テーマ:句集

子伯句集『落とし物だらけの人生』カバー最終版

子伯句集『落とし物だらけの人生』(2021年5月末刊行予定、吟遊社)のカバー最終版。 題字:夏石番矢 デザイン:牛田伊吹 発行:吟遊社 発売:Amazon.co.jpなど 束見本ではないけれど、出来上がりを連想させる画像 ほとんどの句集が、自費出版で、しかもおざなりな造本。出版社と称するあやし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』カバー案

子伯句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年5月刊予定、本体価格1800円)のカバー案。 題字:夏石番矢 カバーデザイン:牛田息吹 Amazon.co.jpで販売。 参照 子伯句集『落とし物だらけの人生』初校ゲラ校正 https://banyahaiku.at.webry.info/202102/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特製本『空飛ぶ法王』2種類

2種類の夏石番矢句集『空飛ぶ法王』に、揮毫し簡単な絵を描き、S・Iさんに送った。ある仕事のお礼。 1 Flying Pope: 127 Haiku/空飛ぶ法王 127俳句, Cyberwit.net, India, 2008. 清水国治カバーデザイン。 http://www.cyberwit.net/authors/bany…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』初校ゲラ校正

吟遊同人、子伯さんの句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年4月刊予定)の初校ゲラが、予想より早く出て、校正する。 Wordの原稿を読んだ時より、ずっと重みと内容のある句集。いい句集だと断言できる!!! さて、カバーはどういうものになるか楽しみ。 参照 子伯句集『落とし物だらけの人生』入稿完了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢句集『猟常記』論へのお礼の色紙

「吟遊」第89号(2021年1月20日発行予定、吟遊社)に、吟遊同人の乾佐伎さんが、「『猟常記』を読んで」を書いた。 ひさしぶりの夏石の処女句集論。お礼に彼女が文章で「子どもの第二次反抗期の比喩と捉えたい」と評した一句を書いた俳画を送った。 絵は岩絵の具数種と金箔を使った。 元気な燕を描いたつもりだが、これを「鴉」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子伯句集『落とし物だらけの人生』入稿完了

「吟遊」同人の子伯さんの新句集『落とし物だらけの人生』(吟遊社、2021年5月末刊行予定)の入稿をすませる。 題字を夏石が墨書した。 序文も夏石が書いた。 お俳句ごっごでは決してない。なかなか中身があり、表現にも新しみがある。 刊行は、2021年5月末予定。 Amazon.co.jpで販売。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊俳句賞2020賞状の墨書

英語の吟遊俳句賞2020の賞状を、毛筆で書く。吟遊社の落款作成を依頼したが、今回は間に合わなかった。 吟遊俳句賞2020 https://ginyu-haiku.com/ginyu-haiku-prize-2020/ 吟遊社 https://ginyu-haiku.com/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本間とろ第2句集『ガラス』

加古川市在住の自由律俳人、本間とろさんから第二句集『ガラス』(牧歌舎、2019年6月、本体価格1200円)が、なぜか1年遅れで送付されてきた。1972年生まれ、俳誌「青い地球」同人。第一句集『純真』(2017年)。 カバー 奥付け 第一句集は、まだ書き方が不安定で不十分だったが、この第二句集では作風がぐんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第22回吟遊同人総会と乾佐伎句集『未来一滴』出版祝い

2019年10月20日(日)午後2時から8時まで、新宿・城北パイラスクラブで、 第22回吟遊同人総会と乾佐伎句集『未来一滴』出版祝い を開催。7月28日(日)に予定されていたのを、延期して開く。 同人総会では、「吟遊」第82号と第83号の全同人の俳句を、テンポよく合評。 こののちの懇親会を、第83号からの同人、乾…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

乾佐伎句集『未来一滴』をもらう

著者から直接、乾佐伎第一句集『未来一滴』(コールサック社、2019年8月、本体価格1500円)をもらう。さっそくサイン入り本になる。 乾佐伎 句集 『未来一滴』 ★目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。 http://www.coal-sack.com/app/webroot/book/004…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またいとこの孫への誕生祝い

またいとこS・Sさんの長男の第一子に誕生祝を贈った。 特製マグカップ。 元絵 完成予想図 地の果ての光の網よみどりごよ  番矢 出典 句集『楽浪』(書肆山田、1992) 参照 またいとこと電話 https://banyahaiku.at.webry.info/201903/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏石番矢句集一覧

夏石番矢の日本での句集リスト。一部アンソロジーは省略。転載自由。 高柳重信編『昭和俳句選集』、永田書房、1977、共著 昭和5年から昭和51年までのモダニズム詩である新興俳句の編年体のアンソロジー。 夏石の俳句は、昭和45年、46年、49年、50年、51年に掲載。 『猟常記』、静地社、1983 …
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

寄贈分『鬼の細胞』約70冊にサイン

「吟遊」第81号(2019年1月20日発行予定、吟遊社)に同封する句集『鬼の細胞』およそ70冊にサインした。 海外へは相手のファーストネームを書き、国内へは「謹呈」と書いて、それぞれ「夏石番矢」と署名した。 吟遊同人や少数の友人にはすでに寄贈したが、手術後半年の検査の異状なしで、ようやく発送する気になった。 次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊同人へ句集『鬼の細胞』発送

