テーマ:語学

オンライン授業第一段階通過

コロナ禍によるオンライン授業で苦労しているとの話が聞こえてくる。私も最初は通勤しなくてすむから楽かと思いきや、いろいろ大変だった。 フランス語は、2年生が去年、発音の基礎をほとんどマスターしていないと、レポートの感触でわかり、急遽、発音の教材やレポートを設定し、若干名を除いてパスした。中級フランス語の単位をフランス語の発音がまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まともなフランス語教科書が絶版に

ひさしぶりで白水社のフランス語の中級教科書を調べてみた。 かつて使っていた中身のある教科書が消えていた。つまり絶版。 国際化と言われながら、日本の語学教科書は、どんどんレベルが下がっている。 大学生の基礎教養の貧弱化と相まって、日本の大学の劣化はこれからも進行してゆくだろう。 まともな基礎教養がない上に専門教育を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度授業2週目完了

4月19日(金)夕方、2013年度、M大学H学部の授業、2週目完了。この日、曇りがちながら、天気が変わりやすく、寒い。 5コマのうち、まだ受講生が確定していないものもあるが、だいたい当たりはついた。同じ科目でも、毎年、受講者数、雰囲気は変わる。 それにしても、変な天気が続く。 帰宅後、ある事件が待っていた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

gentlemanの語源

紳士は、英語のgentlemanの和訳。それでは、「gentlemanの語源は?」という質問に答えられる日本人は、どれだけいるだろうか? こういう疑問が、1月29日(土)午後、東京の某所で浮かんだ。 ヒントは、次のとおり。 gentleは、フランス語の形容詞gentil (男性形単数)に由来。それでは、gentilの意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆとり教育の「成果」は続く

昨日の金曜日は、M大学H学部I校舎の2コマ授業のうち、1年生対象の初級フランス語1コマを終えた。これは、来週のテストで終了。 時差ボケをかかえながら、少し気が楽になった。ところで、これまでの1年生と同じところまでたどり着いたにもかかわらず、「先生の進み方が速い」と言われてしまった。 ゆとり教育の「成果」が、こういう反応として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

教科書絶版!

3月10日(月)、M大学H学部で使う、フランス語教科書の在庫を、出版社に電話をかけて確認した。2クラス、2冊の教科書の問い合わせだったが、結果は2勝2敗。絶版が2冊、在庫ありが2冊。在庫ありも、1冊はこれから少部数印刷するとのこと。 かつては選ぶのに迷ったフランス語教科書だったが、時代は変化するものだ。大学生の減少、フランス語履修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TBS出身の学部長予定者のレベル

とあるM大学が、2008年度に新学部を立ち上げる。その学部長予定者は、次のような見解をサイト上のインタビューで披露している。いまダーティーさをあらわにしているTBS出身のK氏である。 本来言語能力は、特殊技能ではありません。私自身、ほとんどゼロから独学で、1年間で海外特派員ができるレベルの英語を身につけた経験がありますが、モティベ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

サンテ=グジュペリの水の異界

7月13日(金)午後、M大H学部2年生の中級フランス語前期授業終了。男子5人、女子4人の少人数で、それなりにまじめな学生たちばかりだった。娘の高校の先輩Nさんもいて、アットホームな語学授業だった。 その授業で、鋭い感覚のサンテ=グジュペリの『南方郵便機』を読んでいて、二つ目の抜粋、 L’ENVERS DES CHOSES …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サン=テグジュペリの連句的小説

サン=テグジュペリの、 COURRIER SUD (邦題『南方郵便機』) の抜粋を、M大2年生の授業で読んでいる。1927年に執筆された小説だが、当時のhaikaiブームを反映してか、連句のような展開の文章。 名詞を核とする短い表現が、あまり説明なしに、つなげられてゆく。 そのなかに、 Scaphandr…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

哲学者アンリ・ベルクソンの「詩」

5月15日(火)午後の、中級フランス語の少人数授業。 フランスのユダヤ系哲学者アンリ・ベルクソン(1859-1941) の L'AME ET LE CORPS 3ページまでたどり着く。 2ページ目の後半の次の文章が美しい。詩だ。俳句にしたくなる。まずは、フランス語の原文。 nous rayon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の自発性? 私の自発性?

5月8日(火)、連休明けの授業を2コマ。 前の日は、全身倦怠を感じていたが、この日は、天気もよく、私のからだもほぼ快調だった。 中級フランス語のクラス、出席者は5人。前回より1人増えた。 アンリ・ベルクソンの L’AME ET LE CORPS の精読、ようやく2ページ目。 8行目の、 volontai…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サン=テグジュペリの俳句的表現

明大法学部2年14組の中級フランス語の教科書に、『サン=テグジュペリ フランス近代作家選集6』(第三書房、1972年初版、1987年3版、ISBN 4-8086-2331-5、950円)を選んだ。 サン=テグジュペリは、『星の王子様』や『人間の土地』を、かつて中級フランス語の授業で読んだことがある。 4月20日、27…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more