テーマ:イスラム圏

国際シンポジウム「アラブ地域の文学作品における個人と世界」

3月末の関西行きの主目的は、下記シンポジウムに招待されたため。 国際シンポジウム「アラブ地域の文学作品における個人と世界」 日時 2018年3月24(土)、25日(日) 会場 国立民族学博物館 Ⅰ.趣旨  本シンポジウムは人間文化研究機構が進める現代中東地域研究推進事業の国立民族学博物館現代中東地域研究拠点によって実施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日英版「チュニジアとモロッコで破壊され再創造された俳句ビジョン」

講演テキスト チュニジアとモロッコで破壊され再創造された俳句ビジョン (国際シンポジウム「アラブ地域の文学作品における個人と世界」、国立民俗学博物館、吹田市、2018年3月24日) Speech Text Haiku Vision Broken and Recreated by Tunisia and Morocco (T…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

英文講演原稿ほぼ書き終える

The International Symposium “The Personal and the Public in Literary Works of the Arab Regions” の英文講演原稿、ほぼ書き終える。どうも結論が尻すぼみになる。日本という国では、元来論理的思考を展開しにくい。昨今は、痴呆化、鈍痴化の傾向著…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英文講演原稿を書き始める

3月24日(土)~25日(日)、大阪・吹田市にある国立民族学博物館開催の国際シンポジウム、 The International Symposium “The Personal and the Public in Literary Works of the Arab Regions” のため、ようやく英文講演を数行書き始める…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アラビア語との格闘 『砂漠の劇場』校正

アラビア語のPCなどでの扱いには、注意が必要。これはヘブライ語も同じことで、いずれも右端から始まる。 不注意に扱うと、文字化けを起こす。文字化けを起こしても、読めないと、このエラーに気づかない。 いまインドのCyberwit.net社から、9言語版の夏石番矢句集『砂漠の劇場』の本文見開きPDFが届いたが、一番下のアラビア語が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第72号完成!!! 100ページ超の充実

「吟遊」第72号(吟遊社、2016年10月20日)完成!!! ひさしぶりで100ページを超える。中身も充実。 アラビア俳句特集、吟遊2賞、書評、多言語俳句、エッセイなど。評論がないのがものたりない。 参照 吟遊 http://ginyu-haiku.com/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「砂漠の劇場」日仏版30句

約3週間のモロッコ滞在をもとに、日仏版30句、 砂漠の劇場 Le théâtre du désert を作成。仏訳はジャン・アントニーニとの共訳。 白壁にふるさと見える数学寺院 Temple pour les mathématiques on voit…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Our return to Tokyo

In the afternoon of 28 July, I and Sayumi will take flights for Tokyo. Our stay in Morocco for three weeks is really ending. In Japan, we must do many things. A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In Casa Blanca

On 26 July, I and Sayumi Kamakura arrived at Casa Blanca. In the hotel Novotel, we met two Saudi woman poets who are very beautiful. We visited Rick' Cafe famous f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Trois nuits à Marrakech

Après trois nuits passées à Marrakech, Ban'ya Natsuishi et Sayumi Kamakura vont patir pour Casa Blanca. Pendant notre séjour à Marrakech, j'ai …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A la médina de Marrakech

Ban'ya Natsuishi et Sayumi Kamakura ont visité la médina de Marralech. Cette médina est vieux et vaste. Nous avons regardé l'orage sur la tér…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Arrivée à Marrakech

Après un voyage de ç heures par train parti d'Assilah, nous arriva à Marrkech. Nous sommes au Grand Hotel Savoy à Marralech. Très bon et nouvel …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Le bleu d'Assilah

C'est la dernier jour de notre séjour à Assilah. Demain matin, nous allons partir pour Marrakech où nous passerons trois nuits à l'Hotel Savoy: Il fa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

La Tombeau Ibn Battuta

Le 21 juillet 2016, moi et Sayumi Kamakura avons visité la Tombeau Ibn Battuta sur la pente de la médina à Tanger. C'est la pente ble…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A Assilah

A Assilah, toute la journé du 19 juiilet, l'Hommage pour le poète marocain Mohammed Bennis a été fait avec un grand succès au Centre de rencontr…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

アシラでのイベント

7月19日、モロッコ北部アシラで開催の、 第38回ムッサン国際文化祭 への仏文招待状。 アシラの写真 7月18日、19日とアシラーに宿泊予定。 参照 モロッコでの仏文スピーチ原稿を書く http://banyahaiku.at.webry.i…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

D'Oudja à Rabat

De l'aeroport d'Oujda, moi et Sayumi nous sont énvolés pour Casa Blanca, ensuite de Casa Port à Rabat-Ville, nous avons pris le train: Après avoir…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Arrival at Oujda

We moved from Rabat to Oujda by air plane in the morning, 12 July. Many people welcomed us at Oujda airport. We are staying in Hotel Atlas Orient. For one hour,…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rabat & Kenitra

On 12 July, after visiting the biggest Moroccan bank, Bank Al Magrib in Rabat to exchange yen into DH, we went to Kenitra and Mehdina with Hassan Jamoussi. In the mus…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Our arrival at Morocco

I and Sayumi arrived at Morocco safely! Now we are in Rabat! We encounterd many cats in Rabat! After staying one night a special room of Center for Cross-cultu…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アラビア語色紙をもう1枚書く 地の果ての俳句

モロッコへ持参するため、アラビア語色紙をもう1枚書く。 今回のモロッコ訪問最大の功労者、アブデルカデール・ジャムッスィ氏に贈るため。 日本語原句   地の果ての光の網よみどりごよ  番矢 初出 句集『楽浪』(書誌山田、1992年) この句のアラビア語訳は、ジャムッスィ氏。 この一句は、1990…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラビア語で自作俳句揮毫

モロッコへの旅支度を進めている。モロッコへのお土産として、自作俳句のアラビア語版を色紙に揮毫した。   未来より滝を吹き割る風来たる 番矢 初出句集『メトロポリティック』(牧羊社、1985年) この句を2枚。日本の書は、左から右へと運筆するが、アラビア語は逆なので苦労する。2枚目の方が少しまし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は十字軍

7月1日、バクラデッシュの首都ダッカの高級カフェで起きたテロで、日本人は十字軍とみなされてしまった。 イスラム教徒にとって、十字軍は、殺戮者、略奪者、侵略者。 テロリストは、かつてのイスラムの寛大さをかなぐり捨てた狂信者。背後関係もあるかもしれない。 日本人全員が、現政権の浅薄な世界認識と偏った外交方針によって、イスラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モロッコでの英文講演原稿を書く

7月の第2回モロッコ俳句セミナーにための英文講演原稿を書く。題して、 New Characters of Modern Japanese Haiku 米国のJ・Kさんにチェックしてもらう。全文は最終的に1510語となる。 英文から、アラビア語が作成される。 参照 7月27日ラバトで俳句の夜 http:/…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more