テーマ:翻訳

「吟遊」第84号への自作俳句

梅田印刷へ印刷所を移して、入稿後1週間で初校ゲラが出る。 表紙のデザインも、担当のI・Uさんが、考えなおすようだ。 発行人の私の仕事が、遅れている。 ようやく、ニ十数句をこのブログから拾い、英語版を付けて、敬愛すべきE・Sさんへ磨き上げを依頼する。 自分で英訳をしていて、日本語だけでは気づかないポイントを見つけ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第84号入稿済み

富士見市内の梅田印刷に印刷所を変えてはじめての「吟遊」第84号の入稿を済ませる。 梅田印刷のI・Uさんが、吟遊社に車で来てくれて、打ち合わせをした。 その直前、私はキルギスの詩人から大量に送られてきたロシア語、英語、フランス語の数百句から16句を選んで日本語訳を付けて、入稿に間に合う。 未入稿もあり、新体制でもあるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回世界俳句協会大会基調講演原稿

2019年9月1日未明、第10回世界俳句協会大会基調講演原稿を英文で書きあげる。 英文磨き上げを、翻訳の仕事繁多なE・S氏に依頼し、引き受けてもらう。 これで一安心ながら、完成した英文から和文も作られなければならない。 こののち、新しい問題が二つ生じる。適切に対処するしかない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10アンソロジー本体部分編集・翻訳完了!!!

第10回世界俳句協会大会のためのアンソロジーの本体部分の編集・翻訳とが完了した。合計18か国の俳句詩人と俳句翻訳者50人の416句収録。疲れているので、言語数は数えられない。初校が出た段階で数えられるだろう。 自画自賛を超えて、歴史に残る、いや歴史を動かす出版物となる。 これでようやく、私の眠りが深くなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳のお礼に揮毫エプロンなど

WHAC10アンソロジーの英訳のかなりの部分を、こなしてくれたエリック・セランドに、正式に翻訳料を支払う前に、お礼の品をいくつかプレゼントした。 その一つ。WHAC10スタッフ用のエプロンに揮毫し、落款も押した。孔雀の羽根の筆。落款は、現在夏石が持っているもののうち、最大のもの二つを使用。 自慢できるできばえではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAC10アンソロジー編集・翻訳大詰め

第10回世界俳句協会大会アンソロジーの編集・翻訳ほぼ完了。 この仕事の大変さは、やってみないとわからない。ほんとうは休息したいが、もう少しやらなければならない。 しかし、歴史に残る、そして歴史を動かす出版物なので、すべてに優先させている。 参照 WHAC10クラウドファンディング https://ban…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キルギスから俳句

キルギスの詩人から俳句が送られてきた。ロシア語がメインの書き手。30冊の著書。受賞歴もすごい。 英訳か仏訳を送ってくれとメールしたら、すぐに送付してくれた。 すでに発送した「吟遊」第83号(2019年7月20日、吟遊社)の次の号第84号(2019年10月20日刊行予定、吟遊社)に掲載予定。 また『世界俳句2020 第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧約聖書の創世記についてのQ&A

フランス語で、旧約聖書を読み始めている。 Traduction Oecuménique de la Bible (Seconde Edition, Alliance Biblique Universelle, France, 1987) フランスで出版された「共同訳」。 読んでみると、動詞の過去形が頻出。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第83号のための俳句翻訳と新同人

「吟遊」第83号(2019年7月20日刊行予定、吟遊社)のために、下記の俳句翻訳をこなした。 フィリピンのトーレスさんの俳句の和訳 英国のガーディナー氏の俳句の和訳 バングラデシュのホッケ氏の俳句の和訳 セルビアのリスティッチ氏の俳句の和訳 ネパール出身で同人のポウデル氏の俳句の和訳 夏石番矢自身の俳句の英訳 自作…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2019 第15号』の「俳句」編集・翻訳完了!

