テーマ:散歩

散歩の小発見73 美しい雲

9月23日(木)夕方、散歩中に美しい雲を発見。コロナ禍続くなか、すこしほっとする。 鳳凰と仙人が夕空で遊んでいてもスマホ奴隷 夏石番矢 参照 散歩の小発見72 金星? https://banyahaiku.at.webry.info/202109/article_20.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見72 金星?

9月19日(日)午後6時過ぎ、自宅近辺を散歩中、ひときわ大きく輝く星が西空に見えた。 デジカメでクローズアップしてみた。数回失敗して、唯一の成果が下の1枚。 これは金星なのだろうか? 太陽は別にして、月以外の天体で、こんなに大きく写せたのは初めて。  着衣の私と裸の星が向き合う細道 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日月と金星接近

9月10日(金)夕方、散歩中の西空に、三日月と金星。 私の技術では、なかなかうまく天体をデジカメで撮影できない。ようやく、少し金星がぶれた1枚を撮影できた。 肉眼では、金星がもっと大きく明るく見える。「明星」と呼ばれるのも当然。北極星も銀河もまったく見えない。 スマホを手に持って下を向いている人はいても、この2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見71 希望の階段

8月第2週に大東市に滞在し、生駒山西麓を散策中に撮影した写真のうちの1枚。 大東市野崎、野崎観音(福聚山慈眼寺)の階段。 昭和26年の流行歌「野崎小唄」にあるように、かつては船で参拝する人たちが多かったが、洪水が起きるため、周辺の川はコンクリートで岸辺を固められてしまった。 現在、参詣者は車を利用するので、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見70 火事跡復興

私の自宅から徒歩10分の場所で、2021年初めに火事で全焼した家が、建て直されている。よろこばしい光景を目にして、撮影した。 火災保険に加入していたと、焼け出された奥さんから、路上で聞かされた。 火事で逃げ出した数匹の飼い猫は、どうしているのだろうか? 立て直しが完了し、この一家がまた住み始めたら、戻って来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見69 星の窓

自宅付近の夜の散歩中、楽しい窓を見つける。 最初は、傷んだカーテンかと見たが、引っ越し直後の家。ガラスに何か塗ってある。 それで、室内からも戸外からも「星空」が楽しめる。  星充満の一室私はワイングラス 夏石番矢 参照 散歩の小発見68 副島種臣の書 https://banyahaiku.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見67 幼稚園の虹

某日、自宅近辺を散歩中に見つけたもの。 幼稚園の側壁の虹。電線にからめとられているように見える。  電線にがんじがらめの虹一つ 夏石番矢 参照 散歩の小発見66 壁と棺 https://banyahaiku.at.webry.info/202106/article_25.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見66 壁と棺

銀座一丁目の古いビルの2階トイレから見える隣のビルの壁。 モノクロの渋い画面。 同じく銀座一丁目のビル解体後のありさま。 華やかな銀座の意外な表情。   モノクロ銀座 砂漠の壁と満水石棺 夏石番矢 参照 散歩の小発見65 空中の曲線
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見64 キリン

散歩中、ある場所でキリンを発見。ほとんど二次平面の白いキリン。  白キリンから闇が生まれ大地が生まれる  まなざし浴びて白いキリンは動けない 夏石番矢 参照 散歩の小発見63 Yの消滅 https://banyahaiku.at.webry.info/202105/article_31.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見63 Yの消滅

かつて何度か宴会を開いた富士見市内のYが消滅。 更地は何も語らない。  コロコロナ更地は何も語らない 夏石番矢 参照 Kの消滅 https://banyahaiku.at.webry.info/202105/article_14.html 散歩の小発見62 翼ある帽子 https://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見61 クローバーの楽園

自宅から5分ぐらいの団地の共有の庭が、クローバーの楽園になった。 このうねりの重畳が見事。山並みにも見える。 母と娘が花を摘んでいる。  クローバーの楽園とわにしゃがむ母と娘 夏石番矢 参照 散歩の小発見60 窓辺の猫 https://banyahaiku.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見60 窓辺の猫

散歩中、とある家の窓辺に、眠った猫を発見。 柔軟なからだを丸めて、熟睡。毛も手入れが行き届き、飼い主に大切にされている。 コロナ禍を忘れて、幸せな気分をひととき味わう。   その幸福の毛玉は猫と呼ばれ窓辺に 夏石番矢 参照 散歩の小発見59 アネモネ https://banyahaiku.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見58 藤のリズム

藤の花は、郷里の相生市立双葉小学校の藤棚からのなじみ。あの藤棚の下は快い別空間だった。 自宅近くを散歩中、小公園の藤棚をひととき眺める。 音符のようにも見える。やはり独特の空間で、風にそよぐ。  青空は旗 藤棚は五重奏  夏石番矢 参照 散歩の小発見57 ある鏡 https://banya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見57 ある鏡

富士見市内散歩中、まばゆくゆがんだ鏡面を発見。 このゆがみによって超現実的画面が生まれている。日常に潜む非日常。 正体はトラック。曲面が鏡面だとこうなる。 コロナ禍のいま、マスクをほとんどの人が付けていながら、人出が多い。これも、日常に潜む非日常。  ゆがんだ鏡に仮面の人々映らない 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見55 銀座の「社会的」

某日、東京の銀座で見かけたある店の、入り口横の驚きのキャッチフレーズ。 コロナ禍さなかに、この楽天的反ソーシャル・ディスタンス…… ということは、最も「社会的」ディスタンス(ソーシャル・ディスタンス)? 営業妨害はしたくないが、笑うに笑えなかった。 ソーシャルは反社会的にして銀座にはこべら 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大和市散策3 さまざまなものたち

