テーマ:淳心学院

淳心学院同期生が来年TV出演

淳心学院第15回生の同期の安原和幸さん、安原伶香さん親子が、2020年2月11日のTV番組「ガイアの夜明け」に出演予定とのメールが入る。 このブログでも記事に書いた、竜野城下の和菓子の老舗、大三萬年堂の12代目と13代目がこの親子。 同級生の和菓子 https://banyahaiku.at.webry.info/2010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019頑張れ!つよしの会

10月30日(水)の午後6時半から、東京・赤坂のアーク森ビル、ARK HILLS CLUBで開催の、 2019頑張れ!つよしの会 に出席。衆議院議員6期目の山口壯さんは、同じ兵庫県相生市出身、淳心学院中学・高校では、1学年上の第14回生。 会費2万円の会で、「ご招待」だったので、大学の仕事を終えて、地下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青山繁晴ファンの4ツイッター

淳心学院の先輩、自民党所属の参議院議員、青山繁晴ファンによる4つのツイッターが面白い。 青山さんの言動を、ここまでネットで追いかけているとは、驚き。私も巻き込まれてしまった。 1 青山繁晴を優しい保守にする会 https://twitter.com/aoyama_shige 現参議院議員、元独研社長、元共同通信記者、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京淳心会・懇親会 同期生・元校長・国会議員らと懇談

2018年11月30日(金)」午後6時半から、大手町のフラクシア東京ステーションで開かれた東京淳心会・懇親会に出席。 明大和泉キャンパスの授業を少し早めに終えて、かけつけた。地下鉄大手町の地下で、少し迷う。 二百数十人集まる。まずは同期の第15回生の諸氏と懇談。記念撮影。 安達達哉、大西節、岡田兼明、北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストンから帰国の同窓生と会食

2018年5月3日(木、祝)、米国ボストンから帰国中の、淳心学院第15回生同期の辻孝憲君と、六本木の東京ミッドタウンで午後0時から約4時間会食。昨年の5月4日にも同じ和食レストランで会食。 写真を撮るひまもなく、とぎれることなく、種々の話題であっというまに時間が過ぎる。 昨年より、気温が低い。 来年はどうなるだろうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストンからの同窓生との会食

2017年5月4日(木)正午から午後4時まで、米国ボストンから一時帰国中の、淳心学院第15回生同期の、辻孝憲君と、六本木の東京ミッドタウン2Fの六角で昼食、新国立美術館の第91回国展観覧、そして軽食カフェでお茶をともに過ごす。 六角にて 国展入選の辻君の写真 六本木の軽食カフェにて さまざまなことがら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20度以下の気温

9月22日(木)午前6時過ぎ目覚める。 気温が低い。20度以下だろう。掛布団など、暖かめなものに変える。 これでも地球温暖化? 淳心学院中学の「地学」で、高見先生が「間氷期」と教えてくださったことのほうが、ほんとうでは?   燃やした涙がよみがえるのか間氷期  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば電子出版株!

金十証券、次にばんせい証券の口座で保持していた電子出版会社の株をすべて売却し、ばんせい証券の口座も廃止した。 淳心学院同期のY・N君が購入を勧めてくれた3種類の株の最後。2種類の株は利益が出て売却。 電子出版会社の株は、購入後値下がりの一途。私の乏しい資金、十数万円が消えた。   読もうとすれば退きためらい震えるものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淳心学院卒業生から電話による選挙運動

淳心学院卒業生S・A氏が、参議院選挙に自民党の全国比例区候補として立候補している。 高校生時代、学園紛争のリーダーの一人だったが、いまは安倍晋三首相のお友達への変身。 こういう変身は、成長なのだろうか? ご都合主義なのだろうか? 淳心学院卒業生から、S・A氏立候補を知らせる留守電が入っていた。 私はS・A氏の人相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第90回国展

5月8日(日)午後、六本木の新国立美術館で第90回国展を観る。 淳心学院第15回生同期の辻孝憲君が、写真部入選で、無料入場券を送ってもらった。 国展 http://www.kokugakai.com/syasinbu/index.htm 写真部で辻君のモノクロ写真を観る。昨年の第89回入選作「天空」はネットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌雑誌「星座」へエッセイ送稿

