テーマ:海外

デンマークからの質問

デンマークからの俳句についての質問メールと私の答え。 B. L. What do you think of the theory that a haiku should be words in one breath? I am for the Eastern version, modern haiku in 5-7-5. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアからの写真

イタリア・パルマ在住のロマーノ・ゼラスキさんからの写真。 KUMO TO KAMOME(雲と鷗)というタイトル。 the Five Lands (Cinque Terre)海岸で撮影。  鷗一羽岩のかなたの雲を見据える  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欠陥商品

Amazon.co.jpで買った塗装ローラーは、自宅外壁の高所を塗ろうとして、すぐに壊れた。米国製の欠陥商品。 ばらばらになった部品が、隣家へ落ちたので、熊手で拾い上げた。 問題の商品 ペイントブラシ ペイントローラー 8点セット 塗装用 万能ローラー 多機能ローラーセット 塗装 壁装 ハンドルツール Queen T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第84号ついに校了!!!

梅田印刷に印刷所を移した「吟遊」第84号(2019年10月30日発行予定、吟遊社)、ついに校了となる。 担当のI・Uさんが、多言語印刷はじめてで頑張ってくれた。 この号では、第10回世界俳句協会特集、初掲載のキルギスタン俳句が目玉。 参照 「吟遊」第84号再校 https://banyahaiku.at…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア版『空飛ぶ法王』5冊

故国へ帰国しておられたモハマド・オダイマさんから、シリア版『空飛ぶ法王』5冊が、日本のご自宅から送られてきた。 البابا الطّائرُ في السَّما taakwen, Syria, 2017 オダイマさんは、帰国中翻訳の仕事をされていたようだ。   破壊された大モスク空飛ぶ法王の声響く  夏石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガルへの俳画スタンドなど

世界俳句協会顧問、元ポルトガル・ペンクラブ会長のカジミーロ・ド・ブリトー氏へ、箱入りプレゼントを郵送した。第3回世界俳句協会俳句コンテスト審査のお礼も兼ねての送付。いつリスボンに到着するだろうか? この中に入れた夏石番矢作成オリジナル俳画スタンド。 日本語、フランス語、ポルトガル語で次の1句を墨書。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キルギスから俳句

キルギスの詩人から俳句が送られてきた。ロシア語がメインの書き手。30冊の著書。受賞歴もすごい。 英訳か仏訳を送ってくれとメールしたら、すぐに送付してくれた。 すでに発送した「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社)の次の号第84号(2019年10月20日刊行予定、吟遊社)に掲載予定。 また『世界俳句2020 第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Casimiro de Britoへの箱

第10回世界俳句協会大会へ、健康上の問題のため参加できない、元ポルトガルペンクラブ会長、カジミーロ・ド・ブリトー氏への贈り物を入れた箱を作成した。 特別な俳画スタンド、句集、布製品など、いくつかのものが詰められているが、中身は非公開。 いい思い出と勇気をくれた彼へのお礼をこめた箱。ド・ブリトー氏とは2001年スロベニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店の夏石番矢本

東京・神田神保町の古書店、三茶書房に置いてある、夏石番矢の本。 インドでの出版も少し離れて置いてある。 自著は坂下に停まっている古い馬車 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yoshihiko Furuta著『Selected Haiku』

「吟遊」同人、古田嘉彦さんが、インドから出版デビュー。 Yoshihiko Furuta Selected Haiku https://www.cyberwit.net/publications/1231 全44ページ。すべての俳句は日英対訳。 造本はあっさりしている。 送料込みで15米ドル。PayPalで購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大西洋上のポルトガル極上ワイン

6月初めのある夕方、東京・神田の太田姫神社斜め向かいのポルトガル料理店ピリピリにはじめて入る。 ここで、一杯2000円のワインを楽しむ。 20年もののリベロ・レアル・ブアル。こういう独特の琥珀色を呈しているが、白ワイン。 お店の方に、この香りよく、味の良いワインで機嫌がよくなった私の写真を撮ってもらった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドで3冊目の夏石番矢論本刊行!!!

