テーマ:

消えた流行歌と流行色

地上波から地デジに切り替えなかったので、自宅ではTVは見ない。国内外のホテルに宿泊したときにも見ない。 陸山会問題や福島原発事故などで、でたらめ報道しか垂れ流ししなかったマスメディアに、根本的な不信を抱いている。 新年の太陽光がいかに美しかろうと、世の中はだんだん黒みを帯びる灰色一色のように感じる。 その原因は、減少し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新規・第2回うたげの会

10月26日(日)、首肩の凝りが、根っこから軽くなりつつある。そのかわり、眠い。 午後1時半から、東京・神谷町の大阪経済法科大学・東京麻布台セミナーハウスで、 新規・第2回「うたげの会」 報告/松本彰「19、20世紀ドイツにおける〈うた〉と〈まつり〉―プロイセン、オーストリア、ドイツの国歌と国民歌を中心に」(約1時間)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中上健次の誕生日のカラオケ 8月2日

昨日、8月2日(土)は、小説家中上健次(1946-1992)の誕生日。 夕方、妻と二人でカラオケと夕食。高3の娘は、塾。 カラオケでは、都はるみの曲をたくさん歌う。 「夫婦坂」「千年の古都」「小樽運河」「アンコ椿は恋の花」「大阪しぐれ」「北の宿から」など。晩年の中上健次と都はるみの親交は、よく知られている。都はるみの生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more