短歌雑誌「星座」第78号(尾崎左永子主宰、かまくら春秋社)へ、リレー連載「アッパレ お国ことば」向けのエッセイ「兵庫(二) 姫路のことば」を送る。 写真は、「アッパレ お国ことば」向けのエッセイ「兵庫(一) 父母の最晩年のことば」掲載の「星座」第77号(2016年4月)表紙。 この原稿依頼がなければ、自分のお国ことば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪と『車谷長吉全集』

1月18日(月)夜更かしして布団に入るときはまだ雨。起きると大雪。 朝、通勤途中の駅から、電車が運休していると、娘から妻に電話があったとのこと。 午後、妻が2年前買ったシャベルで雪かき。 雪が解けないうちにまた降ると、雪が固まってしまう。冬のない平和な国で暮らしたいが、テロが世界各地で起きる現代では不可能な夢だろう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

会場下見2回目 

8月17日(月)午後2時から、第8回世界俳句協会大会会場下見2回目。 明石から、淳心学院同期の国際的映像作家コヤマエイジさんも、日帰りで参加。彼の芸術アニメになつかしい象の姿を見た。姫路動物園の象。これは私がこの世で初めて見た象。   象は動画で永遠に踊るという噂  夏石番矢 彼の本業のボヤキも聞く。   目は怒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神父さんたちの墓碑銘

姫路の淳心会の教会墓地にある神父さんたちの墓碑銘。淳心学院同期の第15回生、姫路の名医H・H君から。 天へ召されたのだから、喜ぶべきなのに、感無量…… 墓碑銘に刻まれた「帰国」ならぬ「帰天」という日本語に注目した。 H・H君からのコメント。 (姫路市の)マリア病院の南隣淳心の家の中にあるカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼の俳句 故福本白泡先生へ

2015年4月11日姫路・東京開催の淳心学院第15回生同窓会の余波として、故福本白泡(泰雅)先生への追悼句を書いた色紙を、姫路市の篤子未亡人へお送りした。 下記ブログ記事と『世界俳句2013 第9号』(七月堂、2013年3月)掲載の1句。 故福本泰雅先生宅へ供華と電話 http://banyahaiku.at.w…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

姫路からの写真 淳心学院第15回生同窓会4

4月11日(土)、姫路、東京二会場開催の淳心学院第15回生同窓会。姫路からの写真。 修理完成した姫路城。広島のTV局重役のH・I君送付の写真。 姫路会場の集合写真。H・H君送付。 東京会場では、三島由紀夫が割腹自殺したとき、故M・M先生がこう批評していたのを、H・T君と話題にした。 「三島の文章は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

淳心学院第15回生同窓会3

淳心学院第15回生同窓会2 http://banyahaiku.at.webry.info/201504/article_18.html の続き。 姫路会場で、冒頭に長々とお話くださったのは、数学担当だったA・K先生。桑田圭祐ではない。 私は、体育と数学が苦手だった。しかし、夏休みの数学の補習は受けた。図書室で行わ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

淳心学院第15回生同窓会2

4月11日(土)開催の同窓会の中身。午後5時から8時まで。東京会場は早稲田大学そばのリーガロイヤルホテル東京3階ローズ。 このホテル、建物は立派。アクセス最悪。飾ってある油絵はすべて偽物で、趣味が悪い。 SAPPOROのチリ産赤ワインを、私一人で1本以上は飲んだ。スペイン語で「子犬」を意味する「Perrito」。SAPPOR…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

淳心学院第15回生同窓会1

4月11日(土)午後5時から、淳心学院第15回生同窓会が、姫路と東京で開かれた。 参加者数 姫路会場 約40名 東京会場 9名 幹事役のT・A君の尽力によるIT技術を使い、二会場をつないだ。音声と画像に問題が生じたが、おもしろい同窓会となった。 私が参加した東京会場は、早稲田大学が経営に失敗して、経営主体が代わった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

唯一のわが油絵

屋根裏部屋にあった油絵。保存状態はよくない。 淳心学院中学・高校時代の1968年~1974年のどの年かの秋の「美術」の授業で描かれたもの。たぶん、1970年~72年の秋。 私が描いた唯一の油絵。東北訛りのある奥山武雄教諭の指導のもと、油絵具は、2~3種類だけ使った記憶がある。   椎茸の泡立つ襞の絵屋根裏に  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

