テーマ:出版

『世界俳句2021 第17号』海外に届き始める

『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年4月20日、本体価格1500円)が、ブルガリア、米国、英国などの海外に届き始める。 昨年は、一度出した郵便物が戻されて、再送、三送も行い、11冊がまだ送れない。 ワクチン接種が始まりながらも、コロナ禍は第四波が起きているが、国際郵便事情は、今年の方がいい。 Am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『文藝年鑑2021』に『世界俳句』

現在、編纂中の『文藝年鑑2021』(日本文藝家協会)に、『世界俳句』が巻末の同人誌リストに掲載される。 世界的同人誌ということだろう。それ以上のカテゴリーの出版物なのだが、しかたない。 『文藝年鑑』の編纂も大変だろう。『世界俳句』の編集も大変だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山と灰のカリブの島々と日本

カリブ海のセントビンセントで噴火が起きた。隣のセントルシアの若い詩人、ジャーミナ・メリウスさんの俳句は、新刊の『世界俳句2021 第17号』(2021年4月10日、吟遊社)に掲載されている。 さらに、現在、再校校正中の「吟遊」第90号にも彼女の俳句が多言語で登場する。 彼女に現状をメールで尋ねると、こういう答えが返ってきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』発刊!

夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年4月10日、本体価格1500円)発刊。これから数日で送 付。まずは国内会員あて発送。続いて海外会員あて発送完了。 すでにインドの出版社から購入できる。 World Haiku 2021 No. 17 https://www.cyberwit.n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未来より」新英訳

私の俳句、   未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢 の新しい英訳ができ、ある俳句アンソロジーに収録される。Janine Beichman訳。 From the future comes a windーand it blows …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平川祐弘全決定版著作集届く

東大名誉教授、平川祐弘先生から、平川祐弘決定版著作集全18巻(勉誠出版)が届く。 これに対する返礼は、平川先生の卒寿のお誕生日、7月11日に届くようにした。 実は、その品は今日完成した。なんという同時性!!! しかし、この18巻の内、読んでいないほうが多いので、「勉誠」にはげまねば。 薄っぺらな西洋崇拝者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』ついに校了!!!

夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年4月XX日刊、本体価格1500円)、ついに校了!!! 今回は、COVID-19特集。俳画もはじめてカラーページが1枚入り、経費が少し高くなった。 参照 『世界俳句2021 第17号』三校戻しと「吟遊」第90号入稿 https://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』三校

『世界俳句2021 第17号』(2021年4月上旬刊行予定、吟遊社)の三校。 参照 『世界俳句2021』と「吟遊」第90号 https://banyahaiku.at.webry.info/202103/article_12.html 『世界俳句2021 第17号』再校 https://banyah…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被害者面の無神経さ 3・11

2011年3月11日から十年経過。東日本大震災と福島第一原発事故とは何だったか。 東日本大震災で被災し、売名行為を行ったヘボ俳人から、奇妙なゴミ本が送られてきた。くだらない。 いつまで被害者面を売り物にするのだろうか。その無神経さにあきれる。相変わらず季語を入れた中途半端なお俳句ごっこ。 こういう連中は、コロナ禍には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵜戸聡君へのお礼の俳画

シリア版『空飛ぶ法王』(2017年)の書評を、「吟遊」第90号あて書いてくれた、鵜戸聡君へのお礼の2言語俳画。青は極上のラピスラズリの岩絵の具。 俳句は同書評で引用されたものから。日本語とアラビア語で、細い筆で書く。 なかなかシリア版の書評の書き手が見つからなかった。 この書評では、アラビア語と夏石番矢…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』再校

『世界俳句2021 第17号』再校チェック中。 表紙 参照 『世界俳句2021 第17号』に「Invisible War and Haiku」を追加 https://banyahaiku.at.webry.info/202103/article_2.html 『世界俳句2021 第17号』表紙確定 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金とラピスで飾る『空飛ぶ法王 160俳句』

根幹から理想主義者で、日本語、英語、イタリア語、ドイツ語などが理解でき、第10回世界俳句協会大会に老後の年金から10万円寄付してくださった方へ、お礼の品。インド版3言語『空飛ぶ法王 160俳句』(Cyberwit.net, India, 2021)を金箔と極上ラピスラズリの顔料で飾る。 寄贈は、ゆっくり少しずつ進行。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』に「Invisible War and Haiku」を追加

『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年3月末刊行予定、本体価格1500円)に、私の英文「Invisible War and Haiku」を追加。 和文「見えない戦争と俳句」も追って入稿した。 この号は、コロナ禍のさなかの特異な編成となった。 参照 『世界俳句2021 第17号』表紙確定 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅田印刷へ「梅」俳画

繁忙期に、「吟遊」と『世界俳句』を担当してくださっている梅田印刷へ、「梅」俳画を贈呈。   うめのしべ てんじんさまの おりくるはしら つつじにも見える紅梅図ながら、心ばかりのお礼。 参照 紅梅一輪 https://banyahaiku.at.webry.info/202102/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドから3言語『空飛ぶ法王 160俳句』到着と購入先URL

