テーマ:出版

特製の『砂漠の劇場』

ある人にお礼のため、9言語句集『砂漠の劇場』のカバー裏に俳画を描いた。2017年にインドで出版した句集。 金箔をにかわで貼る技法を手に入れたので、それを実践した。金箔は量が少なければ、それほど高くない。「コブラ」の鱗に見立てて、金箔を貼った。 それに、モロッコで買ってきたアラビア文字専用の筆で、「バンヤ」と左下に署名…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』カバー更新版と入稿追加

『世界俳句2021 第17号』のカバー更新。国の数が43か国から44か国に。 新型コロナウイルス俳句も、イラク、インド、オーストリア、英国、ベトナム、日本、フランス、ブルガリア、ネパール、タジキスタン、ドイツ、米国からの投句を選び、和訳作成、英語、フランス語の調整を行った。不備なもの、陳腐なものなどは落とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』「Haiku」他言語版入稿完了!

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月20日刊行予定、吟遊社)の「Haiku」多言語版の入稿完了! ここが一番大変で、大切な部分。 参照 『世界俳句2021 第17号』入稿始まる https://banyahaiku.at.webry.info/202101/article_24.html 『世界俳句2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの出版社からのプレゼント

インドの出版社、Cyberwit.netにネットで本を注文したら、約1週間で届く。ちょっとしたプレゼントが荷のなかに添えられていた。航空便ではなく、船便。 とくに本の栞は、活用させていただいている。この出版社とは、もう十数年のお付き合い、ここ数年で、造本や紙の質を急速にレベルアップした。 文学博士号を持っているカルネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』入稿始まる

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月20日刊行予定、吟遊社)の入稿が始まった。 すでにカラーの2ページを含む6ページのコロナ俳画の入稿完了。 表2と表3も入稿。和文版「俳句」の入稿も。 2月中の校了を目指す。 表紙案の現在。 参照 『世界俳句2021 第17号』編集進行中 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』編集進行中

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月末刊行予定、吟遊社)の多言語版「俳句/Haiku」の編集・翻訳が、好調に進んでいる。この部分に関する私の作業は終わった。 しかし、約10日間のとてもハードな仕事だった。さいわい協力者もいてくれる。短い俳句を通して、作者のものの考え方がよくわかる。 作者がどこで停滞しているかがわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』入稿完了

「吟遊」同人の子伯さんの新句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年5月末刊行予定)の入稿をすませる。 題字を夏石が墨書した。 序文も夏石が書いた。 お俳句ごっごでは決してない。なかなか中身があり、表現にも新しみがある。 刊行は、2021年5月末予定。 Amazon.co.jpで販売。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2021 第17号』について

『世界俳句2021 第17号』(2021年3月末刊行予定、吟遊社)の編集を、昨年末から始めている。 メインの多言語アンソロジーの章、世界的なコロナ禍のなか、前号と同数ぐらいの投句詩人数の見込み。 すでにメールが廃止されている海外の会員もいる。コロナ禍の爪痕は明確に存在する。 俳句は、このほか、COVID-19を詠んだ俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊社の出版物一覧

吟遊社の出版物一覧 List of Ginyu Press Publications except international haiku quarterly "Ginyu" 夏石番矢『未来の滝―55句』、1998年9月10日 第1句集『猟常記』から第8句集『地球巡礼』までの俳句から選ばれた55句の日英対訳句集。稀覯本。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年刊本『世界俳句/World Haiku』一覧

夏石番矢 世界俳句協会編『世界俳句/World Haiku』一覧 List of annual WHA publications: "World Haiku". 『世界俳句2005 第1号/World Haiku 2005 No. 1』 2004年11月、西田書店 『世界俳句2006 第2号/World Hai…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『山頭火全集』の月報に一文を書く

