テーマ:正月

年賀状2020

2020年鼠年の年賀状。 御多幸を願いたいのですが、日本はさらに貧乏になるでしょう。この1月から所得税が増えます。やれやれ・・・・・・ ささやかな幸福を噛みしめて生きてゆくしかないでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めて外出

昨年12月31日(月)から今年1月3日(木)まで、自宅でよく眠る。1月4日(金)昼ごろ、外出前にソーラーの腕時計が止まっているのに気づき、日光に当てる。 池袋に出て、池袋元力堂で、電気針、灸、電気マッサージなどの施術を受ける。 行きは暖かく、帰りは寒かった。   足は羽根ではない正月の初外出  夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝正月と仕事始め

この正月は、ブログ更新も休み、よく眠る。まだ寝たりない。 1月5日(木)、仕事始めに、M大学H学部の2017年度シラバス編集をウェブ上で行なう。   事始め筆を持たずにキーを打つ  夏石番矢   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のお祓い

年に一度の新年のお祓いを、さる1月14日(木)、富士市在住のM・Nさんに自宅に来てもらって執り行う。 首都圏は、悪念が多い。仕事をする人間には、他の人間たちの悪念が飛んでくる。 お祓いを受けたのち、毎年、猛烈に眠くなる。   黒い首都見えない泥を飛ばし合う  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実際の初夢

1月2日(土)明け方に見た初夢は、「湯の華も咲く猿の山」ではなく、次のようなものだった。 ある飲み屋で、店のママがK・Yという俳人が自分のグループを作りたがっていると言い、私はK・Yファンの若い男にこう述べている。 「K・Yは、フレイザーを盗むにも、表面的」 「俳句の仕上げができず、いつも6割の出来栄えで、もっと磨き上げが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

申年2016年の年賀色紙 ベトナム語版

申年2016年の年賀色紙をベトナム語版で書いてみた。 翻訳 Nguyen Vu Quynh NHU グエン ヴー クイン ニュー 原句 湯の華も咲く猿の山初夢に  番矢 参照 申年2016年の年賀色紙 http://banyahaiku.at.webry.info/201601/article_…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「正月REVOLUTION」校正

「俳句界」2015年1月号掲載の夏石番矢「正月REVOLUTION」10句、校正を済ます。 風邪はよくなってきているが、まだ抜けきらない。 参照 「俳句界」2015年1月号へ「正月REVOLUTION」10句など http://banyahaiku.at.webry.info/201411/article…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「俳句界」2015年1月号へ「正月REVOLUTION」10句など

「俳句界」2015年1月号(文學の森)へ、「正月REVOLUTION」10句など送る。 堀浩哉さんのパフォーマンスに刺激され、また超マンネリの正月俳句をどう活性化するかの実験作10句。 写真も、ジェノバで撮影してもらった面白いものを送る。 参照 「起源―堀浩哉」展 http://banyahaiku.at.we…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

伽耶琴のCDを聴く

2014年の正月は、ネットで注文した伽耶琴のCD2枚を聴く。 古代朝鮮南部の伽耶(加羅)と古代日本は、とりわけ深いつながりがあった。古墳時代の埴輪で琴を弾く男が造型されているが、これは伽耶琴に近い弦楽器を弾いているのだろう。 福島県泉崎村太田川字原山の 原山1号墳から出土した埴輪(5世紀末) 少なから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝正月と歯

正月三が日は、寝正月。起きた椿事は、元日に応急処置の歯の詰め物が取れたこと。夜の歯磨きでデンタルフロスを使っていたとき。 さいわい痛みがないので、6日の予約治療まで、食事中など気を付けながら過ごすつもり。   歯が欠けて寝正月する教授かな  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状2014

年賀状2014。文字印刷は近所の印刷屋さん、カラー印刷は妻。 参照 年賀状の馬の俳句決定 http://banyahaiku.at.webry.info/201312/article_10.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月飾り2014

わが家の2014年正月飾り。一階の和室に。鯛は明石の鯛。   黄金の鯛黄金の酒時間を開く  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年2014

2014年のための年賀色紙   新年の白馬の背中に種一つ  夏石番矢 すべての人にとってよい年でありますように……
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナムから蛇年の年賀状

ベトナムの世界俳句協会会員、レー・ティビンさんから、蛇年の年賀状。ベトナムでは、旧正月(テト)を祝う。今年2013年は、2月10日~12日。ベトナム戦争時代、「テト休戦」というニュースをよく聞いた。 ハノイでは、正月の花は、桃。   桃の花の首都黄金の蛇全身の笑み  夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝も高い放射線量

1月6日(金)、今朝も毎時1マイクロSV以上が頻発する。戸外の方が高い。外出予定を中止。外出時はマスク必要。エアコンもつけない。 6月~7月とも違う、放射線量の出方。福島第一原発で何かが起きていることはたしか。4号機で黒煙が出たとのツイートもある。 福島原発ライブカメラ実況&映像アーカイブ http://atmc.jp/f…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

喪中の正月

2012年1月1日は、異様な静けさと、午後の地震、ときたまやや高い放射線量で始まった。これまでの仕組み、制度が、これから大きく崩れ、次の時代までの混乱が長く続くのだろう。 私は、昨年12月、母を亡くし喪中。 日本は、昨年多くの死者を出した。めでたさよりも、二重の喪中の気分。   二重の喪中の元日をゆすぶる地底  夏石番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCにまる一日触れず

1月2日(日)、まる一日、PCにさわらなかった。寝るか、寝ながら読書か、食事。この間、メールが溜まる。今日3日(月)、フランスからとインドからの二つのメールに返事する。一つは、第二回東京ポエトリー・フェスティバルと第6回世界俳句協会大会2011関係。英文招待状は、これまでに合計10通送付した。 体重も、いささか増える。これは例年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年早々首相が寝言うわ言

麻生太郎がひどい、などとこのブログに書いたことがあった。いまはそういうレベルを超えるひどい事態だ。他のブロッガーなども散々書いているが、菅直人という奴は、ほんとうに自分の立場をわきまえずに発言する、歴代首相最低の奴だ。 下のニュースがほんとうだとしたら、新年早々寝言うわ言を吐いている。 菅首相新年会、議員45人出席 首相「権…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読み初めは新約聖書

今年の新年は、父の喪中。質素に過ごす予定。昨晩から寝床で読んだのは、新約聖書の「ヨハネによる福音書」。人間の根深い愚鈍さを、イエス・キリストが繰り返す嘆きと怒りから再認識する。 2010年は、日本のメディアや検察、そしてその裏の勢力は、選挙による政権交代を無意味なものにしようとした。日本のメディアの愚鈍さは、いささか常軌を逸してい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

焼き鯛とお節到着

12月31日(金)午前、注文していた焼き鯛とお節料理が届く。私は本を読みながら寝てばかりの1日。 焼き鯛は、明石の松庄から、立派な一尾が到着。正月の料理のなかでは、この焼き鯛が一番好きだ。 鯛で思い出すのは、最初は相生市陸天満宮の社務所に住み、のちにわが家の貸し家に住んでいた老巫女の安並(やすなみ)さんから、わが家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インド・テルグ地方の正月

南インドのテルグ地方では、昨日、3月16日が元日だったとのこと。「吟遊」第46号編集のため、テルグ語の詩人とメールのやりとりをして、判明した。 Happy New Year in Telugu! と返事のメールを送った。     熱い正月丸い文字でてのひら飾る  夏石番矢 参照 「吟遊」第46号の俳句翻訳 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more