インドのアラハバッドのCyberwit.netから、日伊英3言語版『空飛ぶ法王 160俳句』到着。船便ながら一週間かからなかった。 おまけもいろいろ封入されていた。 まずは、鎌倉佐弓と平川祐弘先生に謹呈する。イタリア語訳をしてくれたジョヴァンニ・ボッリエッロへの郵便物も準備する。 購入先URL Flying …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』表紙確定

『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年3月末刊行予定、本体価格1500円)の表紙確定。 西インド諸島サンタルシアの女性詩人の俳句を加えた。 初校は梅田印刷に返却した。 『世界俳句』バックナンバーが2冊売れた。ありがたい。 参照 『世界俳句2021 第17号』初校 https://ban…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』初校

印刷会社の繁忙期、『世界俳句2021 第17号』の初校が出た。 今年はコロナ禍で、勤務先の大学の仕事の疲れが、例年とは違う。 一息入れて、がんばらねば! 参照 『世界俳句2021 第17号』カバー更新版と入稿追加 https://banyahaiku.at.webry.info/202101/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ペンクラブから退会承認の封書

日本ペンクラブから退会承認の封書が届く。 中には、会長名義の印刷された退会承認の書簡。 まじめな会員もいるが、出版社のC社社長H・Sが平和委員会の委員で理事なんて、馬鹿げている。嘘を乱発し、平穏に物事を推進するのを妨害し、人を怒らせ、不愉快にするのが、この社長の常だから、こういう奴は除名すべきだ。  狐狩ひさしぶりにも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』初校ゲラ校正

吟遊同人、子伯さんの句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年4月刊予定)の初校ゲラが、予想より早く出て、校正する。 Wordの原稿を読んだ時より、ずっと重みと内容のある句集。いい句集だと断言できる!!! さて、カバーはどういうものになるか楽しみ。 参照 子伯句集『落とし物だらけの人生』入稿完了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『山頭火全集 2』月報への一文初校

『山頭火全集 2』(春陽堂書店)月報への一文の初校ゲラに訂正を朱筆し、返送する。 この月報の拙文のうしろには、骨格のない奇妙な日本語が続く。 参照 『山頭火全集』の月報に一文を書く https://banyahaiku.at.webry.info/202012/article_27.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド版『空飛ぶ法王 160俳句』校了!!!

インド版『空飛ぶ法王 160俳句』カバー訂正。 もう一か所、背表紙に直す箇所があった。  星空や訂正すべきは君の顔 夏石番矢 訂正後 ようやく、イタリア語訳者と連絡が付いた。コロナ禍で大変だったのだろう。 さらに、バックカバーの私の写真を、3言語俳画に替えた。いまさら自分の顔を本に登場させる必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドで日伊英3言語版『空飛ぶ法王 160俳句』出版へ

私の空飛ぶ法王俳句は、実は160句。全句のイタリア語訳ができていたが、なかなか出版できなかった。そこでインドで出版することに。日伊英3言語版。 タイトルは、 空飛ぶ法王 160俳句 Il Papa Volante 160 Haiku Flying Pope 160 Haiku 日本語タイトルを揮毫した。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハンガリー語訳許可と雑誌掲載

Ban’ya Natsuishiの”Black Card”(Cyberwit.net, India, 2013) http://www.cyberwit.net/publications/554 からのハンガリー語訳を私が許可し、ハンガリーの雑誌に掲載される予定。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特製の『砂漠の劇場』

ある人にお礼のため、9言語句集『砂漠の劇場』のカバー裏に俳画を描いた。2017年にインドで出版した句集。 金箔をにかわで貼る技法を手に入れたので、それを実践した。金箔は量が少なければ、それほど高くない。「コブラ」の鱗に見立てて、金箔を貼った。 それに、モロッコで買ってきたアラビア文字専用の筆で、「バンヤ」と左下に署名…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』カバー更新版と入稿追加

『世界俳句2021 第17号』のカバー更新。国の数が43か国から44か国に。 新型コロナウイルス俳句も、イラク、インド、オーストリア、英国、ベトナム、日本、フランス、ブルガリア、ネパール、タジキスタン、ドイツ、米国からの投句を選び、和訳作成、英語、フランス語の調整を行った。不備なもの、陳腐なものなどは落とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』「Haiku」他言語版入稿完了!

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月20日刊行予定、吟遊社)の「Haiku」多言語版の入稿完了! ここが一番大変で、大切な部分。 参照 『世界俳句2021 第17号』入稿始まる https://banyahaiku.at.webry.info/202101/article_24.html 『世界俳句2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの出版社からのプレゼント

インドの出版社、Cyberwit.netにネットで本を注文したら、約1週間で届く。ちょっとしたプレゼントが荷のなかに添えられていた。航空便ではなく、船便。 とくに本の栞は、活用させていただいている。この出版社とは、もう十数年のお付き合い、ここ数年で、造本や紙の質を急速にレベルアップした。 文学博士号を持っているカルネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more