テーマ:出版

吟遊社の栞

私の自腹で、吟遊社の栞を作成してみた。「吟遊」誌や吟遊社発行の出版物の購入者へのお礼の「おまけ」。これを挟んで出荷する予定。 ひもの色は、アクア。 梅田印刷のデザイン・制作。 実物が届く。ひもが羽根のように軽快!!!  空飛ぶブックマーク君も私もみんな乗る 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳画入り句集『楽浪』作成

句集『楽浪』(1992年、書肆山田)の見返しに、簡単な俳画を描いて、淳心学院中学・高校同期、第15回生のH・T君へ贈る。 将来、古本として流通するように、H・T君の名前は書かなかった。 字はコロナ禍で疲れているせいか、荒っぽくなった。松煙墨を磨って書く。中上健次追悼の一句。実際、この小説家は、最晩年に象の夢を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

読売人物データベース変更

読売人物データベースの記載事項に変更を加えた。 娘を、XXX(俳人)として、家族の欄に明記。 その他、この1年の出版や活動を記入。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』海外から注文

紀伊國屋書店海外事業推進室から、子伯句集『落とし物だらけの人生』(2021年5月、吟遊社)1冊の注文があった。 これはありがたいし、貴重なことだ。 参照 子伯句集『落とし物だらけの人生』完成と購入先URL https://banyahaiku.at.webry.info/202105/article_27.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第91号編集進行

「吟遊」第91号(2021年7月25日刊行予定、吟遊社)の編集の大半完了。 評論:夏石番矢「古事記論5 神代七代の落とし穴」 俳句:夏石番矢 日英版俳句「巨大な繭/Giant Cocoon」 俳句:ジャーミナ・メリウス 日英版俳句「Volcano/火山」 この号は、書評が豊富。 大井恒行 『世界俳句2021 第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ターコイズミルク』に絵と字を書いて贈呈

「吟遊」第91号に、日仏100句集『Cascade du futur/未来の滝』、 Cascade du futur-100 haïkus traduits du japonais L'Harmattan, France, 2014 についての、本格的な書評を書いてくれた吟遊同人の菅原晴さんに、夏石の日英500句集『タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会会員更新と『世界俳句2022 第18号』への投句締め切り

世界俳句協会会員更新と『世界俳句2022 第18号』への投句締め切りは6月30日です。俳句は、既発表作も結構です。皆様の素晴らしい俳句をお待ちしております。新入会員も大歓迎です。 Deadline for updating WHA membership and submission to “World Haiku 2022 No.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド版『ブラックカード』にお礼の俳画

インド版のわが句集『ブラックカード』、 ブラックカード / Black Card / Tarjeta negra, Cyberwit, 2013. https://www.cyberwit.net/publications/554 に、俳画を描いた。ややグロテスク。目を描いたつもりが、池になり、怪物の腹になってしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』完成と購入先URL

吟遊同人、世界俳句協会会員、神戸在住の子伯さんの句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年5月30日、本体価格1800円)完成!!! Amazon.co.jpで好評販売中。 https://www.amazon.co.jp/%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%89%A9%E3%81%A0%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足立巻一『石の星座』に感動する

私がもう観たくない日本のTVながら、かつての長寿番組で近鉄提供の「真珠の小箱」は、日曜日の早朝放映されていて、なかなか生では視聴できなかったけれど、最も好きな番組で、自分もせめて一度出たかったが、その願いもかなわずじまいに終わってしまった。 この番組のプロデューサー、足立巻一(あだち・けんいち)は、すでに物故者ではあるが、著書を残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kの消滅

S県T市の下水処理場跡地に本拠を移したKというごろつき集団がある。 ごろつきだけあって悪い場所を好むようだ。コロナ禍のなか、Kは下水処理場跡にゴミの博物館まで作った。 誰がゴミを有料で観に行くのだろうか? Kというごろつき集団が、消滅するのは時間の問題。Kの亜流集団も同様。 臭い俳句臭いアニメ臭いゲームで腐ってゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』カバー最終版

子伯句集『落とし物だらけの人生』(2021年5月末刊行予定、吟遊社)のカバー最終版。 題字:夏石番矢 デザイン:牛田伊吹 発行:吟遊社 発売:Amazon.co.jpなど 束見本ではないけれど、出来上がりを連想させる画像 ほとんどの句集が、自費出版で、しかもおざなりな造本。出版社と称するあやし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イケメンのお坊ちゃまだった平川祐弘東大名誉教授