この12月から配本の『山頭火全集』(春陽堂書店)あて、月報に一文を書く。おそらく、第2回配本に挟み込まれるのだろう。 近代俳句は、正岡子規ではなく、種田山頭火から始まったことを出だしに、この俳人の俳句の英訳と日本語原句との比較、そして芭蕉との比較を行う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢共編著一覧

これまで作成できなかった共編著一覧(未完成、これから随時補足) 『世界俳句』は別途リスト作成。 『俳句の現在Ⅰ』 共著 南方社、1982年 『俳句・イン・ドローイング』 共著 ふらんす堂、 1988 『写真・山頭火 光 第1巻』 共著 春陽堂書店、1990 『私の好きなクラシック・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シリア版『空飛ぶ法王』を平川祐弘先生へ

昨年入手した、シリア版の『空飛ぶ法王』著者保存分以外の5冊のうち1冊を、東京大学名誉教授平川祐弘先生へ送る。 参照 平川祐弘『東の自生観と西の創造観』に夏石番矢論 https://banyahaiku.at.webry.info/202004/article_27.html シリア版『空飛ぶ法王』5冊 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の「伝統」俳句の脆弱さ

日本の俳句の大半は、正岡子規以降、低迷の道に迷ったままである。とくに近代俳句の「伝統派」なるものは、時代錯誤の産物。 ここに正岡子規没後出版の句集の画像をアップしてみる。 瀬川疎山編『子規句集』(梁江堂書店 杉本梁江堂、1909年)の2ページ。 昨日いただいた俳句出版。 榎本好宏『榎本好宏全句集』(航出版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中学 自由自在 国語』への掲載許諾

増進堂・受験研究社発行予定の『中学 自由自在 国語』の練習問題に、次の俳句とその鑑賞文が掲載される。掲載許諾願いを了承した。   未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢 鑑賞文の穴埋め問題。結構難しい問題ながら、完成させるとなかなかいい文章になる。 掲載をお断わりしたのは、さんざん俳句に対して非常識なことをしてきて、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍アンソロジーに1句収録

コロナ禍英語アンソロジー『Singing un the Dark』に、Ban'ya Natsuishiの一句が収録される。たぶんインドの未知の詩人の求めに応じて送ったものだと思う。インドは米国に次いでコロナ感染者数が多い。 このほど、校正2ページ分が送られてきたのでOKした。この1句は、「吟遊」第87号にも発表した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼野充義教授退職記念号「れにくさ」届く

沼野充義さんの、今年3月東京大学文学部現代文芸論研究室定年退職を記念しての「れにくさ」第10-1号と第10-2号が届く。 特集 日本・ヨーロッパ・世界 発行日 2020年3月28日 発行 東京大学大学院人文科学系研究科ー文学部 現代文芸論研究室内 ISSN 2187-0535 非売品 私の評論「世界俳句との後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本間とろ第2句集『ガラス』

加古川市在住の自由律俳人、本間とろさんから第二句集『ガラス』(牧歌舎、2019年6月、本体価格1200円)が、なぜか1年遅れで送付されてきた。1972年生まれ、俳誌「青い地球」同人。第一句集『純真』(2017年)。 カバー 奥付け 第一句集は、まだ書き方が不安定で不十分だったが、この第二句集では作風がぐんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』海外へ3度目の発送

国際郵便がかなりの国々で再開された。日本の郵便局で受け付け拒否され、保存しておいた『世界俳句2020 第16号』(吟遊社、2020年3月)64冊を郵便局へ。 国によって、エアメール、SAL便、そして船便で。 今年はコロナのおかげで、海外へ3度発送しなけれなならない。 まだ、マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』米国に届く

一度は日本の郵便局から返送され、再度米国へ発送した『世界俳句2020 第16号』が、イリノイ州の会員に届いたとのメールが入る。 今回のデザインは評判がいい。 まだ、再発送できない国が多く、新型コロナウイルの余波はまだ終わらない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KADOKAWAからの「未来より」俳句の掲載許諾を断る

