テーマ:政治

コロナ対策失敗

新感染者を連日200人以上出している東京都。7月10日(金)には、全国で400人突破。 国と都や地方自治体による新型コロナウイルス対策は、基本的に無意味だった。 再選された小池百合子都知事による薄っぺらな対策の結果は、ますますひどいものになるだろう。 安倍晋三首相は打つ手なし。 こういうときに、こういうリーダーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ感染者再爆発?

新型コロナウイルス感染者の統計は、米国のJohns Hopkins Universityの統計が世界的に信頼されているようだ。NHKの特設ホームページは、世界規模の統計はあの問題含みのWHO丸投げだったのが、この大学の統計に乗り換えた。まともなメディアではない。 Johns Hopkins Universityの新感染者の統計。2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

愚問しかできない大学生

安倍晋三首相の愚かさについては、ようやく日本全体に知れ渡ったようだが、これは突然愚かになったわけではなく、本人は生まれた時から愚かだったし、学習による自己向上を怠っているので、愚かさが維持され、悪化しているだけの話。 まやかしのアベノミクスを喧伝した日本のメディアに流された日本人も、愚かだったが、コロナ禍は人間や社会組織の欠陥を拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アホノマスクとアネノマスク

とうとう噂のアホノマスクが届く。やはり小さい。到着が遅い。まさしく安倍晋三の実力の象徴。税金を使ってのまったくの無駄遣い。歴史的悪政の資料。 「まるで眼帯」というある芸能人の皮肉通り、けち臭い無用の長物。5月初めに姉から送られてきた手作りアネノマスクと並べてみる。 大きさは2分の1……   新緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊びほうける子供たち

このごろ、自宅近くで遊びほうける子供を見かける。3月から学校は休校のまま。義務教育を受けられない子供に対して、学校嫌いな現首相は責任感をまったく感じていないらしい。 大学はオンライン授業で四苦八苦しているが、小中学校対策を真っ先に行わない国政とは一体何だろう。 学習遅れは数年で解消との文科省の方針。総理や副総理の日本語学習の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やはり緊急事態宣言失敗

4月7日に出された緊急事態宣言が延長されることになった。単なる延長にとどまらず、再延長、再々延長は必至。 危機管理能力のない安倍晋三首相では、この危機に対処できるはずがない。 アホノマスクは、軽い側近の思い付きで実行されたらしいが、一向に届かない。 首相夫人もこの事態を理解していない。 休業に対する補償も考えない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪夢そのもの安倍政権

日に日に新型コロナウイルス感染者数が増大している。 安倍晋三首相は、ときどき「悪夢のような民主党政権」と言う。それはそうだろう、政権から離れれば、人も金も集まらなくなる。日本国民のとっての「悪夢」ではなく、自分にとっての「悪夢」だったと公言しているにすぎない。 私は、こう言い直すべきだと思う。 悪夢そのもの安倍政権 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長期戦になる新型コロナウイルスとの闘い

緊急事態宣言はあまり効果を生まないだろう。その理由。 1 発令の時期が遅すぎる。 2 休業や外出規制などが緩すぎる。要請では効力が弱い。 3 国や地方自治体のトップに危機感が少ない。 4月8日、日本国内の新感染者数が500人を超えた。これがまもなく1000人を超える。ここからが大変なことになる。 安倍晋三は、緊急事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言へ

感染経路不明の新型コロナウイルス感染者が加速度的に増加している。東京都は一日の感染者が100人突破。 いまのところ死者は日本では少ないが、爆発的感染の始まりと考えていいだろう。 感染経路不明とは、どこでも感染の危険性があるということ。 危機管理能力と決断力のない安倍晋三が、緊急事態宣言に踏み切るにはまだ時間が必要だろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界的混乱期としての21世紀

3月14日(土)午後、それまでの雨が一時的に雪となった。積雪はない。 21世紀は、2001年の9・11から混乱が始まり、2011年の東日本大震災と福島原発事故、今年2020年の新型コロナウイルス蔓延と株価暴落でさらに混乱は根深く大きなものとなりつつある。 こういうときに、大馬鹿が国政のトップの日本や韓国、世界制覇とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスの特徴と感染についての理解

