テーマ:家族

9月12日:祖父とラスコー洞窟

9月12日は、祖父、乾源蔵の命日。昭和42(1967年)、私が小学6年生のとき老衰で、兵庫県相生市で亡くなった。明治20(1887)年4月9日生まれなので、満80歳で他界。 フランスのドルドーニュ県のラスコー洞窟発見は、1940年9月12日。第二次世界大戦まっただなか。18歳から13歳までの青少年4人が発見した。最初に絵を見つけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アネノマスクの姉の手術

ひさしぶりで、赤穂市在住の長姉に電話してみた。昨年、手作りマスクを送ってくれた姉。ここ数か月、コンタクトが途切れていた。 すると、姉は半月板の手術を受けたとのこと。老化とやはりコロナ禍によるダメージが原因だろう。 COVID-19のワクチンは、姉夫婦で2回接種済みとのこと。近隣の90代の接種者が死亡したとも。 昨年にく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが神戸の原点

私の神戸の原点。ものごころつかないときから、わが生地の相生から、国鉄で父に連れてゆかれた三宮駅ガード下のバス停。かつては、ガード直下ではなく、すこし北側にあった。父は三宮駅東南の雲井通生まれ。 六甲道、または阪急六甲行きバスに乗り、篠原二丁目で降りて、篠原北墓地の墓へ参り、都賀川沿いの道を下り、遠縁の乾家を訪れた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売人物データベース変更

読売人物データベースの記載事項に変更を加えた。 娘を、XXX(俳人)として、家族の欄に明記。 その他、この1年の出版や活動を記入。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段の足音

コロナ禍のさなか、運動不足と疲労により、妻が膝を傷めた。 階段の下りがつらいようだ。下りる足音が、たどたどしかった。整形外科に通った結果、かなりスムーズに下りることができ、音もスムーズになった。  雨音になる妻の足音見えない王冠  階段にまばらな雨音古女房 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚記念日のフレンチ夕食

2021年3月31日(水)午後6時から、市内のフレンチレストラン、Vertで結婚記念日の夕食を妻と。 二人で外食はほんとうにひさしぶり。 富士見市はかつて、おいしいレストランが皆無だったが、近年変化。ここの料理も、日本化したフレンチで、なかなかいい。 各プレートも、美しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10速くなる

修理に出した1台のWindows10の動きが、見違えるほど速く、快適になる。 HDDをSSDに交換したため。これが同じ機械かと思うほど、起動からして速く動く。 もう1台はHDDのままで、のろくて、エラーが起きる。 妻のWindows10は、すでにSSD内蔵。   遅いPCと速いPCに使われている 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉からの贈り物

赤穂市在住の長姉から、お盆の供物のおすそ分けが届く。 素麺が、この猛暑で食欲をなくしているときにありがたい。たつの市名産、揖保乃糸はとくに好物。 しかし、小型の「未来の滝」俳句多言語風呂敷が、アネノマスクになって添えられている。 私は、マスクの使いまわしはせず、使い捨てを外出時装着している。   滝をマス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入道雲と娘

7月22日(水)、雨の予報がはずれて晴れ。入道雲がひさしぶりで南空に立つ。 突然、午後玄関チャイムが鳴って、予告なしに娘がT市のマンションからやってくる。コロナ禍のおかげで半年ぶり。 とくに妻と話していた。妻とお金を出し合って買った誕生日プレゼントを持って、夕方の帰宅ラッシュ前に帰る。  入道雲立ち一人娘が帰り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

茨城から新茶

茨城県の姻族にあたる女性から新茶が届く。 現上皇、上皇后ご夫妻も口にされたお茶とか。さっそく賞味する。緑茶は中性脂肪を下げ、健康にもいい。 コロナ禍のもやもやが尾を引いていたときに、ありがたい。   青空と雨に抱かれた新茶がここに 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日のカーネーション

5月11日(月)には、一日遅れで、娘から妻へ母の日の赤いカーネーションが届く。 白くま付きのカーネーションを初めて見た。 新型コロナウイルス蔓延で、娘とも逢っていないが、親知らずを抜いたそうだ。  歯を抜いて母へと届ける赤い花 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉からの手作りマスク

赤穂市に住む長姉から、手作りマスクが、米や豌豆やお菓子とともに届く。 これならば滅菌洗濯して何度でも使える。 そう言えば、姉は相生市の国鉄(当時)駅近くの踏切そばの線路沿いにあった相生ドレスメーカーに未婚時代通っていた。 当分、外出する予定はない。   ふるさとからのマスク私の何を護る 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の他界から10年

2010年4月2日の郷里相生市での父の他界からちょうど10年が経過した。 翌2011年の東日本大震災、福島原発事故、2018年の私の入院と手術、現在の新型コロナウイルス大流行など、この10年間に大変な困難が起きる。平穏無事な時代は、戦後の数十年だけのような気がする。 2012年夏、父の遺骨は、祖父、母、私たち夫婦の死産の子の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年初のお祓い

1月8日(水)恒例の年初のお祓いを、富士市からご来宅の西口昌伸さんに取り仕切っていただいた。 今年は、私と妻、そしてひさしぶりに娘、新婚の娘も。彼女は埼京線が人身事故で不通のため、一駅歩いて駆けつける。 一連のお祓いが完了し、4人で昼食。 外は一時、強い雨。散会のころ止む。 こういうおだやかな一日は、とても貴重。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の自転車との別れの儀式