2018年11月20日(火)午後、日英2言語イラスト入り句集『鬼の細胞』に、筆ぺンで署名して、「吟遊」全同人へ発送する。 家族や数人の友人には、すでに贈呈したが、手術後の経過が良好なので、ようやく発送する気になった。 海外へは、来日されたネパールの詩人に手渡しで、パリの詩人には郵送で、1冊ずつプレゼントした。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「吟遊」第80号発送済み

PC故障のため記事アップが遅れたが、「吟遊」第80号(2018年10月25日、吟遊社)を、すでに10月26日(金)完了していた。 郵便局は、海外発送分を取りに来なくなったので、鎌倉佐弓が郵便局へ持ち込む。郵便局のサービス低下。 内容は、充実している。岩脇リーベル豊美がエッセイと書評、夏石番矢がエッセイ2本寄稿。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後3か月異常なし

10月15日(月)、IMS富士見総合病院で手術後3か月、外科胃腸科外来の検査と診察を受ける。 前日飲んだので中性脂肪が高いほか、異常なし。 手術の執刀医、担当医の坂本信之医師に、 句集『Ogre Cells/鬼の細胞』 Cyberwit.net https://www.cyberwit.net/publicat…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新句集『鬼の細胞』到着!!!

新句集、日英2言語版『鬼の細胞/Ogre Cells』(Cyberwit.net, India, 2018)到着。この夏の闘病句集。 夏石番矢作の日英2言語版俳句44句とイラスト30点収録。 日英2言語版の自序と略歴も。 Cyberwit.net https://www.cyberwit.ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非買品 池袋元力堂への特製マグカップ

重症の筋肉痛をやわらげてくれた、 池袋元力堂 http://ikebukuro1ban.com/ へ贈る特製マグカップ。これは非売品。限定製作。 金と銀の2種類。 原画 金のバージョン 銀のバージョン 俳句は、新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』(Cyberwit.net, I…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

吟遊俳句賞2018 徳弘純全句集『城』

Ginyu Haiku Prize 2018/吟遊俳句賞2018 徳弘 純(日本)/Jun Tokuhiro (Japan) 1943年高知県生まれ。1958年~1962年俳句集団「風」入会。1972年鈴木六林男に師事し、「花曜」入会。1974年第3回花曜賞、1976年第5回花曜賞受賞。2004年鈴木六林男死去、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退院後初外来検査・診察

7月31日(火)のIMS富士見総合病院退院後、同病院で初外来検査・診察を受ける。 糖尿も、消化器の病気も問題なし。胃腸を整える薬も1種類、服用の量を減らすことになった。 栄養士さんから栄養指導。 まずは、順調な回復。 次の外来は、9月10日(月)。 あたりまえのことながら、同じ病院も、入院時と外来で訪れるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』校了!!!

約一か月の入院生活を詠んだ新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』が校了となる!!! 内容 序文 夏石番矢 日本語と英語の2言語  この新句集に44句の俳句と30枚のイラストを集めた。  表紙と本文に使用した奇怪な「鬼の細胞」を描いた1枚のイラスト以外は、すべて2018年6月29日から7月31日までの入院生活中…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

金子兜太最後の句集『日常』評

金子兜太生前最後の句集は、『日常』(2009年、ふらんす堂)。作者の没後、古本で入手し、読んでみて感想を書いておきたい。 総評として、不完全燃焼というより推敲不足の作を集めた句集。1970年代からの長い句作上の停滞がこの句集でも顕著。ひらめきがない。 一句として完成せずに、中途半端に季語が添えられている句が多い。 なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新句集『鬼の細胞』校正中

新句集の日英2言語版『鬼の細胞/Ogre Cells』(Cyberwit.net, India, 2018, USD16.00)の全75ページの初校が出たので、校正する。 細かいところの誤りが結構あるが、全体として私の貴重な闘病生活記録となっている。 あんなに、スケッチに集中できたのは、入院中の手持無沙汰ゆえ。集中し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」10月号に「私の作句信条」

「俳句界」2018年10月号(文學の森)に、350字で「私の作句信条」を寄稿する。 自分の俳句に3つの作り方があることを明確に自覚。 1 記録詠 句集『ハイブリッド天国』など 2 テーマ詠 句集『真空律』『空飛ぶ法王』など 3 単発詠 各句集に散発的に収録 有季定型は必須ではない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゾンで『山頭火俳句集』売上第1位!!!

アマゾン日本、句集部門、 夏石番矢編『山頭火俳句集』(岩波文庫) 第1位!!! つまりベストセラー!!! 句集 の 売れ筋ランキング https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/507432/ref=zg_b_bs_507432_1 現在、一時的品切れ。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

芯のある句集、徳弘純全句集『城』

ほんとうにひさしぶりで、芯のある句集、徳弘純全句集『城』(編集工房ノア、2018年7月、本体価格3500円)に出会う。鈴木六林男(すずき・むりお)門下。 徳弘純さんはもう亡くなったと昨秋、神戸で聞いたのだが、ご健在でなにより。徳弘さんとは、1980年代に鈴木六林男さんとご一緒で、ときどき大阪でお会いした。夜を徹してお酒をつきあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新句集『氷の禁域』俳句の動画集

まだ校正中ながら、日英版の新句集『氷の禁域』(Cyberwit.net, 2018)収録俳句の動画集を作成。すでにアップしたもの、新しく作ったものをまとめた動画リストを、YouTubeに設けてみた。 句集『氷の禁域』からの動画/Video of Haiku from "The Forbidden Zone of Ice" …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more