テーマ:健康

「吟遊」第92号校正中

9月27日(月)午後3時過ぎ、私の留守中に「吟遊」第92号(2021年10月25日刊行予定、吟遊社)の初校が届き、校正始まる。 担当者のI・Uさんが、ストレスでヘルペスが出たとのこと。コロナ禍が続くと、いろいろな余波が出る。 参照 イベルメクチン2度目服用と「吟遊」第92号編集大詰め https://bany…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルスオキシメータ

COVID-19対策として、パルスオキシメータを買った。 測ってみると…… 正常値だった。90を切ると危ないそうだ。 血中の酸素がどうして、皮膚に穴をあけなくても計測できるのか不思議。  酸素とも君とも別れて闇をペイント 夏石番矢 この句は、死後の世界を想像してできた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベルメクチンを服用

COVID-19対策として、インドから個人輸入のジェネリック薬品、イベルメクチンを服用する。 妻が3週間前に、ネットで注文したのが自宅に届く。 体重に応じて服用。私の体重では、1.25錠。妻は1錠。 胃に油がない空腹時服用とのことで、昼食と夕食の間に飲んだ。夕食は少し遅めにした。 2日後に、もう一度同じよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座・藍画廊の康世「カプセル お話ししましょう」

東京・銀座1丁目の西勢ビル2Fの東京・銀座鍼灸院に通い始めて約6か月、大阪・大東市の本院での5泊6日の集中治療も加えて、右足の歩行がかなり楽になった。 3年前の入院1か月で痛め、自宅外壁ペイント中に梯子から落ちたり、コロナ禍の運動不足で右足の筋肉を弱らせてしまった。しかし、歩行の楽しさが戻ってきた。薄暗い世の中で、ようやく明るい要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防薬と治療薬 COVID-19

いわゆる新型コロナウイルス感染に対する予防薬イベルメクチンは数千円で入手でき、治療薬は数万円で日本で病床で点滴できる。 妻がインド製のイベルメクチンを ネットで注文した。経口薬。 ファイザーなどのワクチンは、無意味どころか、有害。2回接種にとどまらず、3回接種、4回接種が必要なのはどういうことか考えればわかる。 接種後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は世界第5位 日ごとのCOVID-19新規感染者数

日本は世界第5位。オリンピックの金メダル数ではなく、GDPでもなく、日ごとのCOVID-19新規感染者数。 昨日か、一昨日あたりから、日本は第5位に浮上。相変わらず第1位は米国。 第1位から第5位までは、下記の国々。 米国 英国 インド ブラジル 日本 この情報の出典。 COVID-19 DAT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲はこんなに美しいのに

8月19日(木)、手術後3年を経過。一橋病院で血液検査と診察。 先週大阪で、少し「食いだおれ」の結果、体重が増えたにもかかわらず、検査結果はとても良好。 内視鏡検査は先延ばし。 しかし、主治医の坂本信之医師から、コロナ禍の収束は年単位と教えられ、私個人を超えた、現在の感染状況にショックを受ける。 病院への往復中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪で飾られた「未来より」俳画色紙

大阪府大東市の前田針灸治療院に飾られた、わが「未来より」俳画色紙。 この色紙は、7月末に作成した際、ラピスラズリの青がはからずも飛沫になって飛び散った。ウイルスではなく、よい飛沫。 それが元気な印象を与えたので、治療院に合っていると思い、おみやげがわりに差しあげた。 苦しみや痛みをかかえる方たちに、元気を少しで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5泊の治療 大阪より帰宅

5泊の日程で、大阪府大東市の前田針灸接骨院の施術を受けた。とくにオンライン授業で痛めた右手首、右腕、右肩に、さまざまな方法による治療の効果があった。 PCに触れるのも、ひさしぶり。 9月からまたオンライン授業となるだろう。  水鳥の復活儀礼を右手のために  生駒山麓電気で壊す筋肉の岩 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンは効かない

