テーマ:政治

3流以下の政治小国日本

安倍晋三はむろんのこと、日本の政治は,、与野党を問わず政治家も3流以下、国民の政治認識も3流以下。 戦後政治家の2世、3世は、安倍をはじめ、麻生太郎、石破茂その他、大幅に劣化している。 官僚も、アベノミクスという出鱈目しか考え出さなかった。官僚自体も劣化している。 日本の政治は、これからどこまで転落してゆくのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この4人!!!

下のこの4人の笑顔を見て、誰もいい印象をもたないはず。 日本財団の笹川陽平会長が8月23日、安倍晋三首相と、麻生太郎副総理兼財務相ら3人の首相経験者を山梨県鳴沢村の別荘に招いて開いた夕食会の写真 日本の国政のトップは、こういう下劣な男たちよって占められる。品性も知能も低い。こういう連中の笑顔は、悪魔の笑顔にしか見えない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「末は博士か大臣か」の無意味化

「末は博士か大臣か」は、いつ誰が言い始めたのか不明ながら、明治以降の世俗的成功を言い表した格言となってきた。 しかし、2017年にこのことばを聞くとそらぞらしい虚言にしか感じられない。 博士号は、オバードクターで、20年前ぐらいから紙屑同然。量産された博士のレベルも低い。 大臣は、安倍内閣で、その愚かさが露呈してしまっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一強多弱の終わり

東京都議会選挙の結果、予想以上に自民党敗北。都民ファーストの会圧勝。公明党、共産党堅調。 民進党一桁当選。 第二次安倍政権下、「一強多弱」と言われてきたが、その一強から公明党が脱落し、受け皿があれば、大きく民意は動く。国政でも同様。 自民党は根腐れを起こしている。 民進党の蓮舫は、安倍批判を繰り返すが、独自の政策…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇の不快感

いつからか忘れたが、M大H学部のゼミ生に頼まれて、FDというクラブの部長となった。 部長と言っても、クラブの活動に直接関わらず、M大学生部へ提出する書類に署名捺印するのが主な仕事。 今回も、6枚の書類に署名捺印して、事実上の部長である学生へ郵送した。 たいした仕事ではないものの、私の署名捺印がないと、FDという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のボーナス手取り減額

安倍政権になってから、毎年ボーナスの手取り額が減っている。介護保険や健康保険などの天引きが増えているため。 株価は上がっても、収入が減るのでは、悪政でしかない。 まだ、民主党政権時代のほうがよかった。   黒い心臓喜ぶしずかな下り坂  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽右翼と天皇

思想的根拠のある右翼が、日本にはいない。左翼も同様。 今上天皇の生前退位議論を遠くから眺めていて、安倍晋三の周囲には、他者に対する情愛のない連中ばかりのような印象と危惧を持つ。 生前退位すら、皇室典範を改正して、恒久化できないとは…… 女性天皇にいたっては、認める能力がないのだろう。 冷静に考えて、明治以前は、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベシンゾウる

「アベシンゾウる」という動詞が必要となった。 「アサヒる」などは、まだ軽い冗談。 「アベシンゾウる」とは、 責任をとらない。 ものごとの本質を理解できない。 ものごとを、神髄から腐らせ、混乱させる。 感情のブレーキが利かない。 夫婦ともに馬鹿である。 金に困らず、貧者の苦しみがわからない。 金をばらまいて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代の金王朝と日本

2月13日マレーシアで、現在の北朝鮮の総主席金正恩の異母兄、金正男が毒殺された。 金王朝とも言われる金日成―金正日―金正恩3代の権力闘争の一コマであり、まるで日本古代の天皇位をめぐる権力闘争、あるいは古代朝鮮の三国時代のそれをも連想させる。 古代の新羅にも金王朝は存在した。 そういう意味では、北朝鮮の共産主義という近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領が実現 基地問題は解決するか?