淳心学院15回生ひつじ年新年会 

淳心学院15回生 ひつじ年 新年会  日時:平成27年1月23日(金)18:00~ 場所:めん房(いつもの飯田橋の超高級割烹) ※今回は、殆どの人が還暦を迎える年の記念すべき新年会ですから 姫路から、岡田兼明同窓会長をお迎えします。 という会の写真2枚。41年ぶり再会の同期生が二人。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

淳心学院同期生のモノクロ写真

淳心学院第15回生同期で、ボストン在住の辻孝憲君の写真が、写真の世界的に名誉あるサイトに登場した。 ポートフォリオ Takanori Tsuji http://ndmagazine.net/photographer/takanori-tsuji/ 辻君とは、2011年4月に卒業後再会した。 姫路で同窓生と飲む h…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

突発事2つ起きる

8月2日(金)は、小説家故中上健次の誕生日。彼の波乱の人生をなぞるように、予期せぬ出来事2件起きる。 午後の予定を変更。その一つ、神戸から上京の淳心学院第15回生、斎藤尚亮君、 http://www.research.kobe-u.ac.jp/fmed-gcoe/jpn/member/member09.html htt…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

俳句雑誌「歯車」99号

俳句雑誌「歯車」99号(歯車俳句会、東京都文京区、1971年10月31日)に、本名で投句したことがあった。淳心学院高校1年生のとき。この雑誌もボロボロで、いつ消滅するかわからないので、ここに残しておきたい。 「気取ったポーズ」云々の評にいささかカチンときたからだろうか、この雑誌とはこれきりだったが、発行人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淳心学院同期生が社長に

淳心学院第15回生同期で、東京の同窓会の幹事役、北野晶平君が、 ダイダン http://www.daidan.co.jp/ という会社の社長になる。2月22日(金)夕方から、同期生が神楽坂で、祝賀会を開く。 晶平さん、おめでとう!!! 私は、お腹の調子がいまいちなので、欠席。この記事で祝意を表明。 男に下…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マヤコフ・エイジによるアニメーション「ターコイズ・ミルク」

淳心学院第15回生同窓生小山英治君は、眼科医のほかに映像作家の顔を持つ。その名、マヤコフ・エイジ。 この年末年始に、神戸アートビレッジセンターで実験映像のイベント開催。 マヤコフ・エイジ「アニメーションワークス 映像のインスタレーション」 http://zaq.ne.jp/spot/65663/event/249/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠と旧友による映像

4月19日(木)、この日断続的によく眠る。合い間に、明日のM大H学部Iキャンパス2コマの準備。 夕方、メールを開くと、淳心学院時代の同期生E・K君から、画像満載のメール数通。 この種のメールはすでに、4月1日、姫路・書肆風羅堂のイベント以後何度かもらっている。 姫路・書肆風羅堂イベント写真4 http://ba…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路・書肆風羅堂イベント写真4

4月1日(日)、姫路・書肆風羅堂イベント写真4 トークの後の朗読の最後では、『空飛ぶ法王』から、次の俳句などを選んだ。作曲者の6月にリリースされるCDのメイン曲になる、笹久保伸作曲「空飛ぶ法王」CDを流しながら。   空飛ぶ法王同級生はあの雲か  夏石番矢 播磨公さん撮影 会場に駆けつけてくれた姫路の淳心…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

時差ボケと俳句朗読練習

3月22日(木)ブダペストから帰国後、時差ボケがまだ続く。もめごともいくつかあったが解決。 4月1日(日)午後6時からの、姫路・書肆風羅堂でのイベントのため、俳句朗読練習をここ数日行なう。今回の朗読は、次のように。 1 音楽なしで、日英仏3言語。 2 すでに録音された音楽に合わせて、日英2言語。ハンガリー語でもやりたいが今…
トラックバック:7
コメント:1

続きを読むread more

故福本泰雅先生宅へ供華と電話

3月26日(月)、姫路の淳心学院の恩師、故福本泰雅先生宅へ電話。この日の午後、花かごが届くように手配していた。 奥様の篤子様と同日夕方電話で会話。福本先生の御最期につきうかがう。今年1月11日(水)朝、救急車で病院への搬送中、心臓停止。心臓弁膜がつぶれておられたとのこと。その前夜までは、お元気だった。今年の正月明けに、鹿児島へ俳句…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more