日本の国政トップの大馬鹿ぶりはさておいて、日本人に新型コロナウイルスの特徴、感性経路のついての知見が生まれつつある。私が寝ずにネットのニュースを追いかけてえられた状況認識。これは喜ばしいことだ。歴史上、いかなる災厄も困難も、解決方法がある。 1 中国で発生したのち、中国人から直接あるいは間接的に感染した日本の軽症感染者から新型コロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰色の21世紀

習近平の来日が延期された。これも日本サイドが先手を打てなかった。愚者を国のトップにいただくとどうなるか、日本はこれからさらに思い知ることになるだろう。 日本はすぐれた人材をリーダーに置けない国だ。島国というぬるま湯で、何も知らずに、何も考えずに、愚者を組織のトップにお飾りに置いて、平穏に生きてゆけると、まだ国民が信じている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三という運転手は猿以下

安倍晋三は人間なのか。新型コロナウイルス肺炎対策は、滅茶苦茶。そして「休校」を「休業」と言い違えるとは…… 日本語ができない、まともな思考能力がない猿以下の安倍晋三が運転手である日本という電車は、脱線、転覆の危機に!!! しかし、国民によって選挙で承認されている政権なのだから、これからの災厄は国民にとって自業自得。恐ろしや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天ぷら会食以来の危機管理能力欠如

新型コロナウイルス肺炎は、どこまで感染と発症が広がってゆくのか、予想ができない。 日本でも死者が出た。まだウイルスは拡散と増殖の途中であり、ピークはこれからだろう。 初期対応が、まず中国で遅れた。日本の対応も、とても鈍い。官僚からも感染者が出た。 安倍政権の危機管理能力欠如は、2014年2月のソチ五輪のときの、日本での豪雪対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末調整で所得税12万増えて引かれる

2012年12月末から始まった第二次安倍内閣がかかげたアベノミクスをほとんどの国内メディアはもてはやしたが、アホノミクスだと早くから批判した人々がいた。 貧富の差を大きくする新自由主義が、アベノミクスであり、英米ですでに失敗している。 いま誰もアベノミクスについて言及しない。2019年4月の桜を観る会をめぐる鈍感で不正に満ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗客のトラブルで山手線止まる

世相が暗い。12月13日(金)、比較的問題なくM大学H学部の2コマ授業を終えて帰路につく。 しかし安心はできない。新宿駅から池袋駅へ向かう山手線が、目白駅手前で停止した。西日暮里駅で起きた乗客同士のトラブルのため、結局5分停止した。 先行き不安、収入減のため、人心がすさんでいるのだろう。 このごろの人身事故は、ラッシュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019頑張れ!つよしの会

10月30日(水)の午後6時半から、東京・赤坂のアーク森ビル、ARK HILLS CLUBで開催の、 2019頑張れ!つよしの会 に出席。衆議院議員6期目の山口壯さんは、同じ兵庫県相生市出身、淳心学院中学・高校では、1学年上の第14回生。 会費2万円の会で、「ご招待」だったので、大学の仕事を終えて、地下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

憲法を議論する前に日本語を学習しろ!!!

完全無欠な憲法や法律など存在しない。 したがって、適切な「改正」はすべきである。 しかし、日本国憲法が、敗戦後の日本で粗雑な英語から生まれたとしても、適切な改正をするには、日本語が十分理解でき、知能指数もそれなりな人間でないと、「改正」は「改悪」になる。 現在の日本に、そういう人材がいるとは思われない。   犬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元首相K氏と語る

2019年3月22日夜、元首相K氏と、あるミニ集会で語る。K氏は場を盛り上げるのが自然にできる人だ。首相在任中のことを直接うかがう。また、あることがらのレクチャーも受ける。 K氏を40年前、JR武蔵境駅北口階段でお見かけしたことがある。 あのO氏のことをお尋ねすると、あまり語りたがらない。仲がよくないのだろう。 現政権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返還されない北方領土

日ロの外交交渉は、日ロ平和条約が締結できるかどうか不明。たぶんできないだろう。 これはともかく、いわゆる北方領土問題は、2島返還などという憶測が日本側に飛び交っているが、1島でも返還されることはないだろう。 ロシアにとって、南進政策は長年の至上命題であり、プーチン大統領が1島でも日本に返還しようものなら、ロシア国内からはすさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制度改革失敗の荒廃