KADOKAWAの担当編集者から中学国語問題集への「未来より」俳句掲載許諾申請がメールで届くが、お断りした。この出版社が角川春樹社長時代から私に対して何度も犯してきた許しがたい非道な行為への正式な謝罪もなしに、掲載許諾を認めるわけにはいかない。 このいかがわしい出版社に一切関係したくない。俳句を腐らせ続けている。 6月に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増進堂の中学国語参考書への掲載許可 「未来より」俳句

増進堂・受験研究社発行予定の『中学 徹底演習テキスト国語 3年』の「短歌・俳句」に、   未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢 が掲載される。そのゲラはここにはアップできない。芥川龍之介、飯田蛇笏、青木月斗、水原秋櫻子、正岡子規の句とこの私の俳句が並べられての設問。 中学生に、「未来より」俳句が知られるのはうれしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記ノート(38) 神社検定のテキスト

地鎮祭に使われる、 博士杭(はかせぐい) とは何かをネットで検索すると、神社本庁監修、扶桑社発行の神社検定テキストを発見。さっそくネットで注文。 私の想定する古代とは別の考えに立つ神社本庁が、どういうテキストを発行しているのか、興味深い。 神社検定は合格しても、神社に就職できるわけではない。多少の特典と上品なバッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

齋藤愼爾さんより電話

ひさしぶりで齋藤愼爾さんからお電話。春陽堂書店からの2編著に、夏石の金子兜太論、吉本隆明さんとの対談を収録したいとのこと。OKした。 齋藤さんも81歳で耳が遠くなったとか、図書館が閉まっていて困るとかの愚痴もお聞きする。 俳人とはつきあっていないとも。いまちょろちょろしているのは、腐った積み木。何も生み出さないし、積み上がら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊社の営業

鎌倉佐弓が、吟遊社の営業を東京の2書店で行う。ジュンク堂書店池袋店と神田の東京堂書店。 2書店で、「吟遊」第85号売れ残りを引き取り、第86号を置いてもらう。 ジュンク堂書店池袋店には、吟遊社発行の『世界俳句2020 第16号』を新規で置いてもらう。 日本の他の俳句雑誌や出版社がやらないことを、私たちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平川祐弘『東の自生観と西の創造観』に夏石番矢論

平川祐弘『東の自生観と西の創造観』(平川祐弘決定版著作集、勉誠出版、2020年3月30日、本体価格14,000円)に2本の夏石番矢論が収録された。 本文千ページを超えるぶ厚い1冊。 収録されたのは以下の散文。 1 「夏石番矢讃」 初出「吟遊」第42号、2009年4月20日、吟遊社 2 「夏石番矢に『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会の今年の用紙2枚 締め切り5月30日

世界俳句協会会員更新用紙 『世界俳句2021 第17号』投句用紙 いずれも締め切りは5月30日。 この記事からコピーした画像を印刷してご使用できます。また、下記の世界俳句協会ホームページからもダウンロードできます。 http://www.worldhaiku.net/category/about/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』出荷

『世界俳句2020 第16号』(夏石番矢 世界俳句協会編、2020年3月30日、本体価格1500円、吟遊社)のAmazon.co.jpへの追加出荷 と三省堂書店明大駿河台店への初出荷を行う。 この出版の発行が吟遊社に変更された結果の仕事。一般読者向けと明大での教科書としての出荷。 海外からの購入は、インドの出版社の英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2020 第16号』PDF送付と郵便局からの電話

『世界俳句2020 第16号』(夏石番矢 世界俳句協会編、2020年3月30日、本体価格1500円、吟遊社)のPDFを、全海外会員へメールの添付で送る。 海外への発送で問題が起こるたび、鶴瀬西郵便局から電話があり、その都度対処している。国によってっ対処方法が違う。PDFでわけへだてなく送っておけば、こちらも気が楽だ。 新型コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more