テーマ:メディア

大本営発表の続く日本

8月15日前後には、マスメディアでは戦争に関する報道が多くなる。意外な事実が報道されても、深い納得につながらないのは、現在も戦時中と同じ大本営発表が、日本のマスメディアで続いているからである。 「政治と金」をめぐる一連の常軌を逸した報道は、官房機密費が政治評論家やマスメディアに流れていることが野中広務によって洩らされたり、参議院選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の轟音

2月9日(火)午後8時半ごろ、埼玉県富士見市のわが家の上空で、轟音。たぶん、軍用機。北へ向かったようだ。近年でも、とくにすさまじい音量。 これが何なのか、誰か教えてほしい。むろん、マスメディアは取材、報道しないだろう。     空に轟音われらは「奴隷の自由」にまどろむ  夏石番矢 8時半過ぎの轟音に引き続き、何度も断続…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

制度改革の失敗とマスメディア

1999年~2000年、私がM大学H学部の執行部に入っていたとき、法科大学院創設問題でかなりもていた。執行部内でも権力闘争があった。その他、いろいろな事件が起きたが、私の結論は、法科大学院は失敗するということだった。 サイトに出た今朝のNHKニュースを下に貼り付ける。 政府は、法科大学院を卒業した人を対象にした司法試験の合格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月4日はどいういう日になるだろうか?

明日2月4日(木)に、東京地検特捜部の記者会見が開かれるようだ。このニュースは、掲示板で知った。 わが家ではテレビを見なくなった。新聞も定期購読を中止した。小沢一郎と陸山会の資金問題をめぐる、検察と一体になったマスメディアの世論誘導は、かなり常軌を逸している。 検察に対して批判的な「週刊朝日」に対して、東京地検特捜部は、捜査…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

現在の権力闘争と情報戦

昨夜の雪があちこちに残っている。 日本では、もやもやとした状況が続いている。原因は、2009年8月30日の衆議院選挙による政権交代だろう。この政権交代を覆したい人たちや集団が、日本の内外に存在する。 日本のマスメディアは、「小沢一郎辞任」「小沢一郎逮捕」の実現に向けて、いっせいに誘導しようとしている。例外が、「週刊朝日」と「…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

インドへ「迷路のヴィルニュス」10句送る

インドのCyberwit.netが、2010年2月に刊行する、 "Harvests of New Millennium" Journal 3rd issue に、Labyrinth of Vilniusと題した英訳10句をメールする。2009年秋、リトアニア開催の第20回ドルスキニンカイ詩の秋と第5回世界俳句協会大会などで、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

成績を付け終える

M大学H学部の担当科目の成績を付け終える。フランス語の試験は、出席者で不合格はゼロ。ただ、インフルエンザで欠席の学生が一人いた。 レポートは、ほとんどが予想以上の出来栄えで、教師として安心した。 俳句についての比較文化論のレポートでは、俳句は5・7・5音で作り、季語を入れなければならない、窮屈なものだと嫌っていたが、自由な海…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「朝青龍問題」論とメディアの問題点

岡井崇之編『レッスル・カルチャー 格闘技からのメディア社会論』(風塵社、2010年1月30日、本体価格1800円)が届く。巻末の「第7章 大相撲の国際化とメディア言説 『朝青龍問題』を中心に」を執筆している、バー・ボルドーさんからの寄贈。 ダーティー・ヒーローとして、一方的に朝青龍を報道してきたメディアの問題点を、冷静に分…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「吟遊」第45号発送

1月24日(日)午後2時より、「吟遊」第45号の発送を行う。 夏石と鎌倉に、丹下尤子さんが加わり、1時間以内で完了。その後、午後4時ごろまで歓談。 この日は鎌倉佐弓のXX回目の誕生日。8年前の2002年、夏石の右目の手術日。ケーキと紅茶で祝う。 歓談の中身は、現在の小沢一郎VS東京地検特捜部の「闘争」、日本のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化のデマいまごろ報道

いまは、間氷期。地球温暖化などではない。これをようやく日本のメディアが報道し始めた。これまでの「誤報」の垂れ流しはどうするつもりなのだろうか。 読売新聞 ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20100121-567-OYT1T00347.…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

時差ぼけと日本のゴミ情報

海外から帰国してから、いつも苦しむのが、時差ボケと、日本でカビのようにはびこっている、ゴミ情報。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000453-reu-bus_all こういうニュースが、日本のメディアからは出てこないで、ロイターから出ているのは、日本のメディアがまと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

馬鹿メディアと福田首相辞任 そして今後

福田首相の辞任記者会見で、首相に「あなたと違うんです」と言わせた「中国新聞」の記者にスポットライトがあったているが、あいかわらず日本の馬鹿メディアは、どうでもいいことばかりを追っかけていて、うんざり。 問題は、福田康夫がどうして辞任するのか、そこを誰も引き出せなかった点。昨年の安倍晋三のときも同じ。要するに取材能力がない。質問能力…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無差別殺人へのピンぼけ報道

このところ、無差別殺人が30代の日本人によって引き起こされている。とは言うものの、発生件数自体は、米国などとくらべて多いわけではないだろう。 しかしながら、日本社会の矛盾や亀裂が、とくに30代に集約的にのしかかっているようだ。 むろん、犯罪にはいかなる正当性もないが、「甘ったれ男」などという報道を見ると、日本のメディアが、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎辞任と馬鹿メディア

小沢一郎が民主党代表を辞任するとの記者会見を、テレビで見ている途中。日本の馬鹿メディアへの憤りが、明確だった。「朝日」「日経」以外は、政府与党からの意図的情報の垂れ流しを行ったとの発言が重い。これは決して改善されないだろう。 小沢一郎と秘書に対して、なんら取材せずに、テレビや新聞がゴミ情報を流した。このことも、悲しい。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧の方へ 夏石番矢より感謝と補足

ブログBan'yaをご覧くださり、ありがとうございます。 おかげさまで、トップぺージへのアクセスは、1日60回弱のペースです。 アップにも張り合いが生まれました。 記事はアップしてから、訂正したり、追記を加えたり、画像を加えたりして、より充実したものにしています。たとえば、次の記事など。 鍼治療 http://bany…
トラックバック:3
コメント:20

続きを読むread more

山頭火と寅さん

2001年の1月はじめに、NHK「五七五紀行 種田山頭火」取材のため、山口県防府、川棚温泉、熊本を訪れた。NHKスタッフや女優の竹下景子さんと一緒の旅行だった。 途中、山口県で雪が降り、とても寒い取材旅行だった。 TV番組は、2001年の3月に放送され、その後、たびたび再放送された。 この再放送が、私の病欠中だったので、乾教授…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

句会や俳句結社の不毛

俳句雑誌「吟遊」は、句会を行なわない。 年一回の同人総会で、出席した同人の句を、徹底的に合評する。 また、同人が出版した句集の書評掲載時に、英訳などの翻訳がある場合は、それを掲載する。 これで十分だ。 約100名の海外の詩人に「吟遊」を寄贈しているので、翻訳があり、レベルの高い作品だと、必ずいい反応が返ってくる。   …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more