富士見市内のアパートで数年間の一人暮らしののち、今年の10月からT市のマンションで新婚生活を送っている娘が、自転車をわが家へ持ってきた。 娘が2009年から乗っていたもので、かつてはわが家の庭に置かれていた。市内のアパートに引っ越しても使っていた。娘の不調時代も、使っていた。ときどき、鶴瀬駅前の駐輪場やアパートの前にこの自…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「打撲」と診断

小事故の結果、何がわたしのからだに起きたか、確かめるために、IMS富士見病院の整形外科で診察を受ける。心細いので妻も同伴。 レントゲンも撮影し、「打撲」と診断される。少し食欲が出る。 まだ歩行がつらい。 歩けることが、改めて貴重だと思う。   歩けず食べず考えず夢見ず  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の新婚生活

ブログの更新を休んでしまった。これにはいくつかの理由があるけれど、一人娘が8月はじめに入籍、結婚し、その後、いろいろなことがあって、10月5日(土)に、富士見市内のアパートからT氏のマンションへ引っ越し、新婚生活が始まったことが一番大きな理由。 ほっとして疲れが出た。一人の人間が成長するのは、自分も含めて、大変なことだ。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片付いた部屋

第10回世界俳句協会大会関連の品々が置かれていた、かつての娘の部屋が、きれいに片付く。わが家近くのアパートに住んでいる娘も、新居への引っ越し準備をしている。 さまざまなことが起きた部屋は、いまはとても静か。床の木目も一部分は黒ずんでいた個所を、数年前私が木目らしきものを描いて繕った。   この部屋に嵐は残らず絵の具と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県からの梨

新しい姻族、茨城県のY家から、立派な梨が届く。 どっしりとした安定感がある。味も甘すぎない。   和尚のような梨かつては宙吊りだった  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーラカンスのマスコット

娘夫婦が、沼津へ新婚旅行。 そのおみやげに、シーラカンスのマスコットをもらう。 シーラカンスは、淳心学院高校生時代、「生きている化石」という散文を、国語の教科書で習った記憶がある。1970年代だろうか。 このマスコットは、妻の衣装ケースに飾る。   シーラカンスに無視されている新婚夫婦   驚けばシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つの誕生日プレゼント

妻と娘から誕生日プレゼントをもらう。満64歳になった。 妻からの扇子 娘からのハンカチ ありがたい。いまのところ「乾家」は3人だが、まもなく娘は別姓になる。でも、ペンネームは旧姓のまま。実は、ペンネームで「乾」姓は娘だけ。   絹のハンカチ扇であおげば満月へ  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤いカーネーション

2019年5月12日、娘が帰ってきて、赤いカーネーションを妻へ贈る。この日は、大安で母の日。 私の実母も、義母も、もはや物故者。   カーネーションの赤は自分を信じる色   母なくて雨空さえも母と呼ぶ  夏石番矢  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉羽家乾家初顔合わせ

2019年4月14日(日)、娘の婚約者のお母さんと、私たち夫婦の初顔合わせが、さいたま市の大宮で行われた。 まず大宮駅2階改札口前の彫刻「まめの木」で待ち合わせ。 そして会場、旬菜家 介へ。 2時間ほど昼食をいただきながら、歓談。吉羽家のお母さんは、眞澄さん。夫亡き後、二十数年郵便局長を務め、二児を育てた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の命日を忘れていた

次のことがあった日が、父の命日であったことを忘れていた。 『世界俳句2019 第15号』発送完了!!! https://banyahaiku.at.webry.info/201904/article_4.html 父が亡くなったのは、2010年四月馬鹿の次の日、4月2日、黄砂も来ない桜花うららかな日だった。 父乾萬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の再就職

娘がS市役所を3月31日に退職し、4月5日に再就職の初出勤。都内の出版社C。 無理せず、頑張ってもらいたい。   別の道歩けば桜咲く森へ  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻の飛蚊症

妻の目に飛蚊症が出て、自宅近くの眼科で検診を受けた。 老化、ということで、一安心。 老化は、個人差がありながら、誰にも訪れる。   目玉の中に蚊が飛び法王も飛ぶか  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またいとこと電話

2月末日、またいとこのS・Sさんと電話。大阪は八尾市で一人暮らし。 息子さん夫婦に、男の第一子誕生。 「おうや」君。名字のような名前だが、漢字では「央弥」。言われのありそうな命名。 私たちは、石山本願寺で本願寺を守った雑賀衆乾組の乾与兵衛の子孫。 またいとこのS・Sさん宅に、曽祖父の明治天皇覚書がある。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

娘たちと4人で初カラオケ

1月5日(土)昼食を、富士見市内の和食、ひで蔵で、私たち夫婦、娘、娘の婚約者の4人でいただく。 その後、同じ4人で市内のシダックスで2時間カラオケ。 娘たちの写真はアップできない。 娘は子供のころうたった「カントリーロード」や「となりのトトロ」を20年ぶりぐらいで聞かせてくれた。きれいな高音。 初めて聞く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

娘の自転車

2019年の正月、娘がわが家に寝に帰ってきている。風呂は近くのアパート自室でゆっくり入る。 わが家との往復は、自転車。 自転車は昨秋コンクリートを補修した駐車スペースに置いてある。 この自転車も、わが家、娘のアパート、駅前の駐輪場の3か所でこれまで見てきて、さまざまな思いを抱いてきた。 来年はおそらくわが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の誕生会

2018年8月3日(金)午後5時過ぎから8時まで、娘の誕生会。4人集まる。 娘たちの写真は非公開。 私と妻の写真 誕生祝いの夕食 ケーキ 午後8時前に、雷鳴とにわか雨。その後雨は止む。 ともあれ、ひさしぶりで誕生会ができた。   前進せよと雷鳴は言う誕生会  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more