『世界俳句2019 第15号』のメイン、多言語の「俳句」の選句・翻訳完了! おそらく174人分の俳句。英語のネイティブチェックを二人に依頼。 寒行のような作業だった。それにしても新しいバージョンのWordは使いづらい。Wordファイルの頻繫な再起動が必要。 参照 『世界俳句2019 第15号』の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2019 第15号』の「俳句」編集・翻訳 3

『世界俳句2019 第15号』のメイン、多言語の「俳句」の選句・翻訳続行。 これまで140人強完了。残りは30人余り。 Wordはどうでもいい機能が乱雑に詰め込んである、馬鹿ソフト。ときどきどならないと、ストレスがたまる。 多言語作業向けのソフトはないものか?   どなってもどなってもWordはアメリカン  夏石…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2019 第15号』の「俳句」編集・翻訳 2

『世界俳句2019 第15号』のメイン、多言語の「俳句」の選句・翻訳続行。 これまで100人強完了。残りは80人弱。 Windows10搭載のWordは、とても使いにくい。やはり妙なエラーが起きる。馬鹿なソフトだ。 多言語でテキストのペーストを繰り返すのに、Wordが耐えられないようだ。 PCをしばしば再起動する…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2019 第15号』の「俳句」編集・翻訳

『世界俳句2019 第15号』のメイン、多言語の「俳句」の選句・翻訳など始める。 約60人分完了。 アジアの文字を操作しているときに、Wordが変な動きをしたり、フリーズする。 アジアの国々からの投句も、ちゃんとしているものよりも、乱雑なものが多い。日本人の俳句英訳は、ほとんど使えない。中学生の英作文以下。 俳句…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第81号初校返送

「吟遊」第81号(2019年1月20日発行予定、吟遊社)初稿を、七月堂へ返送する。 この号は、書評が並ぶ。 巻頭は、夏石による日仏版『百扇帖』論 日本語俳句、日英版俳句、中日俳句、モンゴル語俳句、ネパール語俳句も掲載。 参照 「吟遊」第81号の日英版28句「虎に生身を」入稿 https://ba…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第81号の日英版28句「虎に生身を」入稿

「吟遊」第81号(2019年1月20日発行予定、吟遊社)の最後の原稿、夏石番矢の28句を、2017年夏のこのブログ記事から選び、英訳を付けて、 虎に生身を / Flesh and Blood to the Tiger と題して七月堂へ直接入稿。E・Sさんによる英語磨き上げを1週間でやってもらった。 詩の翻訳はむずかしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉ベスト50句英訳完成!!!

芭蕉ベスト50句の英訳が完成した。夏石番矢とエリック・セランドの共訳。 今回の英訳のポイント 1 日本語原句に近いこと。 2 日本語原句の詩趣を踏まえていること。 3 上の句、中の句、下の句の3句節構造に、面白みと緊張感があること。 4 簡潔で詩的な現代英語であること。 以上4点は簡単なようで、案外むずかしいが、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉のベスト50俳句英訳

ある目的のために、芭蕉のベスト俳句50句の英訳を、一日で終える。 芭蕉俳句の英訳は、掃いて捨てるほどある。ネットにも掲載されているが、決定版がない。 私の荒訳を詩的センスの高いネイティブに磨き上げてもらって、決定版が作成できればうれしい。   天の川見えないままで脳内飛行  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラクのクルド俳人

イラク在住のクルド俳句クラブ創立者とメールをやり取りしている。 クルド語→日本語 日本語→クルド語 の翻訳者がいない。 それで、クルド語→英語、フランス語 の翻訳者を探している。 英語で、クルド語の、クルド人のを意味する、 Kurdish(カーディッシュ) と言う単語を初めて聞いたのは、マケド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姜会長「未来より」Tシャツご所望

(株)文学の森会長、姜琪東さんが、夏石番矢グッズの、 「未来より」Tシャツ 5言語版「未来より」俳句Tシャツ完成 http://banyahaiku.at.webry.info/201704/article_43.html ご所望とのこと。品切れをご承知でもう1枚ほしいとのご要望を、社員を通じて伝えてこられた。 た…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「吟遊」第79号のため「牛の頭」28句英訳

「吟遊」第79号のため「牛の頭」28句英訳。E・Sさん磨き上げ依頼。 元の日本語は、下記ブログ記事に。 「牛の頭の黙示」30句 http://banyahaiku.at.webry.info/201707/article_23.html 参照 吟遊俳句ギャラリー79秀句抄 http://banyahaik…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第79号のため俳句和訳