現在使用されているCOVID-19のワクチンは、どうやら変異種に効かないらしい。 変異種は1000種類以上あるようだが、なぜかインド株、デルタ株だけが、報道されている。 ワクチンよりも、治療薬が待たれるが、これも古いタイプのウイルスにしか有効でないのなら、このパンデミック対策は、やはり手遅れ。 しかし、ワクチンも、治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンが効く確率

COVID-19に対するワクチンに限らず、有効性の確率とは何だろう。 99%有効だとしても、自分がその99%に入るとは限らない。 平均的な個人には、ワクチンは有効だろう。特殊な個人には無効だろう。 ウイルスに対して、本当に対抗できるのは、個人の免疫力か、治療薬。 それにしても、PH社のやり方は、えげつない。そのえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりで寝汗

6月9日(水)、朝目覚めると寝汗をかいていた。これはいつ以来のことだろう。 寝汗をかけないほど、気温が低かった。 寝汗をかけないほど、コロナ禍で緊張していた。 からだの不調を訴える友人が多い。それは、気候変動化、コロナ禍の二重の要因によるもの。各自で耐えてゆくしかない。 気温が低いので、貼るカイロや暖房が6月になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種した人々

5月27日(木)午前、日本国内でCOVID-19のワクチン接種した人々に初めて出会う。 狭山市在住のタクシー運転手。私が通っている一橋病院の看護師や医師。前者は1回、後者は2回。 一橋病院玄関 私の手術後2年10か月の血液検査は、飲酒による肝機能の数値にやや問題がある以外は、異常なし。 帰り路、寒い降雨のさな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナの治療薬

ボストン在住の、元医学研究者T・T君から、次のメールが数日前入った。 ファイザーがワクチンの次のプロジェクトとしてコロナウイルスの治療薬(protease inhibitor)を3月から治験を始めて年内には供給できる予定と  報告していました。 元々はHIVやC型肝炎の治療にも使われていたprotease inhibitorの応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右腕戦争

右腕がまた痛み出した。昨年からのオンライン授業、メールのやりとりなど。 また、長い春休みに、何枚も俳画などの絵を描き、家の内外にペンキを塗ったのも原因だろう。 一例:入居後33年初めて、書斎の出窓の横板を塗り直す。  大著の横の象牙の色を更新す  羽蟻のうしろの三日月狙う右腕戦争 夏石番矢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋元力堂に2枚目の俳画「未来より」

池袋元力堂に、2021年年賀色紙に加えて、「未来より」俳画が額に入れられて飾られている。 「未来より」俳画 「牛の背」俳画 参照 池袋元力堂に牛の背年賀俳画 https://banyahaiku.at.webry.info/202101/article_14.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策3点セット

敵地で使うコロナ対策3点セット。一年で一番いやな仕事を遂行するのは、もはや敵地。 あの戦場には、いつも鼻をかんでいる若者がいる。 弾に当たっても、結果は10日後の発熱が兆候。診療拒否も起きているので、まずは防備。   空気・布・肉の膜あり確率の戦場 夏石番矢 というのは、事前予想。このマスクは、鼻が痛くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりそうで終わらないオンライン授業

オンライン授業が終わりそうで、終わらない。レポート締め切りを守れない受講生が、1つの授業にほとんど毎回1人はいる。 「締め切り厳守」とホームページに明記していても、締め切りを守れない。その時点で「不可」にすると、言い訳をしてくる。 締め切り後が、いつも不愉快で徒労感に襲われたが、もう少し。  終わりのない終わりにコロナ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またヘルペス

コロナではなく、ヘルペスに負ける。やはり、ストレスが原因。先週末が大変だった。   私の中のウイルスの中のウイルス   ウイルスに負け時間に負けてひきこもり 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ第三波収束は?