トランプ大統領が実現すれば http://banyahaiku.at.webry.info/201603/article_32.html が現実になった。米軍は日本から撤退するか? それで、基地問題は解決するか? 面白い状況になった。  岸壁をトランプのジョーカー歩いている  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま軍用機が

ついさっき、軍用機が異様に低い飛行で、隣家の屋根の上をすばやく通過。 11月3日開催の入間基地航空祭の練習飛行らしいが、日の丸が付いていない。米軍の演習も行われているのではないか? こんな低空飛行は初めて目撃。なめられているのは、鈍感な住民か?   菊の宴こんなに低く軍用機  夏石番矢 こういう現象は、菅政権以来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治的センスのない民進党 政治的センスのない有権者

蓮舫、野田佳彦、前原誠司と聞いて、誰もがうんざり。 チャンスを生かせず、自滅するタイプ。 民主党時代の偽メール事件は、自殺者まで出たが、とくに野田はこのときの失敗を、その後も繰り返している。 野田政権は、安倍政権よりひどかった。首都圏の米空軍にも馬鹿にされていたのは、当時の富士見市付近の軍用機の我がもの顔の飛行でわかる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月給の手取りが減る

月給の手取りが昨年にくらべて減る。 この7年間の控除額で顕著に増えたもの             2009年6月分  2016年6月分 健康保険料     10875円      21330円 厚生年金保険料  47585円      55266円 年金制度はもはや破綻している。 アベノミクスは、この破綻隠し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独立国ではない日本

矢部宏治『日本はなぜ『基地』と『原発』を止められないのか』(集英社インターナショナル、2104年)を読む。 戦後日本の問題点を明確に分析した本。 1 まず、国民の総意で作られたと仮構する日本国憲法を、帝国議会で承認することの矛盾。急いで作らせたのは、昭和天皇を東京裁判に出頭させないため。 2 GHQ占領下の日本で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームレスの女

5月25日(水)昼過ぎ、M大Sキャンパスへ出講するため駅へ向かう途中、近所のM家の大谷石の塀にもたれ、側溝のコンクリート・ブロックに座った、ホームレスの女を見かける。 あまり見つめられられなかったが、いくつか袋を持ち、化粧はしていて、何か食べていた。 こういうことは、初めて。 その後、M家の奥さんが、側溝を掃除していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味な選挙権年齢引き下げ

次の参議員選挙から、18歳から投票権が与えられる。与野党こぞって賛成しての「改革」らしいが、まったく根拠のない改悪。 ほとんどが税金も払わない若者に、選挙権を与えることに、何の意味があるのだろうか? どうでもいい改悪を実行して、議員定数削減などのなすべき改革をしない国会議員は、寝ぼけているのではないか?   成人年齢を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスという虚妄

アベノミクスは、経済を理解できない安倍晋三が考えた政策ではない。英米ですでに失敗した新自由主義の焼直しだった。 それをこの数年、日本の馬鹿メディアがから騒ぎした。 円安も株高も、一時の幻影。これを裏付ける経済的要因が存在しなかった。 虚妄からさめた人々は、幻滅と絶望へと向かうのだろうか?   夢覚めて黒い心臓しわ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヨーロッパ発の幻影

かつて私は、ヨーロッパ、とくにフランスにあこがれたが、いまや優れた詩人も哲学者もいない。 フランスを含め、ヨーロッパが世界に広げたもので、現在、末期的になりつつあるものがいくつかある。 1 資本主義 「成長」と利潤への信仰は終わりつつある。ピケティが言うまでもなく、資本主義は終わりつつある。社会が縮小と老化を迎えたとき、資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後左翼とネトウヨ

ネトウヨという人たちは、実際どの程度存在しているのか、本当に若いのか、よくわからない。 これらの人たちは、21世紀初めの日本の変化と劣化の象徴。 また、これらの人たちと対照的なのが、日本の戦後の左翼、反体制の若者。 ネトウヨと比較してみる。 戦後左翼    ⇔    ネトウヨ ――――――――――――――― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京観光財団のメールに怒る

以下のようなやりとりをした。大人数の事業にしか助成せず、終了後、助成しなかった事業の統計だけを機械的にとる。 翻訳に対する助成という考えも、日本には存在しない。 国際会議を、「観光」を扱う団体が管掌していることも、馬鹿げている。文科省や文化庁も何をしているのだろうか? 地方も国も、日本の文化政策は、貧しすぎる。企業もひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスの効果?