インドの出版社Cyberwit.net社が、3冊目(そのうちの第1冊には増補第2版あり)の夏石番矢論本を出版してくれた。すべて英語。米国女性詩人Mary Barnetの単著。 Mary Barnet, At the Top : Haiku and Poetry of Ban'ya Natsuishi カバー写真は、下記国際詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア俳句コンテスト結果

イタリアの俳句コンテスト、 Terza Edizione Concorso di Haiku Giappone Svelato (Bari, 25-26 maggio 2019) が完了した。 夏石番矢賞の一句。 参照 イタリアの俳句コンテスト夏石番矢賞受賞作決定!!! https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガルの現代小説に俳句

元ポルトガルペンクラブ会長で、世界俳句協会名誉会員のカジミーロ・ド・ブリトーさんから送られてきた小説、 UMA LÁGRIMA QUE CEGA (RAZÕES POÉTICAS, 2018) RAZÕES POÉTICAS http://razoesp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『500 Haiku of Sayumi Kamakura/鎌倉佐弓俳句選集 日本語からの500句』

『500 Haiku of Sayumi Kamakura/鎌倉佐弓俳句選集 日本語からの500句』が、インドのCyberwit.netから出版され、ネット販売されている。 鎌倉佐弓の句集『夕日の輪』(初期句集、2016)、『潤』(1984)、『水の十字架』(1978)、『天窓から』(1992)、『走れば春』(2001)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリー飛鳥 紅山文化展2

紅山文化については、内モンゴル赤峰市近辺で、日本の縄文文化とほぼ同時期に栄えたらしい、ぐらい私には理解できる。 詳細は、縄文と同じく今後の発掘に依存する。 わかっているのは、日本文化の基盤をなす有力な文化であること。日本古代を考える場合に欠かすことのできない要素であること。 担い手は、現在のモンゴル人ではなく、先住民で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリー飛鳥 紅山文化展

銀座のギャラリー飛鳥で、 紅山文化展 を観た。 この画廊のオーナー、永田雅之さんのお話は、日本のアカデミズムにはない、実体観と視野の広大さがある。 紅山文化は、日本の縄文時代と同じ時期、いまの内モンゴルに栄えた文化で、むしろ縄文文化に先行するのではないかと思える。 紅山文化 https://ja.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢国際会議参加歴 最新版

夏石番矢国際会議参加歴(日本を除く23か国) 1993年10月 中国・長春の吉林大学で特別講演 http://banyahaiku.at.webry.info/201306/article_10.html 1994年9月 ケルン開催の日独俳句大会(シンポジウム)に参加し講演 http://banyahaiku.at.we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」へクローデル『百扇帖』シンポ報告

「俳句界」(文學の森)編集長河内静魚氏あて、2イベント、昨年6月17日の神奈川県立近代文学館開催の「今に生きる前衛としての古典――詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」と本年2月5日のパリ日本文化会館開催の「Un classique toujours d'avant-garde俳句討論会今に生きる前衛的古典―詩人大使ポール・クロ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

インドから文学雑誌Taj Mahal Review

インドから文学雑誌"Taj Mahal Review" Vol. 17 No. 2 (Cyberwit.net, Dec. 2018)が届く。 すでに定着した俳句の章では、夏石番矢、鎌倉佐弓のほかに、版元のサントシュ・クマール、イスラエルの元外交官モシェ・リバなども英語で俳句を寄稿。 Taj Mahal Review…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの雑誌へ俳画

インドの某雑誌へ、夏石番矢自身の俳句を基にした俳画を送る。 俳句は、国際季刊俳句誌「吟遊」第81号(2019年1月20日、吟遊社)掲載の「虎に生身を」から。 参照 吟遊 https://ginyu-haiku.com/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの雑誌へ「Ogre Cells」10俳句

インドのCyberwit.net社の年2回刊の雑誌Taj Mahal Reviewへ、「Ogre Cells」(鬼の細胞)英語版俳句10句を送稿する。 その最後の句。 Morning Kingdom not a bit of ogre cells 参照 Taj Mahal Review https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more