遅れていた「吟遊」第79号(2018年7月、吟遊社)の原稿、 ヤニス・リヴァダス(ギリシャ) カジミーロ・ド・ブリトー(ポルトガル) アミル・オール(イスラエル) の俳句を選んで和訳する。 参照 吟遊 http://ginyu-haiku.com/
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

すさまじい俳句翻訳合戦

日本語のWikipedia編集にたずさわる愚か者は、たかが翻訳とほざいているが、このところ俳句をめぐって、すさまじい翻訳合戦が、私のまわりで起きている。 また、残念ながら、ほとんどの日本人はこの翻訳合戦が理解できないだろう。 翻訳は戦争さまざまな矢印が刺さる ユーラシアをピンポン玉のように行き交う俳句翻訳 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルからの俳句

イスラエルから俳句5句を、ヘブライ語、英語、中国語で受け取る。 和訳を付ける。 「吟遊」第79号(2018年7月20日刊行予定)と『世界俳句2019 第15号』に掲載予定。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吟遊」第78号編集中

「吟遊」第78号(2018年4月20日刊行予定、吟遊社)のため、 インド詩人2人の俳句の選句と和訳 米国詩人の俳句の選句と和訳 を完了。 梅若猶彦氏による夏石番矢句集『砂漠の劇場』評日英版の修正・編集も行なう。 自分の俳句の選句と英訳はこれから。 参照 日英版「チュニジアとモロッコで破壊され再創造さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『繻子の靴』読了

ポール・クローデルの詩劇『繻子の靴』(Le soulier de satin, 1929)の中村真一郎訳(人文書院、1968年)読了。 強い感慨はない。 植民地支配全盛期のスペインが舞台。主人公ドン・ロドリゴは、最後は植民地支配の担い手から離脱しようとして奴隷の身分にまで転落する。 また、名古屋城の天守閣最上階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトリックへ逃げる

書くことを中途半端に終えて、文章の独特のレトリックに走ってごまかしている作者に、60代に入って気付くようになった。 そのレトリックが、作者独自の思想につながるのなら、素晴らしいこと。たいていはそうではない。 翻訳は、作品のポイントを理解していない悪い訳が、予想以上に多い。   滝裏洞窟童謡歌う怪力の美女  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布団の中からの不満――語順が悪い和訳

ブログ記事休止と書きながら、ついつい記事を書いてしまった。スマホ中毒ではないが、私はブログ狂なのだろうか? 睡眠の合間に、あるフランス語の本の和訳を読んでいる。 日本語が頭に残らない。芯のない饒舌が頭を通り過ぎてゆく。ビールスに負けたわが体調のせいかと思っていたところ、そうではないことがわかる。 和訳の語順がおかしい。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2種類の3言語俳句マグカップ

夏石番矢の俳句を3言語で揮毫し、簡単な絵も付いたマグカップを2種類作成した。 3言語は、日本語、英語、アラビア語。 ①3言語「未来より」俳句マグカップ 展開図 実物 ②3言語「智慧桜」俳句マグカップ 展開図 実物 このマグカップ、実際に使うと予想以上に使いやすい。 二…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2018 第14号』多言語版「俳句」入稿!!!

『世界俳句2018 第14号』(七月堂、2018年2月末刊行予定)の多言語版「俳句」入稿完了!!! 48か国35言語165人475句。 国(地域も含む)数は過去最多とタイ。 言語数は過去最多。 21世紀生まれの会員3人(日本とトルコ)。 参照 『世界俳句2018 第14号』多言語版「俳句」編集完了! ht…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢の俳句新グッズ2種類到着!

夏石番矢の俳句の多言語俳句新グッズ2種類到着。 Tシャツ 俳句は下記9言語句集から。 夏石番矢9言語句集『砂漠の劇場』ネット販売開始 http://banyahaiku.at.webry.info/201705/article_29.html 蓋付きタンブラー 3言語未来の滝俳句、蓋つきタンブラー作成 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more