テーマ:漫画

電子書籍版『ちびまる子ちゃんの俳句教室』契約書

電子書籍版『ちびまる子ちゃんの俳句教室』の契約書に捺印して、郵送する。 この本の紙の初版は、2002年3月。今年の夏、紙の方も13刷りが出た。 ひさしぶりで『ちびまる子ちゃんの俳句教室』増刷 13刷り https://banyahaiku.at.webry.info/201904/article_18.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・赤坂の展覧会オープニングへ

2019年9月7日(土)、最後のWHAC10実行委員会を新宿のパイラスクラブで午後5時に終えて、タクシーで鎌倉佐弓とともに、赤坂の彩ギャラリーへ行く。 宮城県なまりのまじめな運転手さんが、この画廊へと導いてくれた。 世界俳句協会会員で、独自性のある俳句を作っている野谷真治さんがオーナーの蒼天社発行のEYEMA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりで『ちびまる子ちゃんの俳句教室』増刷 13刷り

ひさしぶりで『ちびまる子ちゃんの俳句教室』(集英社、初版2002年)が増刷になった。12刷り以来5年ぶりで13刷り。 出版不況のおり、ありがたい。 参照 『ちびまる子ちゃんの俳句教室』12刷り! https://banyahaiku.at.webry.info/201401/article_17.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ちびまる子ちゃんの俳句教室』電子書籍化へ

漫画家さくらももこの訃報が流れた。2018年8月15日、終戦記念日に乳癌で死亡。 この漫画家との共編 『ちびまる子ちゃんの俳句教室』(集英社、初版2002年) https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%AD%90%E3%81%A1%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ちびまる子ちゃんの俳句教室』12刷り!

夏石番矢編・著、満点ゲットシリーズ『ちびまる子ちゃんの俳句教室』(集英社、初版2002年、定価850円)の12刷りが、2014年1月27日に行われるとの知らせが届く。ロングセラーの1冊となった。 参照 『ちびまる子ちゃんの俳句教室』11刷り! http://banyahaiku.at.webry.info/201…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『ちびまる子ちゃんの俳句教室』11刷り!

1月6日(金)、満点ゲットシリーズ『ちびまる子ちゃんの俳句教室』(集英社、初版2002年、定価850円)の11刷りが、2010年2月6日に行われるとの知らせが届く。 大変な年にも、読まれたことは、うれしいが・・・・・・ 日本の子どもたちが置かれた状況は、厳しい。 参照 『ちびまる子ちゃんの俳句教室』10刷り! …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「すきっと」Vol.13到着

天理の清水国治さんより、「すきっと」Vol.13が届く。 「すきっと」Vol.1が、2004年1月創刊だから、早いもので5年以上の歳月を重ねた。 Vol.13では、私が子どものころ、漫画やテレビで親しんだ、やなせたかしさんが、インタビュー「一寸先は光」で登場。わが娘も、幼い一時期アンパンマンをよく見ていた。 商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ちびまる子ちゃんの俳句教室』9刷り発行!

夏石番矢編・著『ちびまる子ちゃんの俳句教室』(集英社、初版2002年3月)が、このほど9刷りを発行することが決定した。9刷りは、2008年10月に10000部印刷。累計58000部発行されることになる。 参照 『ちびまる子ちゃんの俳句教室』8刷り決定! http://banyahaiku.at.webry.info…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

『ちびまる子ちゃんの俳句教室』8刷り決定!

右目の手術前後にたずわった、夏石番矢編・著『ちびまる子ちゃんの俳句教室』(集英社、初版2002年3月)が、このほど8刷りを発行することが決定した。8刷りは、2008年2月。累計48000部印刷されることになる。 サイトやブログでは、消えていった他の俳句本より低い評価が下されているようだが、それは評者たちの目が曇っているだけ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

8月15日とは? 愚劣な現在

8月15日(水)は、渋谷のモンゴル大使館へビサを受け取りに行く予定が、16日に延期になった。家で怠惰に過ごす。水木しげる『総員玉砕せよ!』(角川文庫、1995年)を読み切る。 軍隊ほど人間の集団で醜いものはない、というメッセージが、実際に南太平洋で従軍した水木しげるの漫画から伝わる。そのうえ、水木の漫画のよさは、悲惨で愚劣な戦争を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ベルサイユのばら』とベルサイユ宮殿

この二日間で、池田理代子の『ベルサイユのばら』を、興奮のうちに読了した。日本の「ベルばらブーム」のさいも、オスカルがどういう人物で、どうして女性に人気があるのか、私は理解できなかった野暮天である。 私が遅ればせに読んだのは、集英社文庫の5巻本。 まず、オスカルという架空の男装の麗人を、主人公の一人に据えた作者の工夫に、敬意を表し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more