朝から降っている。 岩波現代文庫の折口信夫『口訳 万葉集(下)』あての解説を書き終えた疲れが出て、一日休養。 「吟遊」第74号のための翻訳、選句などが待っている。 この春休みは例年より寒かった。地球温暖化などは嘘っぱちだ。   歌人へ天の瓢箪から春の雨  夏石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の雪と放射能

11月24日(木)午前、天気予報通り、雪が降る。 富士見市の自宅からの写真 地球温暖化はやはり、嘘だったと言えるだろう。   電磁波、邪霊、放射能、虚偽へ雪が降る  夏石番矢 そして、放射線量がやや上がる。 Whitefoodのサイト。 https://news.whitefood.co.jp/rad…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の下着に変える

寒い!!! 上下の下着、靴下とも冬物に着替える。 まだ、地球温暖化をいう奴や組織は存在するのか!?   噴煙や亡者の嘘より寒い日々 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇山噴火と八金三人

10月8日(土)未明、阿蘇山噴火。大動乱期で、明日何が起きてもおかしくない。 地球温暖化とは反対に、地球は寒冷化へ向かう。 この噴火に先立ち、高知県出身の女性3人と諸事。 1 M大学Sキャンパスの授業に、1年生のときIキャンパスの試験で病気欠席含め、他の受講生とは違って手がかかった高知出身のYさんが初めて出席。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20度以下の気温

9月22日(木)午前6時過ぎ目覚める。 気温が低い。20度以下だろう。掛布団など、暖かめなものに変える。 これでも地球温暖化? 淳心学院中学の「地学」で、高見先生が「間氷期」と教えてくださったことのほうが、ほんとうでは?   燃やした涙がよみがえるのか間氷期  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬物のパジャマをしまう

5月22日(日)、日中気温が上がる。 衣装箪笥から、冬物のパジャマを、押し入れの衣装ケースにしまい、春物、夏物と入れ替える。例年より遅い気がする。最低気温が、ずっと20度以下。 自宅では、パジャマで過ごすことが多い。 地球温暖化が本当なら、日本からも冬がなくなり、北の帝国ロシアも暖かくなり、とても結構な話。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い9月

この9月は、私の知っているなかで一番寒い。雨も多い。 曼珠沙華はとっくに満開。木犀もすでに咲いている。蟋蟀の声が寒々としている。 日本の四季は、これから大きく変化してゆくのだろう。地球温暖化などはデマ。 ズボン下をまだ穿かずに、レッグウォーマーを膝から下に巻いている。   黒い心臓の命ずるままに九月の冷雨  夏石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月17日(火)、午前8時40分、雪が降っている。 地球温暖化は嘘である。   地上の嘘と戦争へまた雪が降る  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬帽子と蕎麦

2月5日(水)、今年は2回予定の入試監督が1回になったとの大学事務からの知らせ。受験者減のためだろうか。助かった。 この日の昼過ぎ、昨年末秋葉原で買った冬帽子をかぶって外出。やはり寒い。 帰りに蕎麦屋。いつものように冷たい蕎麦ではなく、あたたかい天ぷら蕎麦を食べる。朝食が遅かったので、昼食として。 帰宅して、イブキの落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土煙と梅の花

3月13日(水)午前から昼過ぎまで外出。すさまじい風に土煙。目にほこりが入る。中国に来たみたいだ。 小さい白い花びらが飛んできた。梅の花。今年の梅の開花は遅い。 地球温暖化などではなく、気候の不規則化。歳時記的な気候はすでに過去の遺物。日本の俳人たちは、それでも有季定型を守るのだろうか?   土煙に酔って梅林花散らす …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

また雪! 地球温暖化の嘘の責任

2月13日(水)、朝目覚めると、雪解けの水音がわが家の窓でする。今年はよく雪が降る。 地球温暖化は、やはり嘘であった。地球温暖化のニュースを垂れ流していた、日本の糞メディアは、いつものことながら謝罪しない。 地球温暖化は本当か? http://banyahaiku.at.webry.info/200805/article…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長い冷暗の時代

5月21日(月)朝、日食があったが、とくに関心が湧かない。 先週末から、落雷、地震、竜巻、水道水からホルムアルデヒド検出など、よくない出来事頻発。 昨年まで地球温暖化という虚偽が、垂れ流されていた。それは、関東の水道水が安全だ、という以上の虚偽だった。今年は、5月下旬なのに、半袖シャツを着て外出できない。気候は不規則な寒冷化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕立が消え突然の雷雨

いつごろから、日本の夏に特有だった夕立が消えたのだろうか? 異常に暑い夏が過ぎ、いま朝からの雷雨。 地球温暖化とは言えない、気候の大変化。 予想を超えた日本国内の気候変動を見ても、季節感や、四季の変化(子規)を、日本の俳句の季語の根拠とできた時代は終った。すべての季語が無効と言っているわけではない。 世界俳句の進展によ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

4月17日の雪

地球温暖化は嘘である。4月17日(土)早朝、わが富士見市のこの降雪をどう受け止めればいいだろうか? アイスランドの火山噴火が、さらに寒冷化を引き起こすだろう。 むろん、4月の降雪は、珍しくはないが、今回の雪は、「春の雪」ではなく、「冬の雪」。     春は冬 電車が揺らす家畜は眠る  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧で電車遅延

今日は休日出勤。朝の電車に乗ろうとすると、霧で電車が遅れているとのこと。5分遅れで、東武東上線池袋駅に到着した。 2月に霧のため、電車が遅れるのは、日本でははじめての体験。今朝の埼玉と東京は、南仏アヴィニョンを思い出す天気だった。 地球温暖化ではなく、天候ジグザグ化が起きているのではないか。動乱期にふさわしい天候。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化のデマいまごろ報道

いまは、間氷期。地球温暖化などではない。これをようやく日本のメディアが報道し始めた。これまでの「誤報」の垂れ流しはどうするつもりなのだろうか。 読売新聞 ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20100121-567-OYT1T00347.…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

秩父での会話 地球温暖化は嘘

12月13日(日)夜から、俳句朗読とトーク終了ののち、「リーベ」という酒場で、一緒に飲んで話していた友人たちが帰ったあとも、私一人が翌日14日(月)の午前0時半ごろまで残る。 本庄から来た40代はじめの男と、初対面ながら話す。それまで、われわれの会話を聞いて、「何という話題を話しているんだろう!」と、興味を持ってくれたようだ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CO2削減は動物を減らすのが一番有効

地球温暖化は、私は嘘だと思う。基本的には、現在は間氷期。いずれ氷河が地上をおおう。 温暖化が進んだとしても、いまはまだまだ序の口。本当に進めば、わが富士見市の東半分が水没する。冬がなくなって、熱くなりすぎると、PCなどは機能せず、植物がよく成長する。家畜もよく育つ。自給自足が可能になるだろう。サラリーマンなんか無用の社会になる。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

地球温暖化は本当か?

今朝起きると寒い。雨も降っている。早速、下着を、夏物から冬物に着替えた。 1998年3月末に在外研究から帰国して以来、あまり春・秋の合い服が必要なかった。4月から夏服という年が続いた。ところが、去年、2007年から合い服が必要になってきているし、それを着る期間が長くなっている。 これでは、地球温暖化が本当に進んでいるのか、疑…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more