近年の日本の制度改革は、ことごとく失敗に終わっている。 司法制度改革 選挙制度改革 働き方改革 日本の根幹をなす制度改革の失敗は、国民が支持していない安倍自公政権の長期化が端的に示している。 「アベ政治を許さない」と老人がはしゃいで反対しても、「アベ政治」は続く。 洪水や地震に対して、自衛隊はまったく無力。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

とにかく暑い!!! そして進次郎

退院後、娑婆はとにかく暑い!!! 安倍晋三はますますのさばり、対抗馬や野党は、無力。 小泉進次郎しか、安倍を脅かす政治家はいないかもしれない。他はうまく力を削がれて、骨抜きに。 小泉進次郎 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E9%80%B2%E6%AC%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5階の隣人とはじめて話す

この建物の5階へ来てはじめて、隣人お二人と、デイルームでお話しする。 いずれも年長者。 K・Sさん(女) 上福岡駅東口の商家生まれ。ふじみ野市在住。 1 若いころ、気を出す先生の治療で、喘息が即座に治った。 2 TV面白くない。 3 戦争中、上福岡に爆弾工場があり、動員されていた。 4 上福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この暗愚さ

2006年10月14にこのブログを始めてから、日本はますます暗愚を深めている。 暗愚の極み、安倍晋三をたぶん米国は見放しただろう。 CIAのエージェント小池百合子は、衆議員選挙を攪乱させた。 日本人に「希望」の光は見えるだろうか?   黒い心臓融けて流れて雨となる  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「『アベ政治を許さない』ではダメだ!」が的中!!!

わがささやかなブログ記事、 「アベ政治を許さない」ではダメだ! http://banyahaiku.at.webry.info/201710/article_20.html が的中してしまった。しかし、私の手柄でもない。 蛸入道殿は責任など取れないだろう。 黒い心臓はまだまだ現役。   台風を糸であやつる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アベ政治を許さない」ではダメだ!

衆議員選挙は、小選挙区を理解していない野党の敗北が決定的。野党が分裂したままでは、議席増は望めない。 学習しない。ポイントを理解していない。信念やねばりがない。 与野党を問わず、こういう政治家は必要ないし、税金泥棒だ。 ところで、最近まで盛り上がっていた、金子兜太の墨書スローガン、 を掲げる政治運動はどう…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

希望の党という野合

希望の党なる奇妙な政党出現と、民進党前原誠司の愚かな決断によって、野党は、右派=希望、新左派=立憲民主党、旧左派=社民、共産の3つに分裂した。 自公は、腐った無原則右派。 民主党時代、偽メール事件で、大失敗をした前原誠司は同じ間違いをしでかした。また、小泉純一郎首相時代、小泉改革の欺瞞に気づかず賛美していた。民主党政権時代、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3流以下の政治小国日本

安倍晋三はむろんのこと、日本の政治は,、与野党を問わず政治家も3流以下、国民の政治認識も3流以下。 戦後政治家の2世、3世は、安倍をはじめ、麻生太郎、石破茂その他、大幅に劣化している。 官僚も、アベノミクスという出鱈目しか考え出さなかった。官僚自体も劣化している。 日本の政治は、これからどこまで転落してゆくのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この4人!!!

下のこの4人の笑顔を見て、誰もいい印象をもたないはず。 日本財団の笹川陽平会長が8月23日、安倍晋三首相と、麻生太郎副総理兼財務相ら3人の首相経験者を山梨県鳴沢村の別荘に招いて開いた夕食会の写真 日本の国政のトップは、こういう下劣な男たちよって占められる。品性も知能も低い。こういう連中の笑顔は、悪魔の笑顔にしか見えない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「末は博士か大臣か」の無意味化

「末は博士か大臣か」は、いつ誰が言い始めたのか不明ながら、明治以降の世俗的成功を言い表した格言となってきた。 しかし、2017年にこのことばを聞くとそらぞらしい虚言にしか感じられない。 博士号は、オバードクターで、20年前ぐらいから紙屑同然。量産された博士のレベルも低い。 大臣は、安倍内閣で、その愚かさが露呈してしまっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more