アベノミクスといわれるものに、効果があったとするなら、学生の就職内定がよくなったことだろうか? その他に関しては、先行き不安が日本をあまねくおおっている。 小泉改革のときもそうだったが、いやいつもそうだが、何が現在行われているかを知らずに人々は流されてゆく。 パリのテロは、ヨーロッパ優位、イスラム蔑視の資本主義と民主主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数十年しかもたない堤防

地方公務員を務めるある友人から、洪水で決壊した堤防の改修工事は、数十年しかもたないグレードだと聞かされた。 地方自治体に十分な予算がないのと、もはや日本には長期的視野の行政が存在しないからだろう。 そういう状態で、未曽有の天変地異が起きると、被害も大きくなる。  洪水や人は電柱の小さいしみ  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集団ヒステリーと魔女狩り

いま日本の国会で起きているのは、集団ヒステリーと魔女狩り。小選挙区制は完全に失敗。 冷静な議論などかけらもない。 国民はスマホ奴隷、貧困。 この行き着く先は、何だろう。   太郎を黙らせ紙飛行機がフェイクの国へ  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言語戦略なき日本

アラブ人と英語でやりとりするフリー・ジャーナリスト。 日本語しかできない性別不詳のエージェント。 英語演説でアラブを挑発する首相。 外国語を英語だけに集約しようとする文科省。 アラビア語ができる人間がほぼ皆無な大学。 外国語のできる正社員が少ないジャーナリズムと出版界。 これらはいずれも、亡国へと日本を導いている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険料控除値上げ

2014年10月の給与から、健康保険料、厚生年金保険料控除が合計約3000円増える。 その上、消費税増税? その他も含め、すさまじい悪政。   税税と発作が続く台風一過  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪政と天変地異

1995年の阪神・淡路大地震から、地震と火山活動が活発になったと考えるべきではないだろうか? 活火山である御嶽山が爆発したのも、その一連の出来事。活火山は今後、登山禁止とすべきだろう。 それにしても、悪政と天変地異は、連動する。これは、時代の節目節目で日本列島で見られ、それ以外の国や地域でも起きただろう。 21世紀初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みと大学つぶし

7月31日(木)昼すぎ、M大学H学部全担当科目の採点表提出。そして、午後3時半からの教授会完了で、ようやく夏休み。帰宅後、疲れがどっと出る。 この教授会で、現政権の、大学つぶし政策が明確に出てきた。M大内部の愚痴を言っていられないほどひどい政策。とても後味が悪い。 馬鹿が国政のトップだと、ほんとうに困る。このトップは、とんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不審火という小テロ

このところ、不審火のニュースが続く。これは現社会への憤懣を晴らすためだろう。 たとえば、 浦和駅で段ボール箱から出火 http://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0729/41119.html http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0729/mai_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無法地帯日本

行政権のトップが、憲法の解釈を変更できなどしない。それは、行政権が司法権を侵すことになるからだ。 それを安倍晋三は、やってしまった。 もはや、日本では三権分立は成立せず、事実上、無法地帯となった。 気象と同様、何が起きてもおかしくない。   出口なし無法の雨に無法の首領  夏石番矢 …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

自民党から電話

11月18日(月)朝、自民党の文教部会らしきところから電話があった。俳句の国際化対策でも取り組んでくれるのかと思ったら、自分たちが作ったイジメ対策の本を、35000円で買えという、営業の電話。 馬鹿馬鹿しくて、断った。 国際交流基金の日本国内での国際交流イベントへの助成金を全廃したのは、民主党政権ではなく、麻生自公政権のとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more