コロナ第三波は、日本では収束へ向かうだろう。終息はいつかは予測できないが、少なくとも第三波の鼠算的増大は起きない。  ウイルス三つ目の波は大きくて小さい 夏石番矢 「医療崩壊」と呼ばれているものは、行革路線の結果。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天承」というつぼ

池袋元力堂での施術のさいのクライマックスは、足の親指の先のお灸。 唸り声を上げて耐えるしかない。何というつぼかを尋ねると、次の二次漢字。 天承(てんしょう) 日本では、元号。平安後期、崇徳天皇の時の年号。1131年1月29日~1132年8月11日。あまりいい時代ではない。 ネットで検索しても出てこないつぼ。池袋元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみがえり

『古事記』の「黄泉」から帰ってきたせいか、時間感覚が狂う。   目覚めれば石の上の堕天使 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えごま油の効果

えごま油を毎食のサラダに少量かけてみて、体重が増えない効果が明確にあるとわかる。 しかし代謝がよくなるせいか、体重が減って、3食以外に栄養補給が必要になる。   体内で燃える油は夢の元 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪が抜ける

先週は、発熱がなく、朝起きぬけに色のついた痰が出て、ひたすら眠い日々をしのいだ。 どうやら風邪だったらしい。新型コロナウイルス感染かどうかは不明。 今週、これらの症状は治まった。 ウイルスに囲まれ不安に囲まれ息をしている 夏石番矢
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍第三波への憂慮

いよいよ日本では、新型コロナウイルス感染拡大の第三波が始まった。11月に入って人出も多くなり、大丈夫なのかとの危惧を覚えたが、やはりこうなった。 今回は、歓楽街などの感染経路が特定されず、家庭や職場にまで拡散した感染膨張なので、この第三波がどこまで大きくなり、どれだけの被害や悪影響をもたらすのか予測できない。対策も立てにくい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右肩右手の痛み

もう5か月以上オンライン授業を続けているが、そのせいか、右手右肩に筋肉痛と神経痛が出るようになった。 寝読もよくないのだろう。最初のうちは寝読を楽しんでいたが…… 昨年秋、2度梯子から落ちて筋肉を傷め、さらにコロナ禍の緊急事態宣言中になまらせ、そして歩き過ぎでまた傷めた右足は、電気針と灸の療法で少しづつ回復しているが、また不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院で3時間

手術後2年3か月の血液検査を受けに、小平市の一橋病院へ。偶数月の15日は年金が給付される日だったためか、混んでいた。 結局、会計をすませるまで3時間かかる。帰宅後、腰痛が出る。 検査結果は、エゴマ油の毎日の摂取が効いたのか、中性脂肪の数値が下がる。他は大きな問題なし。 次回は、1か月後ではなく、2か月後に。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯と歯茎の検査

9月18日(金)正午から、大月デンタルケアで歯の定期健診を受ける。異常なし。歯垢もほとんど残っていない。 歯磨きは、歯ブラシ、プラウト、歯間ブラシ、フロス、スパーフロスを使って、寝る前に。 とくに歯ブラシとプラウトは、力を入れず、磨く回数を増やす。歯への角度を変える。犬歯と臼歯にはとくに念入りに。これがポイント。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後2年2か月後の検査と診察

9月17日(木)午前、大腸手術2年2か月後の血液検査と診察を受けに、小平市の一橋病院へ行く。前回の8月に初めて試みたルートで。 さすがに前回と違って、暑さはおさまり、私の足取りも軽やかになる。 しかし、問題は起こる。 来週が連休なので、病院は混んでいた。これでこの病院は4回目だが、会計完了まで一番時間がかかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一橋病院へ はじめてとひさしぶり

手術後2年1か月後の検査と診断を受けに、小平市の一橋病院へ行く。猛暑の日の朝。 主治医の坂本信之先生がこの病院勤務となって3回目の通院。今回は、交通手段を変更してみた。まず、自宅を出発し、東武東上線鶴瀬駅から上り電車に乗り、武蔵野線へと乗り換え、このJR線の新小平駅ではじめて下車した。 駅前にタクシーが数台停車してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more