さる3月26日(金)、東大和市3時間の散策中見つけたものたち。 往路 JRの北朝霞駅のプラットホーム  小平市の畑 西武多摩湖線青梅街道駅のプラットホーム下 ここからが東大和市 清水観音堂の観音像 清水観音堂の外部の板 商店の壁 果物屋の裸電球 路上の雲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大和市3時間散策2 砂の橋

3月26日(金)、初めて足を踏み入れた東大和市。 思いがけないものに出逢った。 清水観音堂の説明版。 砂の橋。砂の川の砂の橋とはどういうものだろうか。 私は、想像でこういう俳句を作る。   石の川の砂の橋で今夜逢おう 夏石番矢 参照 東大和市3時間散策1 https://banyaha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大和市3時間散策1 神々

3月26日(金)午後2時から午後5時ごろまで、東京都東大和市を歩いた。 お目当ては、高木神社だったが、あてがはずれる。 女神が祀られ、神紋は三つ巴。隣の塩釜神社も神紋三つ巴。 子供らが境内で遊びまわっていた。 狭山神社にはたどり着けず、清水神社は丘の上。どうやら縄文遺跡らしい。元来は、狭山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見54 ダイヤモンドの壁?

富士見市を歩くのと、銀座で歩くのは、むろん違う。 銀座は人工の光と自然の光の両方が強い界隈。パリのシャンゼリゼより美しく清潔。 地下通路で見つけた光の塊。壁面にはめ込まれた現代アートらしい。 大きなダイヤモンドが並んでいるようだ。  ダイヤモンドの壁過ぎ和紙を買いに行く 夏石番矢 参照 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見52 大きなサボテン

3月上旬、JR武蔵野線新小平駅近くの青梅街道沿いで見かけた民家のサボテン。 平たくて、大きくて、銅板のようだった。 これまでサボテンに感動したのは、チュニジア、日本の宮崎、大西洋上のポルトサントー島において。   江戸への道に銅板のようなサボテン並ぶ 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見51 神田神社の夜の雲

2月中旬、東京千代田区にある神田神社、いわゆる神田明神を夜に訪れた。カップルに、数少ない参詣者。 そのとき、落葉しきった銀杏の梢に、ぽつんと白雲が浮かんでいるのを見た。不思議な孤雲。  神々消えて夜の梢に放れ雲 夏石番矢 参照 散歩の小発見50 ほとんど無人の新宿 https://banyaha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見50 ほとんど無人の新宿

2月上旬、新宿西口に2泊した。午後8時以後の散歩。緊急事態宣言下で、ほとんどの店は閉まっている。 まったくの無人ではないが、人影はまばら。 歩き続けて、新宿高校の運動場にたどり着く。 そして、新宿高校校舎入口。 西新宿へ戻ろうとする。 ビルの外壁のFLYING T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見49 おさなごたちの富士山

駅へのルートの途中に、畑地だったところに幼稚園ができた。その幼稚園の運動場は狭かった。 最近、幼稚園横の畑が、幼稚園の運動場になった。そこにできたのが、小さい富士山。 あまり富士山が見られらなくなった富士見市ながら、歩きながらいつも富士山が見られるようになった。 畑の土は、実はほとんど火山灰起源。富士山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見48 地上のSUBARU

1月末日、雨上がりの夜の散歩中、民家の狭い庭にとめてあった車のフロントガラス内部で光が点滅していたので、立ち止まる。 星のようにも見える。車の後方部へと足を進める。 SUBARU。かつて白黒テレビでCFをよく目にしていた日産の自動車の現在形だろう。光の点滅も、星を意識したものらしい。 すばるの別名は六連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見47 空き家の笹

いつからか空き家になった近隣の一戸建て。建て替えて住人が戻ってくると、妻から聞いていた。   しかし、数年間、空き家状態が続き、庭から笹が生えだし、塀の上まで伸びてきた。 このまま放置されるのだろうか?   不在が延び笹が伸びて悪夢の庭 夏石番矢  参照 散歩の小発見46 鳥のトイレ htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見46 鳥のトイレ

散歩中、路上にペンキのような物体が集中している場所がいくつかあった。 その上を見上げるとこういう光景。 鳥が電柱付近の電線などに止まって、排泄物を路上に落下させているにちがいない。 その一つの接写。 下手な現代アートより面白い。  鳥の糞がここら辺の路上の名画 夏石番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見45 夜の鏡

1月中旬、夜の散歩に出る。寒い夜はあまり人に合わない。 民家の玄関先に鏡があるのに気づく。これまで数えきれないくらい、この前の道を歩いたのに、なぜ見過ごしたのか、不可解な気分。 そこで、鏡に向かってシャッターを切った。 見知らぬ男の姿は自分だった。  夜の鏡の自分のうしろに窓がある 夏石番矢 参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見44 夜の公園

散歩中に立ち寄った夜の公園の地面。   星々に最も近い小枝と小石 夏石番矢 参照 散歩の小発見 号外 火事 https://banyahaiku.at.webry.info/202101/article_8.html 散歩の小発見43 オリオン座と落書き https://banyahaiku.at.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の小発見43 オリオン座と落書き

夜の散歩で、星座として最も目立つのは、オリオン座。私の技術では、なかなかうまく撮影できない。 住宅地の甍の波から出たオリオン座がかすかに写る。 これを見ての帰路、ある民家の玄関前の道路に子供の落書き。 ここにサイコロのような三つの白丸が描かれていた。あるいは、オリオン座の三ツ星にも似ている。 『古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more