平川祐弘東大名誉教授からいただいた決定版著作集を少しずつ読んでいる。 決定版著作集23『謡曲の詩と西洋の詩』(勉誠出版、2018年) 驚きと発見は、この1冊の口絵写真から。 平川先生が、イケメンで、IQの高い青年だったとは!!! 社交ダンスもお手のもの。 ちなみに、奥様は、『ビルマの竪琴』で知られる竹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢「日本語と英語から見た山頭火の近代性」

『新編 山頭火全集 第3巻』(春陽堂書店、2021年3月10日、本体価格4000円)の「月報2」に、夏石番矢「日本語と英語から見た山頭火の近代性」。 この全集の造本では、パラフィン紙包装をやめたことがいい。私が持っている古本の全集本で、パラフィン紙は劣化し、扱いに困る。 中身では、坪内稔典の解説は不適格。この人の卑し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』海外に届き始める

『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年4月20日、本体価格1500円)が、ブルガリア、米国、英国などの海外に届き始める。 昨年は、一度出した郵便物が戻されて、再送、三送も行い、11冊がまだ送れない。 ワクチン接種が始まりながらも、コロナ禍は第四波が起きているが、国際郵便事情は、今年の方がいい。 Am…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

『文藝年鑑2021』に『世界俳句』

現在、編纂中の『文藝年鑑2021』(日本文藝家協会)に、『世界俳句』が巻末の同人誌リストに掲載される。 世界的同人誌ということだろう。それ以上のカテゴリーの出版物なのだが、しかたない。 『文藝年鑑』の編纂も大変だろう。『世界俳句』の編集も大変だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山と灰のカリブの島々と日本

カリブ海のセントビンセントで噴火が起きた。隣のセントルシアの若い詩人、ジャーミナ・メリウスさんの俳句は、新刊の『世界俳句2021 第17号』(2021年4月10日、吟遊社)に掲載されている。 さらに、現在、再校校正中の「吟遊」第90号にも彼女の俳句が多言語で登場する。 彼女に現状をメールで尋ねると、こういう答えが返ってきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』発刊!

夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年4月10日、本体価格1500円)発刊。これから数日で送 付。まずは国内会員あて発送。続いて海外会員あて発送完了。 すでにインドの出版社から購入できる。 World Haiku 2021 No. 17 https://www.cyberwit.n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未来より」新英訳

私の俳句、   未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢 の新しい英訳ができ、ある俳句アンソロジーに収録される。Janine Beichman訳。 From the future comes a windーand it blows …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平川祐弘全決定版著作集届く

東大名誉教授、平川祐弘先生から、平川祐弘決定版著作集全18巻(勉誠出版)が届く。 これに対する返礼は、平川先生の卒寿のお誕生日、7月11日に届くようにした。 実は、その品は今日完成した。なんという同時性!!! しかし、この18巻の内、読んでいないほうが多いので、「勉誠」にはげまねば。 薄っぺらな西洋崇拝者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』ついに校了!!!

夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句2021 第17号』(吟遊社、2021年4月XX日刊、本体価格1500円)、ついに校了!!! 今回は、COVID-19特集。俳画もはじめてカラーページが1枚入り、経費が少し高くなった。 参照 『世界俳句2021 第17号』三校戻しと「吟遊」第90号入稿 https://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』三校

『世界俳句2021 第17号』(2021年4月上旬刊行予定、吟遊社)の三校。 参照 『世界俳句2021』と「吟遊」第90号 https://banyahaiku.at.webry.info/202103/article_12.html 『世界俳句2021 第17号』再校 https://banyah…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被害者面の無神経さ 3・11

2011年3月11日から十年経過。東日本大震災と福島第一原発事故とは何だったか。 東日本大震災で被災し、売名行為を行ったヘボ俳人から、奇妙なゴミ本が送られてきた。くだらない。 いつまで被害者面を売り物にするのだろうか。その無神経さにあきれる。相変わらず季語を入れた中途半端なお俳句ごっこ。 こういう連中は、コロナ禍には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more